【Hilcrhyme】『Hilcrhyme10周年記念
特別公演「朱ノ鷺二〇一七」』2017年
3月25日 at 朱鷺メッセ 新潟コンベン
ションセンター

取材:帆苅智之

 THE MODSがかつての主催レーベル“SCARFACE”の名前を掲げ、同レーベルに在籍していたTHE COLTSとのカップリングツアーを敢行! “こういうロックがいろんな連中の耳に届くことを願って、もうひと企みしたいと思ってます”とライヴ中に森山達也(Vo&Gu/THE MODS)も語っていたが、これが同窓会的なお祭りではないことは、そのアクトに滲み出ていた。まずはオープニングアクトとして、森山達也プロデュースのLUV-ENDERSが登場。紅一点・AKIRA(Vo&Gu)の真っ直ぐな歌声を軽快R&Rに乗せ、会場を温める。続いて、THE COLTSが痛快なスカビートで瞬く間にピースフルでハッピーな空間を作り上げると、もはや彼らの独壇場。お馴染みのナンバーはもちろん、11年振りのニューアルバム『BASTARD!』の楽曲も投下し、観客を踊らせ、フロアーの床をしならせた。そして、THE MODSのステージはそのタイトルも意味深な「ONE MORE TRY」で幕を開ける。この日が61歳の誕生日の森山に客席からバースデイソングが贈られる場面もあり、加速度的に高まっていく会場の一体感と熱気。さらに、《次なる夢を目指し》と歌う「YOUNG GUNS」で焚き付け、終盤は「GANG ROCKER」をはじめキラーチューンがオイコール&大合唱を誘う。アンコールはTHE COLTSのメンバーも加わって会場&通販限定のスプリットCD「SCARFACE A GO GO」からのナンバーを披露し、最終公演のスペシャルということで北里晃一(Ba&Vo)がピアノを担当した「BLACK DICE」で大団円。ある意味でパーティー感も強いライヴだったが、そこには両バンドの現在であり、次へと向かう意志がうかがえた。

セットリスト

  1. 朱ノ鷺
  2. もうバイバイ
  3. 純也と真菜実
  4. リサイタル~ヒルクライム交響楽団 作品第1番変ヒ短調~
  5. RIDERS HIGH
  6. ルーズリーフ
  7. トラヴェルマシン
  8. MESSAGE BOX
  9. 大丈夫
  10. no one
  11. Extraction -10th Anniversary Mashup
  12. 臆病な狼
  13. パーソナルCOLOR
  14. Changes
  15. ジグソーパズル
  16. ~Kaleidoscope
  17. ~蛍
  18. STAY ALIVE
  19. NEW DAY, NEW WORLD
  20. エール
  21. Lost love song
  22. ~想送歌
  23. YUKIDOKE
  24. ~FLOWER BLOOM
  25. Summer Up
  26. New Era
  27. パラレル・ワールド
  28. 言えない 言えない
  29. WARAE~In The Mood~
  30. Side By Side
  31. <ENCORE>
  32. My Place
  33. Moon Rise
  34. Little Samba ~情熱のRemix~
  35. 春夏秋冬
  36. アフターストーリー
Hilcrhyme プロフィール

ヒルクライム:MCのTOCとDJ KATSUによるラップ・ユニット。2006年始動。09年7月15日にシングル「純也と真菜実」でメジャーデビュー。2ndシングル「春夏秋冬」が大ヒット、人気を不動のものとし、その年の各新人賞を総ナメ。そして、デビュー5周年となる14年には9月に初の日本武道館公演を大成功させた。ブレることなく、地元新潟に在住しながら音楽活動を続け、16年6月9日に結成10周年を迎え、17年3月には10周年記念特別公演『朱ノ鷺二〇一七』を成功させた。Hilcrhyme オフィシャルHP
Hilcrhyme オフィシャルTwitter
UNIVERSAL J
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント