ジェームス・ジラユ×つんく♂

ジェームス・ジラユ×つんく♂

ジェームス・ジラユ、デビュー曲「L
oving you Too much」を日本詞を担当
したつんく♂の前で披露

タイ王国出身の俳優、歌手、モデルと幅広く活躍する22歳のジェームス・ジラユ。3月19日(土)には「東京ガールズコレクション2016 SPRING / SUMMER」に出演し、タイで2013年に放送された主演ドラマ『君だけI Love You』が4月10日から放送開始されるなど、日本でも活躍中の彼だが、6月29日(水)にCDデビューすることがわかった。
デビュー曲「Loving you Too much」はタイ国民では誰もが知っている楽曲。その楽曲の日本語詞をつんく♂が作り提供。ジラユが日本でのCDデビューが決まった事で色々と日本の音楽業界を勉強したところタイ人アーティストの訳詞を手掛けた事があるつんく♂とのコラボを熱望し今回のコラボが実現。今回、その二人が初対面し、つんく♂の前でジラユがデビュー曲「Loving you Too much」を披露することになった。

スタジオにて初対面を果たしたジラユは、出来上がったばかりの音源をつんく♂に手渡し、一緒に「Loving you Too much」を試聴。つんく♂は「かっこ良く仕上がったね。日本語ラップは難しいよね。楽しそうに歌っていたのでGOOD!!」とコメントし、ジラユは「とても嬉しかった」と喜びの表情を浮かべた。その後、意気投合した二人は場所を変え、つんく♂からの要望を受け、ジラユはステージ上で「Loving you Too much」を披露。披露後、ジラユは「今日は緊張感しましたが、楽しかったです。つんく♂さん、最高!」とコメント。その後、つんく♂は「素晴らしいパフォーマンスでした! 日本はアジアの中でも独特の文化を持ってるので、すごく難しい。でも、タイの人はみんな穏やかなので日本人に愛されやすいと思う。」とコメントした。

日本でCDデビューも決まり、ますます勢いづくジェームス・ジラユ。タイ同様、日本でもジラユ旋風が巻き起こるに違いない。

photo by YOSHIFUMI SHIMIZU

シングル「Loving you Too much」

2016年6月29日(水)発売
TYCT-30060/¥1,200+税
<収録曲>
M1. Loving you Too much ※
M2. 君だけ I Love You ※
M3. Loving you Too much(Thai ver.)
~TOO MUCH SO MUCH VERY MUCH~
M4. 君だけ I Love You(Thai ver.)
~Ruk Tur Kon Diow Tow Nun~
M5. Loving you Too much(instrumental ver.)

※M1.
タイの国民的歌手バード・トンチャイさんの大ヒット曲「TOO MUCH SO MUCH VERY MUCH」のつんく♂氏訳詞による日本語詞カバー
※M2.
ジェームス・ジラユ主演ドラマ(BS-TBSにて4/10(日)OAスタート『君だけに I Love You(ラックスリッ)』)エンディング曲『Ruk Tur Kon Diow Tow Nun』の日本語詞セルフ・カバー
ジェームス・ジラユ×つんく♂
ジェームス・ジラユ
ジェームス・ジラユ
ジェームス・ジラユ
ジェームス・ジラユ

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着