大澤誉志幸「そして僕は途方に暮れる」ジャケット画像

大澤誉志幸「そして僕は途方に暮れる」ジャケット画像

【30代向け】思わず歌詞に共感するこ
の5曲~男性アーティスト編

自分の生き方について考え始める30代の頃、これでいいんだろうか?って思い悩むときに、それでいいんだよ、それでも構わないんだよ、人生ってすばらしいよ。そう言って励ましてくれる、歌詞が魅力の男性アーティストの曲をご紹介します。

■Sting「イングリッシュマンインニュ
ーヨーク」

“Be yourself no matter what they say”
イギリスのロックバンドThe PoliceのボーカルStingの、ソロ3枚目のアルバムの中の1曲。ニューヨークに暮らすイギリス人がこんなふうに感じることがあるのだと不思議にも思えますが、誰が何と言おうと自分らしく生きるという歌詞が心に響きます。

■小室哲哉「WOW WAR TONIGHT」

“明日がそっぽをむいても走りまくれよ”
作詞作曲、小室哲哉。多くの人にカバーされ、愛され続けている1曲です。ジャングルは1990年代に流行った音楽で、レゲエに始まり、複雑なリズムとベース音が特徴。この曲は世界で一番売れたジャングルといわれています。毎日をひたむきに生きている人たちへの応援歌でもあります。

■大澤誉志幸「そして僕は途方に暮れる

“きっと大丈夫さ 君が決めたことだから そして僕は途方に暮れる”
少し懐かしいこの曲は、心地良いメロディとボーカルが最高です。出ていった恋人を黙って見送り、一人残されて途方に暮れている姿にキュンときます。この歌詞は詩人、作家として多くの著作を持つ銀色夏生が手がけています。

■玉置浩二「田園」

“それでいいんだ 生きていくんだ”
バンド安全地帯のボーカルとして数々のヒット曲を世に送り出した玉置浩二。自分の目指す音楽と売るための音楽との板挟みに悩み苦しみ、長いスランプの末に、辿りついたのがこの歌です。いろんなことがあったしめちゃくちゃだけど、これでいいんだ。生きていくんだ。ストレートなメッセージが胸に響きます。

■ユニコーン「すばらしい日々」

“すばらしい日々だ 力溢れ すべてを捨ててぼくは生きてる”
ソロになってますます大活躍の奥田民生、ユニコーン時代の名曲です。少し年をとってから聴き直すと、きっともっと心に染みるでしょう。慌ただしく過ぎていく毎日、家に帰ってただ眠るだけの毎日。そんなすばらしい日々を生きる人たちに、大きなエールを送ってくれる1曲です。
30代という、そろそろ自分のスタイルが決まってくるこの時期に、「これでいいんだ」「自分らしくていいんだ」、そう言って励ましてくれる歌を聴くと、迷わずまっすぐに、頑張っていける気がします。歌の力って本当にすごい!
大澤誉志幸「そして僕は途方に暮れる」ジャケット画像

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着