L→R yoshi(Dr&Cho)、Hiromu(Ba&Cho)、Misaki(Vo&Gu)、Chikai(Gu&Cho)

L→R yoshi(Dr&Cho)、Hiromu(Ba&Cho)、Misaki(Vo&Gu)、Chikai(Gu&Cho)

【SpecialThanks】みんなの日常生活
にパワーを与えられる音楽を作りたい

SpecialThanksに変節の時期が訪れた。現4人体制での初のアルバム『Anthem』は日本語主体の歌詞、メロディックな要素も包含したスケールの大きなポップロックを鳴り響かせている。驚きの会心作だ!
取材:荒金良介

今作を聴いて、本当にびっくりしました。

Misaki
どういう“びっくり”か分からないからドキドキです(笑)。
Hiromu
でも、聴いた人はみんなそう言いますね。全曲シングルカットできるよって、事務所の先輩も言ってくれて。

聴くうちに作品の良さが染み込んできます。

Hiromu
結構違うところに行った感はありますよね。

ええ、Misakiさんはあまり変化した意識はない?

Misaki
ないです。変わりたいとずっと思っていたし、自分の成長に気付かないのと同じですね。

速い曲は「午走-umahashiru-」ぐらいですよね?

Hiromu
その「午走-umahashiru-」も入らない可能性がありましたからね。Misakiはもう速いのは飽きたって。でも、やりたくないということじゃなくて、“こういうアピールもできるんだよ”という見せ方でいいんじゃないかと。
Misaki
同じ世代でメロコアをやってる人よりも、私はキャリアが長いんですよね(笑)。だから、みんなも私ぐらいの長さをやると、きっとそういう時期が来ると思う。

いやいや、Misakiさん憧れのストンピン・バードだって、現役バリバリじゃないですか。

Misaki
あぁ、そうか(笑)。人生一度きりですから、自分ができないことにチャレンジしたくて。メロコアをさらに突き詰めることもいいけど、私はもともとメロコアに向いてなかったじゃないですか。高校生の頃に話した時、それを感じませんでした?

見た目はさておき、メロコア好きは伝わりましたよ。

Misaki
本当は静かな人なんです(笑)。もともと家では落ち着いた暗い曲を作っていたし。今回の「happy」とか、そういう雰囲気の曲ばかり作ってたから。

Hiromuさん、戸惑いはなかったですか?

Hiromu
気持ちは分かってましたからね。僕はもともとメロコア育ちではなく、JUDY AND MARYとかが好きなので、“日本語詞も早くやればいいのに”と思ってましたから。ただアニソンのタイアップだけは絶対やらないと思ってましたけどね(笑)。
Misaki
驚いてたもんね。でも、それきっかけで日本語が楽しいと思いましたからね。今回は全曲日本語詞になってるけど、それも自分の中では自然なんですよ。録る前に気付けば良かったと思うこともあるけど、それは内緒です。
Hiromu
それは“次に活かします!”でいいんじゃないの?
Misaki
そっか(笑)。

(笑)。今作の中で現メンバー4人の色が一番出た曲は?

Misaki
「everyday」のイントロとか。

この曲はメタル調のギターリフですよね。

Misaki
yoshiくんはツーバスをやりたい人だから、そのイントロは“あなたたちでどうぞ!”って。
Hiromu
わりと男メインで作った曲ですね。

ライヴではあまり気付なかったけど、Chikaiさんが完全にHR/HM好きのギタープレイですよね?

Misaki
速弾きの学校に通ってたんだよね?
Hiromu
ESPのギター専攻に通ってたんだよ。
KOGA社長
ギターは本当にカッコ良いフレーズに作りたくて、ハードロック、メタル、パワーポップ系の音にしようと。今回はスタジオも替えて…そのスタジオの奴がギタリストで、かなり詳しいんですよ。

曲調は広がってますけど、ギターのエッジが立っているので攻撃性も出てますね。ポール・ギルバート(Mr.BIG)辺りを彷彿させるギターサウンドですよね。

KOGA社長
まさにそうです! あの辺を意識しました。
Hiromu
KOGAさんのインタビューになってる(笑)。
Misaki
でも、今回ギターの音は良かったです!

そして、冒頭曲「singing」はクイーンぽいですね。

Misaki
そうですね。ライヴを想像して、音がどんどん重なっていってショーが始まる感じをやりたくて。あと、最後の「LIFE to go」のタイトルも自主企画のイベント名から取ったんです。この曲には私が思ってることが詰め込まれてる。

特に《音楽と日常 共にあるようなLIFE to go》の歌詞は、現在のMisakiさんの心境を綴っているのかなと。

Misaki
そうですね。普段の生活の中で音楽を流しても心地良くなったりするし。例えば海に行ったら、こんな音楽を聴きたいとか。ライヴハウスが似合う音楽だけじゃなく、日常にも自然にも溶け込む音楽を作りたくて。ライヴハウスを飛び越えて、みんなの日常生活にパワーを与えられる音楽を作りたいなと。それはいい音楽をいっぱい聴いたからです。

聴く音楽も変わりました?

Misaki
今はApple Musicでお勧めの曲を聴いたり、ジャズ、歌謡曲とかいろいろ聴いてます。歌謡曲なら、「京都慕情」が好きです。

「京都慕情」!?

Misaki
渚ゆうこです。他にザ・ピーナッツ、最近は今さらですけど、ビートルズもよく聴いてますね。

近からず、遠くないというか。その意味で今作は聴く人のことをもっとも考えた作品かもしれないですね。

Misaki
前作のインタビューで、私の歌詞が“I”から“You”に変わったよね、と言ってくれましたよね。最初は私の日記だったけど、それが“あなた”になり、“みんな”に変わったのかなと。せっかくこの声を持って生まれたんだから、もっと多くの人に聴いてほしくて。最近は添加物ではなく、ちゃんと栄養があるものを食べてます。で、ひとりでも聴いてくれる人が増えたら、いい人生だな、生まれてきた意味があるなと。自分のためだけじゃなく、みんなの心が動くような歌を歌っていきたいですね。
『Anthem』
    • 『Anthem』
    • KOGA-205
    • 2017.05.10
    • 2592円
SpecialThanks プロフィール

スペシャルサンクス:ガールズヴォーカルメロディックパンク&ギターロックバンド。絶対的な歌唱力と表現力の高さ、聴く人全てを釘付けにするMisakiの才能あふれる歌、そしてルックスも兼ね備えたピュアな魅力を軸に、メロディックパンクから王道ポップロックまで日々を進化を追求する本格的バンドサウンドは日本において唯一無二の存在。2019年7月にサポートメンバーのToshiki(Gu&Cho)、KOUSUKE(Ba&Cho)、YOSHIDA(Dr&Cho)が正式加入することが発表された。SpecialThanks オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着