11月21日(土)@新宿 ReNY

11月21日(土)@新宿 ReNY

AA=、ツアーファイナルにKj(Dragon
Ash)がシークレットゲストで出演

AA= のツアー『AA= TOUR THE NEXT』の最終公演が11月21日、新宿ReNYにて開催された。アンコールにはシークレットゲストとしてKjDragon Ash/以下、Kj)が出演! コラボレーション楽曲を初披露した。
11月11日20時に突如AA=の次の動きを示唆する動画がAA= Official YouTube Channelにて公開され、Dragon AshのフロントマンであるKjとコラボレーションすることが判明し、ファンの間では「楽曲リリースはいつになるのか?」と期待を寄せる声があがり、話題騒然となっていた。Kjとのコラボレーションであること以外全ての情報が伏せられていた中で、21日に行われたライヴ終盤にシークレットゲストとして突如Kjが呼び込まれると会場では割れんばかりの歓声が沸き起こり、観客のボルテージは最大に。上田剛士の歪みきった“狂暴"なベースのサウンドで始まり、間違いなくKjにしか書くことが出来ない、上田剛士へのリスペクトと“狂気”にも近い気迫が込められた凄まじい強烈なラップが繰り広げられると、観客は“狂喜”乱舞した。

ライヴが終了し興奮が冷めやらぬ中、ステージ上のスクリーンに映像が映し出され、今作のタイトルが「M SPECIES」であること、そして今晩24時から配信されることが発表されると、終演したとは思えない程の歓声が再度湧き上がった。

KjはDragon Ash結成前よりTHE MAD CAPSULE MARKETSの大ファンで、音楽ひとつで日本のラウド・ロックシーンを切り拓いてきた上田剛士をリスペクトし憧れを抱いてきた。前例のない新たなシーンを切り拓き、そのシーンをメインストリームにまで持ち上げたふたりによる最狂のコラボレーションとなった今作「M SPECIES」。日本のラウド・ロックシーンにおいて奇跡の共演であり、2015年最大の事件となることはこの日のライヴで証明された。

そして、ライブが終了して間もない21日24時から、当楽曲「M SPECIES」が配信リリースされることが発表された。詳細はオフィシャルHPにて。

Live Photo by 浜野カズシ

■AA= オフィシャルHP
http://www.aaequal.com
降谷建志 オフィシャルHP
http://www.dragonash.co.jp/kenji/

【Kj (Dragon Ash)コメント】

あの人(上田剛士)の創り出す世界観っていうのは、とてもユニークだし、音楽の経験を積めば積むほど、色んなこと知れば知るほど、普通は創りづらくなっていくようなアートフォームなんだよね。なんかこう、筋肉をつけることによって失っていく柔軟性みたいなものが、ずっと剛士さんにはある。
だから、そこが色濃く出てる。惜しみなく剛士さんが剛士節を出してきたっていうのと、
(この曲のテーマとなった)「MAD SPECIES」っていう言葉に対して、音楽はプログレッシブであるべきだし、ユニークであることを誇りにするような芸術だっていうのを、俺は歌っている。

【上田剛士(AA=)コメント】

Kj、降谷建志と一緒に音を出す。
それは僕にとっても特別な事だ。
多くの若いミュージシャンから僕の音を聴いて来たと言われてきた。
彼らは(僕がそうだった様に)それぞれ新しい自分の音を追求し生み出していく。
そんな彼らの音を聴く事は、自分にとって誇らしく特別な瞬間だ。
Kj。
彼もまたそんな中の一人。
出会った頃はまだ少年だったケンジが今は一人の男として、この歪んだベースで歌っている。
最高の気分だ。
そして、ケンジの音を聴いた新たな少年が、また新しい音を世界に響かせてくれるだろう。
そうやって、この音達は繋がって行く。
きっとそんな俺たちは、バカでかい音の固まりに捕われた特別種なんだ。

配信限定楽曲「M SPECIES」

2015年11月22日配信スタート
¥250
※iTunes Store、Amazon、mora、レコチョク 他、各配信サイトにて発売中
・Tunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1055592808?app=itunes&ls=1
・amazon
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B017M0J39Y
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1002375518/
・mora
http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17551/
11月21日(土)@新宿 ReNY
AA=
配信限定楽曲「M SPECIES」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着