【『No Big Deal Night 5th Anniver
sary Party』】出演:ALL OFF / Goo
dbye holiday / 04 Limited Sazabys
/ THE PINBALLS / ミソッカス VICK
EBLANKA / ねこね、こねこね。/ Wie
nners / だいじろー(from JYOCHO)
/ INNOCENT in FORMAL(OPENING AC
T)2017年2月25日 at 新宿LOFT

撮影:Viola Kam(V'z Twinkle)

INNOCENT in FORMAL
 2012年2月29日の立ち上げから5周年を迎えるNo Big Deal Records所属のアーティスト全9組が揃いぶみのライヴを新宿LOFTにて開催。バーフロアーとメインフロアーに分けて交互に行なわれたイベントのオープニングアクトは、No Big Deal Records初のオーディション審査を経て選出されたINNOCENT in FORMAL。“Big Deal(一大事)でいきましょう!”(ぽおるすみす/Vo&Gu)。バーフロアのため照明による演出などは少ないが、真っ向から勝負を挑んでいる模様をひと際感じさせる。ガレージロックとヒップホップを匂わせる、全身で陶然と酔いしれるような楽曲を披露しつつ、3曲目の新曲では手をあげるようにフロアーを煽ったりなど、緊張よりも楽しませてやろうという前向きな気持ちが伝わってきて頼もしかった。

ビッケブランカ
 メインフロアーの1組目は“恋の奴隷”と自ら茶目っ気たっぷりに気取るロマンチストのピアノマン、ビッケブランカ。オープニングの「ココラムウ」から、あえてバラードを交えずにアガること必至のキラーチューンを立て続けに披露して、メインステージのトップバッターに相応しいスタートダッシュをキメた。ピアノを離れ、マイク片手に歌ったミュージカル調の「Slave of Love」では《No! No! No! 》というリフレインを観客に歌わせた上で、“そんなんじゃ終われない!”と、さらに大きな声で歌うことをリクエスト。そんなふうに観客を巻き込みながら盛り上げるパフォーマンスが増えたのは、大成功を収めた1月のツアーの成果ではないだろうか。ツアーで得たものをギュッと30分のステージに凝縮したとも言えるこの日のパフォーマンスからは大きな自信が感じられた。そして、ラストの「ファビュラス」では、“覚えた?”と客席に声をかけながらサビを何度も歌って、一際大きなシンガロングの声を響かせた。

ねこね、こねこね。
 1曲目の「ねこは何でも知っている」で早速、“にゃにゃにゃにゃにゃ”と観客が歌ったと思ったら、2曲目の「かいじゅうたちのいるところ」では、怪獣みたいに両手を挙げる振り付きで“ガーオガーオ”と観客も声を上げた。声を張るわけではないのに不思議と通るむらまつえりか(Vo&Gu)の歌も含め、そんなふわふわとしたところが、ねこね、こねこね。の魅力なのだとは思うが、惹かれたのは意外にエモい演奏とユニゾンでは飽き足らないアンサブルの妙。そこに“猫ポップバンド”を名乗る4人が隠し持っている牙と爪を聴き取り、胸が躍った。サビをシンガロングした「けっこう毛だらけ猫灰だらけ」も楽しかったが、ギター2本でコードを掻き鳴らしながらフレーズを奏でるベースが演奏をリードする「ことばの海」、突き進むリズムの上でギター2本が絶妙に絡むラストの「四半世紀カルテット」に気持ちがアガった。これからの彼らをもっと見てみたいと思った。

Goodbye holiday
 児玉一真(Vo&Gu)が激しくギターを掻き鳴らした1曲目の「十ヶ条」にいきなりガツンとやられた。そこにつなげた「溢れるもの」もダンサブルな4つ打ちのキックが観客の手拍子を誘うさわやかな曲調にもかかわらず、ギターを轟音で鳴らす。以前のGoodbye holidayはもっとポップなサウンドを求めていたように感じていたせいか、久し振りに見た彼らは思いの外たくましくなっていてちょっとびっくり。空回りする福山 匠(Ba)のMCも、児玉のツッコミを跳ね返す暴走が加わってさらにパワーアップ!?  “このラブソングがあなたに届くまで”と披露した新曲「サイエンスティック・ラブ」は、ハードなギターリフと妖しい曲調が新たな挑戦を印象付けた。ラストは“No Big Deal Recordsと自分達の始まりになった”(児玉)という「等価な世界」を感動的にきめるつもりが、ちょっとしたハプニングによって和んだ空気になってしまったところがなんともグッホリらしかった。

■だいじろー(from JYOCHO
 本日の出演者の中で唯一、アコースティックギター1本のインストゥルメンタルで挑んだだいじろー。すっと耳馴染みのよいクリーントーンで、緻密に音を入り組ませていくようなテクニカルな技はまさにだいじろー節。圧倒されるのも束の間、“自分のかかとに全力でかかと落としする曲でした”と楽曲を紹介する彼の独特なキャラや感性もさらなる興味を惹く。話をしながら1曲ずつゆるく進行していくのだが、その中でタッピングを多用して軽やかな音を弾ませたかと思えば掻き鳴らしたり、無邪気にアコギを弾いている姿はまるで少年のよう。エキセントリックさがありつつも、温かみのあるアコギの音も心地良かった。早弾きを見せ付けた「千年間ケツバット」など、最初から最後まで目が離せない展開だった。

ALL OFF
 「One More Chance!!」「Never Gave Up」というライヴアンセムをいきなり連打したもんだから、フロアーは早速モッシュ状態に! そこからMCを飛ばして、次の曲になだれ込もうとしたOtsuki (Dr)を慌ててso-hey(Vo)が止めるという想定外の展開にメンバー全員が破顔一笑。それがきっかけになったのか、同じ釜の飯を食ってきた仲間たちに囲まれていたからなのか、常にストイックなALL OFFがこの日はいつもよりリラックスしているように観えた。“一緒に歌ってくれ!”“暴れちゃって!”と煽りながら、バンドが繰り出すラウドとダンスの要素が絶妙に入り混じる曲の数々に観客も手拍子、ツーステップ、ヘッドバンギングで応える。ライヴの定番と言える「Just Tonight」では観客全員を一度しゃがませてからジャンプ! ラストはかつてのレーベルメイトeba(エバタヒロカズ/ex.UNIQUE STAR)と作った「リフレインボーイ」を、No Big Deal Recordsに対する感謝の気持ちを込め熱演したのだった。

THE PINBALLS
 ソニックスの「Have Love, Will Travel」が流れる中、演奏は「劇場支配人のテーマ」でスタート。“飛ばしていくぞ!”という森下拓貴(Ba)の絶叫どおり、4人は MCも入れずに黙々と力いっぱいにロックンロールを演奏し続ける。その姿は“俺たちの音が聴こえるか!? 俺たちの姿が見えるか!?”という森下の絶叫も含め、ストイックとも刹那的とも言えるが、そこに哀愁(「十匹の熊」)やポップ・フィーリング(真夏のシューメイカー)が感じられるところがTHE PINBALLSの真骨頂。“新しいアルバム(『PLANET GO ROUND』)から聴いてくれ!”と古川貴之(Vo&Gu)が叫んでから演奏した「毒蛇のロックンロール」ではシャッフルの跳ねるリズムに合わせ、観客が頭上に掲げた手を振った。新たなライヴアンセムの誕生。その光景を見た古川が不敵な笑みを浮かべた。投げ付けるだけではなく、ライヴで観客とひとつになれる曲も増えてきたと感じられる熱演だった。

ミソッカス
 “やれんのかー!”(デストロイはるきち/Vo&Gu)と「パパパ」で勢い良く始まりを告げると、“パパパパ パパパパ”の大合唱で自分たちのペースに巻き込んだミソッカス。「i wanna be a ハンサム」では手拍子を煽り、「ダンシングモンスター」ではマイケルTHEドリーム(Key)の手の振りに合わせてフロアーも大盛り上がり! そしてイントロで一気に沸き上がった「マッドシュリンプス」など、メロディアスでダンサブル、そして時にはメタルといった多彩な表情を持ちながら前のめりなパフォーマンスでぐいぐいと引っ張っていくのが彼らの持ち味だと改めて感じた。“日本武道館アーティストをたくさん輩出して、レーベル名からNoをとろう!”(No Big Deal /大したことない→Big Deal/一大事)と言う彼らのさらなる夢に今後も期待が高まる。

Wienners
 バーステージのトリを務めたWiennersは、圧倒的なパフォーマンス力で一気にフロアーを熱狂の渦に。ライヴハウスのステージとフロアーよりも近い距離、そしてほぼ同じ目線で繰り広げられるライヴは、フロアーで入り乱れるオーディエンスもさらなる新境地を目指すようにいつも以上の熱気であふれ返る。“No Big Dealに捧げます”と言ったNo Big Deal Records移籍後初めてリリースしたシングル「みずいろときいろ」はストレートなパンクチューン。すでにモッシュの嵐と化しているフロアーの昂揚感を玉屋2060%(Vo&Gu)、アサミサエ(Vo&Key&Sampler)のツインヴォーカルがさらに高める。最初から最後までずっとクライマックスだと言わんばかりに全力で駆け抜けるようにつながれたキラーチューン全9曲。全てを終えた後、余韻以上に清々しさを感じた。

04 Limited Sazabys
 それぞれにユニークな10組のアクトが顔を揃えたイベントの大トリは04 Limited Sazabys。2週間前に日本武道館をいっぱいにした彼らのライヴをこのサイズのライヴハウスで観られることにまず感謝。“新宿やれんのか!”というRYU-TA(Gu&Vo)の雄叫びから「Terminal」「fiction」と畳み掛けると、フロアーの前半分ではモッシュだけでは満足できないファンがモッシュする観客の頭の上を泳ぎ始めた。“酒を飲みながら他のバンドのライヴを楽しみたいからトリはイヤだって言ったのに、これだ(笑)”とグチをこぼすGEN(Vo&Ba)のヴォーカルは、この日ちょっとメロウに聴こえたけど、それはさておき、鳴かず飛ばずだった自分たちを拾ってくれたNo Big Deal Recordsに感謝を述べながら、アンコールの「swim」まで一気に駆け抜けた。日本武道館に辿り着いたバンドの出自がパンクとライヴハウスにあることを改めてアピールするものだったと思う。

セットリスト

  1. 【INNOSENT in FORMAL】
  2. 1.One for you
  3. 2.Foot Loose
  4. 3.新曲
  5. 4.SEX,DRUG&ROCK'n'ROLL
  6. 5.怪獣のダンスフロア
  7. 【ビッケブランカ】
  8. 1.ココラムウ
  9. 2.Take me Take out
  10. 3.アシカダンス
  11. 4.Slave of Love
  12. 5.ファビュラス
  13. 【ねこね、こねこね。】
  14. 1.ねこは何でも知っている
  15. 2.かいじゅうたちのいるところ
  16. 3.けっこう毛だらけ猫灰だらけ
  17. 4.ことばの海
  18. 5.四半世紀カルテット
  19. 【Goodbye holiday】
  20. 1.十ヶ条
  21. 2.溢れるもの
  22. 3.deco
  23. 4.パラダイムシフター
  24. 5.サイエンスティック・ラブ
  25. 6.等価な世界
  26. 【だいじろー(from JYOCHO)】
  27. 1.自分のかかとにかかと落としする人の生き様
  28. 2.おれはハンバーグより強くならなければならない
  29. 3.HARVEST
  30. 4.千年間ケツバット
  31. 【ALL OFF】
  32. 1.One More Chance!!
  33. 2.Never Gave Up
  34. 3.Sweet Sweet Crazy
  35. 4.Just Tonight
  36. 5.My Life
  37. 6.リフレインボーイ
  38. 【THE PINBALLS】
  39. 1.劇場支配人のテーマ
  40. 2.ヤードセールの元老
  41. 3.イーブルスター
  42. 4.十匹の熊
  43. 5.真夏のシューメイカー
  44. 6.ニューイングランドの王たち
  45. 7.毒蛇のロックンロール
  46. 8.アンテナ
  47. 9.片目のウィリー
  48. 【ミソッカス】
  49. 1.パパパ
  50. 2.B-B-B-Bourbon
  51. 3.i wanna be a ハンサム
  52. 4.ダンシングモンスター
  53. 5.マッドシュリンプス
  54. 6.HITSUJI SAVE ME
  55. 7.ホリデイ
  56. 【Wienners】
  57. 1.Cult pop suicide
  58. 2.ジュリアナディスコゾンビーズ
  59. 3.VIDEO GIRL
  60. 4.Go Anti Go
  61. 5.TRY MY LUCK
  62. 6.みずいろときいろ
  63. 7.LOVE ME TENDER
  64. 8.蒼天ディライト
  65. 9.レスキューレンジャー
  66. 【04 Limited Sazabys】
  67. 1.Terminal
  68. 2.fiction
  69. 3.Warp
  70. 4.Night on
  71. 5.medley
  72. 6.me?
  73. 7.hello
  74. 8.monolith
  75. <ENCORE>
  76. swim
Goodbye holiday プロフィール

グッバイ・ホリデー:2008年に広島で結成されたポップでロックな4人組バンド。11年より東京に拠点を移し、新たに活動をスタート。児玉の持つ独特の視点で描かれた心揺さぶる歌詞と切なく艶やかな歌声、そしてキャッチーなメロディーが彼らの魅力だ。 Goodbye holiday オフィシャルHP
Goodbye holiday オフィシャルブログ
Goodbye holiday オフィシャルFacebook
Goodbye holiday オフィシャルTwitter

04 Limited Sazabys プロフィール

フォーリミテッドサザビーズ:2008年に名古屋にて結成。15年4月に1stフルアルバム『CAVU』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。17年2月11日には初の日本武道館ワンマンライヴを即日完売と大成功を収めた。バンド結成10周年を迎える18年、4月7日&8日には地元・名古屋にて3回目となる自身主催の野外イベント『YON FES 2018』、4月から5月にかけてはバンド初の東名阪アリーナツアーを開催した。04 Limited Sazabys オフィシャルHP

THE PINBALLS プロフィール

ザ・ピンボールズ:2006年に埼玉で結成された4人組ロックバンド。『TREASURE05X』『SUMMER SONIC』など数々のフェスやイベントに出演し、知名度を高めていく。また、ニコニコ動画などで配信されてたアニメ『ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン』第3話のエンディングテーマに新曲を提供し、話題となる。17年12月、ミニアルバム『NUMBER SEVEN』でメジャーデビューを果たす。THE PINBALLS オフィシャルHP

ミソッカス プロフィール

ミソッカス:2008年7月より名古屋市内のライヴハウスにて活動を開始。邦洋新旧の音楽ジャンルを横断した多彩な楽曲展開を持ち味とするロックバンド。14年、今までのトレードマークであった和装を脱ぎ捨て、バンド表記をカタカナの“ミソッカス”に改名。ミソッカス オフィシャルHP

ビッケブランカ プロフィール

ビッケブランカ:1987年11月30日愛知県生まれ。美麗なファルセットヴォイスと緻密なコーラスワークを独創性に富んだ楽曲に昇華させ、ポップとロックの間を自在に行き来する、新しいタイプのシンガーソングライター。人懐っこいキャラクターと爆発的な瞬発力でドラマチックに展開されるライヴも高く評価され、メジャーデビュー後の全国ツアーは全カ所ソールドアウトするなど、注目度が高まっている。“ビッケブランカ”とは“純真無垢な下っ端の海賊”という意味を持つ。ビッケブランカ オフィシャルHP

ねこね、こねこね。 プロフィール

ネコネ、コネコネ。:2010年に学祭のためにコピーバンドとして結成し、年に一度ほどのペースで活動。13年、オリジナルバンドとして活動を始める。14年に大学の卒業記念として制作した初期作品をリマスタリングした『たのしい、わくわく、する音楽。』で15年6月17日に全国デビュー。ねこね、こねこね。 オフィシャルHP

Wienners プロフィール

ウィーナーズ:2009年初頭、玉屋2060%を中心に吉祥寺弁天通りにて結成。パンク畑出身の瞬発力と鋭さを持ちつつも、どこかやさしくて懐かしい香りを放つ男女ツインヴォーカルの4人組ロックバンド。予測不可能だけど体が反応してしまう展開、奇想天外かつキャッチーなメロディーで他に類を見ない音楽性とユーモアを武器にさまざまなシーン、世代、カルチャーを節操なく縦断し続けている。Wienners オフィシャルHP

JYOCHO プロフィール

ジョウチョ:2015年3月に解散した宇宙コンビニのリーダー“だいじろー”こと中川大二朗のソロプロジェクト。プログレッシブ~ポップスなどさまざまなジャンルを通過した音楽性に、テクニカルなトラック、温かみ、激情をふんだんに盛り込んだ、まさに情緒感たっぷりな、JYOCHOにしかできない独自の世界観を構築する。JYOCHO オフィシャルHP

ALL OFF プロフィール

オールオフ:2004年結成の5人組バンド。カリフォルニア育ちのso-heyが巧みに英語と日本語を使い分けて歌い、楽曲はどんなシーンにも違和感なく溶け込む絶妙なバランス感覚を持つ。キャッチーなメロディーと圧倒的なライヴパフォーマンスで『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』にも出演を果たした。10年間に及ぶ活動でバンドとして考えられる限りのありとあらゆる挫折と遠回りを糧にして、15年11月、シングル「One More Chance!!」でTVアニメ『ヘヴィーオブジェクト』のオープニングテーマに抜擢されたのを機にメジャーデビューを果たした。ALL OFF オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント