L→R  Tomonori (Dr)、So (Vo)、Kei(Ba)、Taiki (Gu)、Sxun(Gu)、Minami(Vo&Key)

L→R  Tomonori (Dr)、So (Vo)、Kei(Ba)、Taiki (Gu)、Sxun(Gu)、Minami(Vo&Key)

【Fear, and Loathing in Las Vegas
】星のキラメキと男臭い肉体美で攻め
た2曲!

Fear, and Loathing in Las Vegasのニューシングル「Starburst」がここに完成! 昨年は幅広い世代やジャンルの面々と対バンを重ねてきた彼ら。今作は自分たちらしさと鍛え上げてきた腕力を誇示した強力シングルだ。
文:荒金良介

今振り返っても、あの日のライヴは生々しく覚えている。意識も肉体も吹っ飛ばされそうなほどの壮絶なステージングで、全て観終えた後、しばらくその場から動けなかった。昨年行なわれたアルバム『PHASE 2』レコ発ファイナルの新木場STUDIO COASTは、とてつもないライヴモンスターへと成長を遂げていることを腹の底から実感した。それこそ、ツアー初日にはヘヴィメタル界の重鎮・LOUDNESS、ファイナルではアイドルのでんぱ組.incを迎え、これまでにない異空間を観客に提示してくれた。その度肝を抜くアプローチも彼らのユニークな音楽性を物語っているようだ。爆発的にヘヴィな音像、キラキラ照り輝くポップ性、その二本柱をこれでもかと研ぎ澄まし、ライヴハウス世代ならではのフィジカルな力量で有無を言わせぬエネルギーを解き放っていた。あの日のライヴは多ジャンルを一本背負いして、聴く者を豪快に畳に叩き付ける鋼の肉体を持った瞬間と言っても過言ではない。
2011年に1stアルバム『Dance&Scream』でデビューを飾った神戸発の6人組、Fear, and Loathing in Las Vegas(以下ラスベガス)。あれから5年の歳月が過ぎ去り、新世代ラウドロックのニューフェイスから、ロックシーンの中央へと徐々に軸足を移動する驚異の存在感をアピールしている。今年に入っても、ラスベガスの辞書に“休憩”の文字はない。1月には3rdシングル「Let Me Hear」をリリースし、オリコンチャート初登場3位を記録する好調ぶりを見せつける。表題曲は昨年のツアーファイナルでも披露され、大きなリアクションを得ていたのは記憶に新しい。そして、前作から約4カ月というタームで早くもニューシングル「Starburst」が届いた。ライヴの凄まじいテンション同様、活動やリリースのペース配分もアグレッシブそのものではないか。今作も期待を裏切ることなく、確かなソングライティングと一瞬でパーティーに誘い込むハイクオリティーの楽曲が揃っている。表題曲「Starburst」は軽快なエレクトロで幕を開け、坂道を緩やかに上がりながら、熱情と狂騒のダイナミズムあふれるサウンドに包囲されるような曲調だ。オートチューンをかけた抜群にキャッチーなハイトーンヴォイスはもちろん、ハードコア風の男臭いコーラスもアクセントに、クライマックスへ昇り詰めていく衝動とドラマとロマンを封じ込めた楽曲に仕上がっている。“Starburst”という言葉の意味を調べると、“光線が中心から放射状に広がった形、または、大量の星が爆発的に生成されている現状”と書いてある。聴く人によって思い浮かべるイメージはさまざまだろうが、まさに曲名から感じ取れる壮大なスパーク感に彩られた楽曲と言えるだろう。対して、「Struggle to Survive」はシリアスな曲名からも分かる通り、表題曲とはまた一線を画した色合いになっている。イントロから抜けのいいドラム、骨太に刻むギターリフといい、男臭いサウンドでご挨拶。それから激越シャウトをガンガン繰り出し、キャッチーな歌メロにつなぐ流れに興奮するばかりだ。中盤には哀愁のギターソロやエレクトロパートも挿入し、その一方で随所に弾力性のあるグルーブを挟むロック度の高い熱いナンバーである。2曲ともライヴでどう化けるのか、今から楽しみで仕方がない。そして、今作のプレミアム盤は、なんと昨年3月23日に彼らの地元・神戸ワールド記念ホールで行なわれた初ワンマンの模様を完全収録したライヴDVD付きになっている。映像単体でも十分に売れる貴重素材だと思うが、それを新曲と同じタイミングでゲットできるのは嬉しい。今まで応援してくれたファンに対するバンド側からの感謝の気持ちの表れかもしれない。なお、彼らは9月に早くも次作アルバムを発表。そのリリースツアーのファイナルには日本武道館が決定している。
「Starburst」2015年05月13日発売VAP
    • 【プレミアム盤(DVD付)】
    • VPCC-82656 3564円
    • 【通常限定盤】
    • VPCC-82330 1080円
    • ※2タイプとも初回生産限定シングル ※前作シングルとの連動応募抽選ハガキ封入
Fear, and Loathing in Las Vegas プロフィール

フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス:2008年に神戸で結成。エモ、スクリーモ、メタル、ダンスミュージックなどさまざまなジャンルの音楽を昇華した彼らの音楽はまさにカオス! オートチューンを取り入れた美メロと破壊的なシャウトが交錯するツインヴォーカルスタイルも相まってライヴハウスで唯一無二の存在感を放ち、開催する全国ツアーは軒並みソールドアウトに。14年3月23日には神戸ワールド記念ホールでのワンマンライヴも成功させた。Fear, and Loathing in Las Vegas オフィシャルHP
Fear, and Loathing in Las Vegas オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着