【アンモフライト】『アンモフライト
ワンマンライブ ~どっとドットを好
きになる。~』2012年9月24日 at 渋
谷CLUB QUATTRO

撮影:柴田恵理/取材:石田博嗣

 やはりワンマンだと、そのバンドのいろいろな側面が見えてくる。この日のライヴもそう。ライヴの定番曲を中心に、アコースティックセットやaikoの「花火」のカバー、まだタイトルもないような生まれたばかりの曲を津久井恒仁(Vo&Gu)が弾き語りで切々と歌い上げたかと思えば、楽器隊は各パートの観せ場を盛り込んだスタンダードなディスコナンバー「君の瞳に恋してる」のインストを聴かせ、さらに11月リリースの3rdシングル「アルタルフ~この恋の終わりに~」も披露。津久井の伸びやかな歌声だったり、フレッシュ&ポップな楽曲のイメージが強いが、間奏部などでのバンドアンサンブルも聴きどころだと再確認した。また、シングル曲がライヴの起爆剤になるほど育っていたのも特筆すべき点。特に「夏色ドット」が4つ打ちのリズムでフロアを踊らせ、笑顔であふれさせていたのが印象深い。

セットリスト

  1. 桜グラフィティ
  2. スーパーステップ
  3. Hello Tomorrow
  4. 7の魔法
  5. リフレイン
  6. 黄昏とは
  7. 「REC」
  8. ゆめのなかがく
  9. 新曲
  10. 花火(aiko)
  11. ーInstrumentalー
  12. トーリ
  13. アリゲーター
  14. 夏色ドット
  15. Call
  16. アルタルフ~この恋の終わりに~
  17. スモールワールド
アンモフライト プロフィール

アンモフライト:2008年3月結成。小田原出身の4人組バンド。キャッチーなポップサウンドと、日常に埋もれがちな幸せや普遍的な思いを描いた歌詞の世界観は、“J-ピュアロック”と称される。2012年3月にシングル「桜グラフィティ」でメジャーデビューを果たした。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着