【THEイナズマ戦隊】“汗”を感じな
い作品なんて作品じゃない!

あの“おバカかわいい”スザンヌとのコラボ曲「Oh! スザンヌ」が話題沸騰、
イナ戦の熱血メッセージ大展開のニューアルバムが完成!!
取材:道明利友

「Oh! スザンヌ」のホーン隊とか、今回のアルバムは他にも多彩な音色を使ってる曲も多いですね。こういうアプローチはご本人的には、新境地という感じですか?

上中
いやいやいや! 僕らのルーツはわりと、そっちやったりするんですよね。ブルース、リズム&ブルース、ブラックミュージックがもう、スゴいんです。で、その時たまたまなんやけど、パーラメントにどっぷり浸かってて。今さらながら(笑)。で、“パーラメント作ろうや”って話から始まったんですよ。そもそも、「oh! スザンヌ」は。

なるほど。Pファンクを、バック・トゥ・ルーツな感じで。

上中
そう。でもね、俺らがPファンクやったところで、イナズマ戦隊の太い血管を流れる血は、結局、“イナ戦の言葉”やったりするから。そこにも同じ血が流れるっていうのもありつつ、ちょっとした変化球にはなるやろうなと。
山田
それとやっぱり僕なんかは、ロックっていうとローリング・ストーンズとか。ああいうロッケンロールな音楽は自分が通ってきた道で、ギターのリフはやっぱりそういうところから受けたものが出ますよね、どうしても。基本はそういうもので勝負、というか。(ギターのフレーズを口で歌いながら)ダダダダダダダダ~っていう、これを最初に弾けた時に“カッコええなぁ~!”って思っちゃったんで、そういうルーツからは逃れられないですね、もはや(笑)。
上中
ギターリフがバキッと立ってて、ボーカルがいて、それを支えるリズム隊がいる。そういう“ザッツ・ロックバンド”みたいな絵がちゃんと見えるバンドではありたいですね。うん!

まず基本は“ザッツ・ロックバンド”なスタイルですね。今回の曲作りでは他にどんなことを意識しましたか?

久保
最初は本当純粋に、いい曲だと思う曲をみんなが作っていって。で、ある程度まとまってきて同じようなタイプの曲が多くなってきたら“アルバム的にどうなの?”ってなるから、バランスを考えて。例えば、“笑いと涙”とか…。感動もあり。それに足りない曲は何だってもう1回見つめ直すっていうことの繰り返しですね。
上中
“汗と涙と感動”。と、“笑いと怒り”やな。

イナ線の血は、まさにそれですよね。歌詞に込めてるメッセージを要約するなら。「汗と涙とロッケンロール」っていう、まさしくそのものズバリなタイトルの曲もありますし。

上中
ステージで汗を感じへんとか、笑いを感じへん、感動を感じないもんは、俺はロックじゃないなぁと思うんですよ。
中田
体育会系ですね(笑)。だから一緒にやってても、“なんやお前! 根性でやれーっ!”みたいな言葉も出てくるし。そういうのがカッコいいって思えることが出てると思うんですよ、作品に。そういうところから“汗”が感じ取れると思うし。

レコーディングで実際そんな会話があるのがスゴいですね(笑)。でもそれこそ、汗水を流して頑張ってる人への応援歌みたいな。さっきの話の“イナ戦の血”っていう言葉、歌詞のメッセージは、まさにそういうことですよね。

上中
もちろん世間には、いろんなメッセージがあると思うけど。恋の歌とかね、すごいたくさん街には流れてたり。でもお前それだけじゃないやろ、みたいな。だって俺、普通やもん。本当にもう、普通! “普通なヤツが努力して今ここにいる”っていうのは、みんなも同じやと思うし。そういうヤツが発信する言葉やから、みんなもたぶん分かってくれるんちゃうかな。
THEイナズマ戦隊 プロフィール

上中丈弥(vo)、山田武郎(g)、中田俊哉(b)、久保裕行(dr)から成る血沸き肉躍るロックンロール・バンド。北海道酪農学園大学で出会った4人が98年に結成。02年から活動の拠点を東京に移す。まっすぐに突き進むような唄メロとロック魂溢れるバンド・サンドを武器に全国のライヴハウスをサーキット。02年8月、1stミニ・アルバム『THEイナズマ戦隊』を発表し、翌年2月にはシングル「月に吠えろ」で初のメジャー・リリースを果たす。10月には待望の1stアルバム『勝手にロックンロール』をドロップ。THEイナズマ戦隊 Official Website
THEイナズマ戦隊Official Website
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着