SOIL&“PIMP”SESSIONS

2365 views

    SOIL&“PIMP”SESSIONSソイル・アンド・ピンプ・セッションズ

    タブゾンビ(Tp)、社長(アジテーター)、元晴(sax)、丈青(p)、みどりん(ds)、秋田ゴールドマン(b)の伊達男6人衆。01年に結成され、徹底的にストリートやライヴで修行を重ね、ラフでエンターテイメントでパンキッシュな爆裂ジャズを展開。噂が噂を呼び、次第に知る人ぞ知る存在となっていった彼らは、リリースもしていないのに03年のフジロックに出演。04年にデビュー・アルバム『PIMPIN'』でメジャー・デビュー。外資系レコード店で驚異的な売り上げを記録している。同年の『朝霧JAM』にも出演、悪天候にも関わらず観客を狂喜乱舞させ圧倒のステージングを披露。袖で見ていたロス・ロボスが気に入って、自分の出番の時に彼らを飛び入りさせたというエピソードが残っている。自らをアジテーターと位置付ける社長のキャラがキー・ポイントか。胡散臭さもサウンドの媚薬となっている。

    SOIL&“PIMP”SESSIONSのニュース

    SOIL&“PIMP”SESSIONSの動画

    SOIL&“PIMP”SESSIONSの画像