L→R 白山治輝(Ba&Cho)、森 良太(Vo&Gu)、田中駿汰(Dr&Cho)、小川真司(Gu&Cho)

L→R 白山治輝(Ba&Cho)、森 良太(Vo&Gu)、田中駿汰(Dr&Cho)、小川真司(Gu&Cho)

【Brian the Sun】誰にも媚びずに、
本当に作りたいものを作りたかった

2016年にリリースした2枚のシングルをステップに、Brian the Sunがメジャー1stアルバム『パトスとエートス』を完成させた。緊張感に満ちながらも楽しめたというレコーディングをメンバー4人が振り返る。
取材:山口智男

どのようなアルバムにしたいと最初考えていたのですか?

“うわ、こいつら売れに来たな”ってものは作りたくなかったです。ちゃんと実のあるものというか、何年も残るものを作りたいと思いました。とにかく媚びたくなかった。誰かの顔を思い浮かべてとか、お客さんの顔を思い浮かべてとか、そういうことではなく、音楽として沸いてくるものを書きたいと思いました。さっきも歌詞を読み直してみたんですけど、結構ややこしいものになってる(笑)。本当に書きたいものがはっきりと分かったんですよね。ただ、例えばそれが商業的に評価されるかということを考えると、日本人全員がこういうことを考えているわけではないので、その意味ではニッチなところに対してメッセージを残しているという感覚もあるから、それがどう受け入れられるのか。例え受け入れられなかったとしても、僕は“方向転換して新たに何かやります”って気持ちはない。だから、これをいいと思ってほしいです(笑)。

聴かせてもらって、それはすごく感じました。あえてひと言で言うなら、このバンドならではの美学が貫かれている、とても美しいアルバムですよね。ところで、シングルとしてリリースした「HEROES」「Maybe」以外の曲は、いつ頃どんなふうに作っていったのですか?

アルバムのために作った曲もあるし、昔作った曲もあります。アルバムタイトルになっている“パトスとエートス”は哲学用語で、“パトス”は“衝動”、“エートス”は“習慣”を意味するんです。そのふたつを軸にアルバムを作りたいと思っていて、“これはパトスサイド、これはエートスサイド”というふうに作っていきました。その中で書いた曲が、角があったり、断ち切るイメージがあったり、わりと男性的な曲が多かったんです。逆にインディーズ時代は女性的…包み込むとか、丸いとか、温かいとか、そういうイメージの曲が多かった。なので、全体のバランスを考えて、エートスサイドの曲がもっと欲しいと思った時、「アイロニックスター」とか「月の子供」とか、昔の曲をエーストサイドを埋めるものとして引っ張り出してきたんです。

レコーディングを振り返ってみては?

白山
レコーディングの前日が『SUMMER SONIC 2016』で、他の3人が明日に備えている中、“レディオヘッドのライヴを観たらいいベースが弾けるから”って頼み込んで、観に行かせてもらいました(笑)。
で、結果どうだったの?
白山
観てないよりは、いいベースが弾けたと思う(笑)。
小川
今回の新曲はデモの段階でギターのスペースが空いている曲が多かったので、一からやりたいようにやらせてもらいました。「パトスとエートス」をはじめ、全体的にみんな難しいフレーズをはめ込んできてたので、できるだけ音数も詰め込んでやろうって考えながらフレーズを作っていきましたね。
田中
勢いがある曲が多かったので、レコーディングに向けてというよりは、ライヴでやることを考えて、身体全体を使って叩くぞって気持ちでスタジオに入りました。バッキングとドラムを一緒に録る曲が多かったんですけど、そういうところでは勢いが出たと思います。
速い曲のテンポが、めっちゃ速いんですよ。「Physalia」「パトスとエートス」「Cloudy #2」…なんでこんなムキムキな曲ばかりなんだろうって(笑)。おまけにヴォーカルのキーも高い。そこも大変でしたね。
小川
「Mitsuhide」は僕のリードギターも含め一発録りしているんですけど、鬼気迫った感じが出たんじゃないかな。

その一方で、ピアノバラードと言える「月の子供」は音数を削ぎ落とした大胆なアレンジになっていますね。

正直、ピアノだけでいいと思ったんですよ。それかオーケストラを入れて派手にするか、そのどっちかしかないと思っていたんですけど、やっぱり4人だけでやりたいってところでスタジオでいろいろ試行錯誤しました。
小川
メンバーが順々に演奏に加わるタイミングを、“今だ!”とか“ここだ!”とかってやりながらね。やりすぎるとこの曲が持っている味というか、温度が壊れちゃうから、そこは大事にしたいと話しながら。

聴きながら、小川さんの出番はないのかなってドキドキしました(笑)。

小川
ラスサビからですからね(笑)。
白山
“この日はお休みだったんかな?”って思いますよね(笑)。
小川
この曲は歌も良太がピアノを弾きながら一発録りしているんですけど、僕も自分の出番までは音を立てないようにギターを持って待機していたので、そこにいるっていう空気はちゃんと録音されていると思います(笑)。
白山
あれは楽しかったね、あの緊張感が。最後の最後に良太がピアノをミスって、“あ~”みたいな(笑)。それで一からやり直しなんで。
田中
だから、僕らは絶対ミスれないって。
小川
ひとりのミスで、それまでの良太の歌とピアノが台無しになっちゃう。しかも、出番は最後のほうだし、歌を歌っていない分、ミスったら何を言われるか分からない(笑)。それぐらいの緊張感がありました。

そんな苦労の甲斐もあって、とてもいいアルバムになったと思います。リリース後はリリースツアーがあると思いますが、2017年はどのような年にしていきたいですか?

白山
僕らはあまり具体的な目標を掲げず、次のライヴのことだけを考えてやってきたんですけど、2017年は結成10周年なので、10周年を祝うイベントをいろいろ考えているところです。さらに忙しい一年になると思いますけど、僕たちを応援してくれる人たちにとっては、すごく魅力的な一年になるんじゃないかと思っています。
『パトスとエートス』2017年01月11日発売EPIC Records Japan
    • 【初回生産限定盤】
    • ESCL-4682~3 3600円
    • 【通常盤】
    • ESCL-4784 2916円
Brian the Sun プロフィール

ブライアン・ザ・サン:2007年、大阪で結成。『閃光ライオット2008』で準グランプリを獲得するも、直後に活動休止。09年に活動を再開し、メンバーチェンジやパートチェンジを経て11年4月より現在の編成となる。コンスタントな制作、ライヴ活動で全国に名を広め、16年6月にテレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』のエンディングテーマ「HEROES」でメジャーデビューを果たした。Brian the Sun オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント