Steve Earle

1980 views

    Steve Earleスティーヴ・アール

    “アウトロー”という言葉が、これほど似合う男も珍しいだろう。家出→放浪→麻薬中毒→逮捕→監獄→復活と、波乱万丈な生き様は、まさに開拓時代の孤高のならず者を彷彿とさせる。
    スティーヴ・アールは14才で家を飛び出し、長い下積み期間を経てデビューしたのが86年、なんと31才の時だった。カントリーをベースにしたロック・サウンドを展開し、90年までに4枚のアルバムをリリース。なかでも、3rd『Copperhead Road』(88年)が白眉だろう。ヴェトナム戦争や南部の生活などに言及しながら、アメリカの過去と未来を炙り出す傑作に仕上がった。
    しかし、ドラッグに耽溺した生活を送っていたアールは、逮捕された上に投獄。そのキャリアに終止符が打たれたかのように思われた。
    にもかかわらず、それをきっかけに悪癖をキッパリと断ったアールは95年に不死鳥のごとく復活を果たす。アンプラグドな『Train a Comin'』(95年)を皮切りに、ロック色の濃い『I Feel Alright』(96年)、スーパーサッカーズなど若手バンドとの共演も収められた『エル・コラソン』(97年)、カントリー〜ブルーグラスに回帰したような『The Mountain』(98年)といったヴァラエティに富んだ作品を連発。そして、00年の『トランセデンタル・ブルース』に至っては、アイリッシュ・ミュージックからブリティッシュ・ビートまでを取り込み、ポップに消化した彼の集大成的な作品に仕上がった。
    最近では自主レーベルを起こし、若手アーティストの発掘/プロデュースにも精を出すスティーヴ・アール。アルバムをリリースする度に若返るような気さえする絶倫ぶりは、“オルタナ・カントリー界の親分”の名に相応しい。

    曲・アルバム

    • 40 Years of Stony Plain

      2016年06月03日リリース
      アルバム・8曲

      • 1 Rivers of Babylon
      • 2 Bad Luck Blues
      • 3 Funky and the Farm-Boy
      • 4 Hong Kong Blues
      • 5 It Takes Time
      • 6 Keep Your Big Mouth Closed
      • 7 Needed Time (feat. Taj Mahal, The Blind Boys of Alabama & Ruthie Foster)
      • 8 Wayfaring Stranger

      40 Years of Stony Plain

    • Songs For Slim: Times Like This / Isn't It? - Single

      2013年04月23日リリース
      アルバム・2曲

      • 1 Times Like This
      • 2 Isn't It?

      Songs For Slim: Times Like This / Isn't It? - Single

    • I'll Never Get Out of This World Alive

      2011年04月28日リリース
      アルバム・12曲

      • 1 Little Emperor
      • 2 God Is God
      • 3 This City
      • 4 Heaven or Hell (feat. Allison Moorer)
      • 5 Meet Me In the Alleyway
      • 6 I Am a Wanderer
      • 7 Waitin' On the Sky
      • 8 I'll Never Get Out of This World Alive
      • 9 The Gulf of Mexico
      • 10 Every Part of Me
      • 11 Lonely Are the Free
      • 12 Molly-O

      I'll Never Get Out of This World Alive

    • Dear New Orleans

      2010年08月24日リリース
      アルバム・20曲

      • 1 Dixieland
      • 2 Don't Be Sure (feat. Shamarr Allen)
      • 3 My Little Brigadoon
      • 4 Where Is Bobbie Gentry?
      • 5 NOLA (feat. Thao Nguyen)
      • 6 Kid Fears (feat. Brandi Carlile) [Live]
      • 7 Crescent
      • 8 Kick Out the Jams (feat. Bonerama, Mike Mills, Erin McKeown, Nicole Atkins & Martin Perna) [Live]
      • 9 Ohio (feat. Bonerama, Wayne Kramer & Dave Herlihy) [Live]
      • 10 Midnight In the City of Destruction
      • 11 Louisiana Land
      • 12 I Can See Your Tracks
      • 13 I Buried a Bone
      • 14 When the Levee Breaks (feat. Bonerama) [Live]
      • 15 A Change Is Gonna Come
      • 16 Dr. So and So (feat. John Boutte & Al "Carnival Time" Johnson)
      • 17 Love In the Hot Afternoon
      • 18 Stand Up
      • 19 Matching Scars
      • 20 Blackbirds (feat. Bonerama) [Live]

      Dear New Orleans

    • Rarities Edition: Copperhead Road (Live)

      2010年03月05日リリース
      アルバム・16曲

      • 1 My Baby Worships Me
      • 2 The Week of Living Dangerously
      • 3 Fearless Heart
      • 4 Wheels
      • 5 Brown and Root
      • 6 It's All Up to You
      • 7 I Love You Too Much
      • 8 San Antonio Girl
      • 9 Nebraska
      • 10 Johnny Come Lately
      • 11 Little Sister
      • 12 I Ain't Ever Satisfied
      • 13 Nobody But You / Continental Trailways Blues
      • 14 The Devil's Right Hand
      • 15 Dead Flowers
      • 16 Guitar Town

      Rarities Edition: Copperhead Road (Live)