L→R 小原 just begun(Ba)、プールイ(Vo)、テンペスト竹内(Gu)

L→R 小原 just begun(Ba)、プールイ(Vo)、テンペスト竹内(Gu)

【LUI FRONTiC 赤羽JAPAN】決意新た
に、待望のフルアルバムここに完成!

1stシングル「リプミー」、2ndシングル「ワンダーループ」をはじめ、バラエティー豊かな曲が揃った、ファンならずとも楽しめる1stフルアルバム『UP! UP!! UP!!!』。バンドとしての決意が固まった今、2016年は彼らの年になると言っても過言ではない!
取材:水谷エリ

ついに完成したフルアルバムですが、とても良かったです!

プールイ
ありがとうございます。今回のアルバムは、竹さんが曲をたくさん書いてくれたんです。
竹内
本当はもっと多い曲数を作っていたんですよ。そこから絞っていったんですけど、作った後に“これだけ作って良かったな”ってシンプルに思えましたね。

インディーズのラストワンマンから早1年なわけですが、制作の際には心境的にもかなりの変化があったのではないですか?

竹内
環境の変化もありましたからね。あと、前々からフルアルバムはバンドの顔として大事なものになるだろうと考えていたので、その点では作る時にめちゃくちゃ気合いが入っていたと思います。

その気合い、音で十分に伝わってきました。

竹内
今回、音はすごく気に入っていて。これまでにシングルを2枚出してきたけど、積み重ねがちゃんと出ているなと思いますね。

より歌詞も深くなりましたね。

プールイ
自分の経験がベースにはなっているんですけど、誰が読んでも共感できる歌詞というのを意識して書いていったんです。自分の言いたいことはちゃんとそこにあるんだけど、いろんな視点から見ることができるように、というか。
竹内
作曲した側からすると、“えっ!?”って思うような歌詞を書いてくるところは面白いなと思いますよ。アルバムの中に「明日から」っていう小原が作った曲があるんですけど、これも予想していない歌詞になりましたからね。マイナー調で切ない曲なのに、歌詞が“そうくるか!”って。
小原
この曲を作った当初は疾走感があってカッコ良く、それでいてサビの前ではエモーショナルにっていう感じだったので、まさかこんなふうに“ダメ人間”をテーマにした歌詞が付いてくるとは思わなかった(笑)。
プールイ
小原さんが曲を書いたから、小原さんのイメージで歌詞も書きました(笑)。
小原
おい!(笑) でも、そうやって予想通りにならないところが面白いですね。

この曲も含め、今回はポジティブな歌詞が多いです。

プールイ
そうですね。前は制作中に“どうしよう…”って思うことが多かったんですけど、今は“頑張らなきゃっ!”ていう気持ちのほうが強くて。…いろいろと吹っ切れたんですよ。だから、歌詞も明るくなったのかもしれないです。

リードトラックの「フラチネ」はどこまでも力強いですしね。

プールイ
これは“わがままな女の子”をテーマに書いたんです。恋愛を直接描いているわけではないんですけど、恋をしている女の子なら共感してくれる内容かな。あとは、上司に向けても当てはまると思う。自分が新入社員だとしたら、すごく納得できるんじゃないかって思いますね。

ちなみに、プールイさんはアルバムの歌詞の中でどれが一番お気に入りですか?

プールイ
「スマッシュヒット」ですね。《「まだ夢追ってる?」あざ笑う人には 売れてもサインは書かない》っていう一節があるんですけど、そんなことって思っていても言わないじゃないですか。私も実際に口に出しては言わないですけど、相手がそう思っているんだろうなって感じるんですよ。それと、《もう諦めて実家に帰ろうか》って思ったことも本当にあったし。でも、そこから這い上がることができたというストーリーなので、そういった意味では、これまでに苦労した甲斐があるのかなって。

だからこそ、聴いていて心に響きますよ。また、本作にはライヴでお馴染みの曲が多数収録されていますね。

竹内
「どうして」がタイトルを一新して「セカンドブルー」となって入っていたり、ライヴで毎回と言っていいほどやっている「tarite」もあったり…ライヴとCDの違いを聴き比べるのも面白いかもしれないですね。
小原
ライヴでやっている曲というのは慣れ親しんだ曲でもあるので、レコーディングは楽でしたね。テイクもそこまで多く重ねなかったし、ええ感じで録れたと思います。
プールイ
ライヴとは違って、レコーディングはペース配分をそこまで気にしなくていいんですよ。だから、“レコーディングが終わったら声が枯れてもいい!”っていうテンションで歌っていました(笑)。

さらに、通常盤にはボーナストラックに「ハナレバナレ」が収録されているわけですが、こちらは、アカバネーゼ(ファンの総称)からCD化してほしいと要望の高かった一曲だったとか?

プールイ
今回、アコースティックバージョンとして入っているんですけど、私たちの曲はライヴでやっていてもCD化されていないというものが多くて。だから、この曲も含め、やっと半分ぐらいがCD化されたなと。

現段階での選りすぐりの曲が、このアルバムに入っているということですね。

竹内
そうですね。

それだけ充実した内容の作品となりましたね。

プールイ
アルバムタイトルが“UP! UP!! UP!!!”というだけあって、“上を目指していくぞ!”という気持ちが出ていると思います。それに、この作品を作ったことによって、また新たな目標を立てられたし。

ずばり、その目標とは?

プールイ
やっぱり、恵比寿LIQUIDROOMでリベンジしたいですね。2015年10月にもワンマンをやったんですけど、目標としていた満員御礼にすることができなかったので、次こそは満員の会場でワンマンをやりたいです。ただ、急いでもいいことはないので、じっくりと、だけど早足でやっていきたいなと思います。
『UP! UP!! UP!!!』2016年01月27日発売UNIVERSAL J
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • UPCH-7098 4860円
    • 【通常盤】
    • UPCH-2069 3240円
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN プロフィール

ルイ・フロンティック・アカバネジャパン:2013年12月にプールイ率いるバンド“LUI◇FRONTiC◆松隈JAPAN”として始動。14年7月、プールイが在籍していたBiSが解散したことによって活動が本格化。15年1月に活動休止をかけたインディーズラストワンマンを渋谷CLUB QUATTROで行ない、見事ソールドアウトしメジャーデビューの切符を手にする。同時にバンド名も“LUI FRONTiC 赤羽JAPAN”に改名した。そして、同年3月にメジャーデビューシングル「リプミー」を発表。3人が作り出す音楽はファンを始め、多くの注目を集めている。LUI FRONTiC 赤羽JAPAN オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着