【n-buna】“夏の終わりの一日”とし
て時間経過を意識

「透明エレジー」「ウミユリ海底譚」が100万再生を突破するなど、ボカロPとしてニコニコ動画を中心に活躍する次世代シーンの開拓者n-buna(ナブナ)が、1stアルバム『花と水飴、最終電車』をリリース!
取材:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

これまでDTM中心だったと思いますが、しっかりやるレコーディングは今回が初めて?

そうですね。今回が初めてです。ミックスも3曲をプロのエンジニアさんにやっていただき、感慨深かったです。メジャーへの憧れがあったのでとても嬉しいです。

どんなアーティストに憧れを持ってました?

Mr.Bigとか、amazarashiとか。あと、ラリー・カールトンがすごく好きですね。

それは意外な。ギターが音楽の入口としては大きい?

祖父がアコースティックギターを弾いていたり、兄ちゃんがエレキギターを中学・高校くらいで買っていた影響が大きいです。それでギターインスト系にはまって、なぜかフュージョンにいって、カールトンを好きになるという。

そのうち自分でも曲を作りたくなったと。

中学の終わりに、母親にお下がりのノートパソコンをもらったのが始まりです。ネットをしているうちにDTMという単語を知って、パソコンで曲を作れることを知りました。それまでは、買ったり借りてきたCDを姉ちゃんが持っていたパソコン経由で、iPodに好きな曲を入れてもらってました。

なるほど。n-bunaさんは“夏”をテーマにした楽曲が多いですが、“夏”への憧れは、自身の体験からの影響ですか?

田舎の夏の情景がすごく好きなんです。晴れた日の縁側だったり、山の中にある神社…そういう“夏”という言葉から連想される、自然とのコンビネーションですね。

そして、今回“夏の終わりの一日”というコンセプトが生まれたと。

“夏の終わりの一日”として、時間経過を意識したアルバムになっています。朝がきて、昼がきて、夕方がきて、夜には祭りがあって、花火が上がって、ずっと空を見ていたら夜明けがきて、また一日が始まるっていう。曲の中でいろんな登場人物が出てくるんですが、曲同士でつながりを意識したアルバムになっています。例えば、「始発とカフカ」で毒虫になった男が手紙を書いているんですけど、「拝啓、夏に溺れる」に関連していたり、「夜祭前に」では歌詞カードを見ていただくと分かるのですが、そこでは拾った手紙の内容の詩を挟んでいたりします。そこから「着火、カウントダウン」で手紙を拾った人の話が出てきて、最後に手紙の締めの「敬具」があるという。手紙に関する一連の流れを描いています。物語のつながりを楽しんでもらえたら嬉しいですね。

こだわりな情景描写ですね。小説もお好きなのですか?

道尾秀介さんの小説がすごく好きで、夏について書かれていたり、影のある雰囲気からの影響が大きいです。

今回、アルバムには15曲と盛りだくさんの楽曲が収録されていますが、ニコニコ動画で先行して発表されていた楽曲もある中、本作においてキーとなる曲はどの辺ですか?

アルバムの全てが物語の世界観とリンクしているので、言ってみれば全部大事ですね。…あえて自分が特別な思い入れを込めたと言えば、「無人駅」と「昼青」と「ずっと空を見ていた」の3曲です。「無人駅」が絵を描く人の話なんですけど、それと同じ人物が「ずっと空を見ていた」に登場します。このやりとりが、アルバムの中でキーになってきますね。

大事なポイントですね。ちなみに、1曲目「もうじき夏が終わるから」のイントロというか、物語への導入がドラマチックで素晴らしいと思いました。

最初に作った時、とてもエンディング感のある曲だなと思ったんです。でも、僕はひねくれているので(苦笑)、そのままアルバムの最後に持ってくるのではなく、最初に持ってきて夏の終わる感じをまず表そうと考えました。

いきなり、スッと世界観に入り込むことができました。

ただ作品を出すだけじゃ、印象に残れないと思っているんです。ひと捻りふた捻りした工夫が、いろんな作品を楽しんでいる若いリスナーの子たちには刺さるんだと思うんですよね。

n-bunaさんの作品にはロックをとても感じています。邦楽ロックだと、どの辺がお好きなんですか?

クリープハイプがすごい好きです。Mrs. GREEN APPLEも勢いありますよね。People In The Boxや、解散しちゃいましたけどthe cabsというバンドも好きでした。米津玄師さんも大好きで。『YANKEE』というアルバムの曲たちは、ハチさん時代の雰囲気をさらに濃く煮詰めて表現されていて、持っていかれました。今でもよく聴いていますね。
『花と水飴、最終電車』
    • 『花と水飴、最終電車』
    • DGUR-10005
    • 2015.07.22
    • 2160円
n-buna プロフィール

ナブナ:ボーカロイド関連楽曲を制作しているプロデューサー。2012年3月2日、「アリストラスト」にてニコニコ動画での作品の投稿を始める。9作目となる「透明エレジー」がデイリーランキング1位を記録し、初の殿堂入りを達成。14年4月には、1stアルバム『カーテンコールが止む前に』をリリースした。「透明エレジー」「ウミユリ海底譚」は100万再生を突破するなど話題を呼び、15年7月22日に初のフルアルバム『花と水飴、最終電車』でメジャーデビューを果たす。n-bunaオフィシャルTwitter
アルバム『花と水飴、最終電車』特設サイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着