沖田浩之

1938 views

    沖田浩之オキタヒロユキ

    80'sドメスティック・カルチャーの頂点に君臨する「竹の子族」から飛び出した沖田浩之、愛称ヒロくん。ドラマ『3年B組金八先生』の2シリーズ目に不良生徒役(←こちらも80'sドメスティック・カルチャーには欠かせないアイテム)で人気を博し、80年に歌手としてもデビュー。切れ長の瞳と鼻にかかる甘い歌いっぷりでセールス的にも好調な滑り出しを切ったが、デビュー曲「E気持」の♪ABC ABC ハ〜ン E気持ぃぃぃというフレーズは、今考えてもええんかいな?である(ちなみに作詞:阿木耀子/作曲:筒美京平)。
    80年代歌謡曲特有の「コトバ遊び(意味ありげなアルファベットやセリフ、しりとりの導入)」がやたらと目につくヒロくんのレパートリーだが、どれもこれもタイトルだけで悶絶間違いなしなので、主だったものを挙げておく。「はみだしチャンピオン」「隠れアムール」「熱風王子」「とりあえずボディトーク」「どうにかなっちゃう前奏曲」「お前にマラリア」………いかがでしょうか。また、ハードロック調に仕上げたチャーの「気絶するほど悩ましい」のナイス・カヴァーなんていうのもあります。
    90年代は映画・舞台を中心に役者として活動していたが、99年に自宅で首吊り自殺。享年36歳だった——。合掌。

    沖田浩之の動画