Stanley Turrentine

3047 views

    Stanley Turrentineスタンリー・タレンタイン

    ハンク・クロフォードと共に、ソウル・ジャズ・サックスの認知度を高めたテナー・サキソフォニスト。彼の迫力に満ちた力強いプレーは、マックス・ローチのバップ期におけるハードなドラミングや、ジミー・スコットのグルーヴィなオルガンと共演することにより、さらに際立った。60年代には前妻でもあるシャーリー・スコット(オルガニスト)と音楽的に影響・協力し合いながら、ハービー・ハンコック、ホレス・シルヴァーのサイド・マンとして活躍。70年代前半には、それまでの甘い音色から一変、『ルーダス-イン-ザ-ジャクージ』以降たくましい音を吹くようになる。また、同時期に録音された初のクロスオーヴァー・アルバム『シュガー』においても高い評価を受けた。セッションする相手を問わず、その厳格な音は常に高い質を保ち、現在に至るまで最高のジャズ・ミュージシャン/ヴォーカリストとのレコーディングを続けている。

    曲・アルバム

    • The Classic Years, Vol. 1

      2016年07月01日リリース
      アルバム・1曲

      • 1 Gee Baby, Ain't I Good to You

      The Classic Years, Vol. 1

    • Wanted On Voyage

      2015年04月13日リリース
      アルバム・11曲

      • 1 Squawkin'
      • 2 Midnight Special
      • 3 Wanted On Voyage
      • 4 Deacon Joe
      • 5 Why Was I Born
      • 6 Jumpin' the Blues
      • 7 When I Grow Too Old to Dream
      • 8 Split, Quick
      • 9 Star-Bride
      • 10 Minor Chant
      • 11 Si-Joya

      Wanted On Voyage

    • Now Playing Stanley Turrentine

      2015年03月23日リリース
      アルバム・2曲

      • 1 Better Luck Next Time (Remastered)
      • 2 Gee Baby, Ain't I Good to You (Alternate Take) (Remastered)

      Now Playing Stanley Turrentine

    • Delicate Voice

      2015年03月20日リリース
      アルバム・6曲

      • 1 Little Sheri
      • 2 Look Out
      • 3 Return Engagement
      • 4 Tiny Capers
      • 5 Minot Chant
      • 6 Journey into Melody

      Delicate Voice

    • The Sugar Man

      2015年02月03日リリース
      アルバム・12曲

      • 1 I Want a Little Girl
      • 2 Baby, Ain't I Good to You
      • 3 Tiny Capers
      • 4 Little Sheri
      • 5 Minor Chant
      • 6 Return Engagement
      • 7 Yesterdays
      • 8 Tin Tin Deo
      • 9 Journey into Melody
      • 10 Willow Weep for Me
      • 11 Look Out
      • 12 Blue Riff

      The Sugar Man

    Stanley Turrentineの動画