工藤健司

2642 views

    工藤健司クドウケンジ

    東京は品川に生まれ育った工藤健司は、まだ少年だった頃からロックに興味を持ち、そしてズブズブとのめりこんでいった。
    ひたすら音楽と向き合った学生時代を終え、社会という不安定な足場の上に立脚することになった工藤。彼はまず、ラジオ番組のディレクターとして、いわゆる“ギョーカイ”に足を踏み入れることになった。しかし、けして音楽活動を疎かにしていたワケではなく、96年のデビュー・アルバム『MUSIC MAN』を始め、多作ではないものの、コンスタントに作品をリリース。その一方で、プロデューサー/作曲家/作詞家/音楽ライター/ナレーター/レーベル運営など、なんとも多面的な活躍を見せてもいる。“音楽中毒”……。工藤健司にはそんな言葉が妙にシックリくる。

    曲・アルバム

    • Music Man

      2004年04月01日リリース
      アルバム・5曲

      • 1 帰れない波音
      • 2 ありふれた永遠
      • 3 Rainbow
      • 4 Midnight Soldier
      • 5 永遠の瞳 (Album Version)

      Music Man

    • Music Man

      2004年04月01日リリース
      アルバム・10曲

      • 1 誓い
      • 2 帰れない波音
      • 3 It’s so busy
      • 4 Midnight Soldier
      • 5 Cooool Down
      • 6 Rainbow
      • 7 鮮やかな孤独 (Album Version)
      • 8 ありふれた永遠
      • 9 永遠の瞳 (Album Version)
      • 10 Indigo Blue

      Music Man