GReeeeN「遥か」ジャケット画像

GReeeeN「遥か」ジャケット画像

【20代向け】思わず歌詞に共感するこ
の5曲~男性アーティスト編

まだまだ元気いっぱいの20代は、未来を想像してわくわくして、大好きなことに夢中になって、自信に溢れて新たな一歩を踏み出す、そんなときかもしれません。ストライクに歌詞が心にヒットする、男性アーティストの曲をご紹介します。

■Queen「伝説のチャンピオン」

“And we'll keep on fighting till the end”
1977年に発表されたアルバムの中の1曲で、スポーツのテーマ曲として多く使われる有名な応援ソング。フレディ・マーキュリーの心に響くボーカルと力強いメロディも魅力です。「最後まで戦いつづける」、聴いているだけで勇気が湧いてくるような、そんな不思議な歌でもあります。世界中の誰もが、みんな一人一人がチャンピオンなのだと歌うこの曲は、世代をこえて愛されています。

■GReeeeN「遥か」

“だから今度は自分が 誰かを支えられるように”
映画「ROOKIES -卒業-」の主題歌にもなった曲。楽しく過ぎた学生時代が終わりそれぞれの道を歩いていく、親元を離れ一人立ちしていく、そんな旅立ちのときを歌った、応援ソングです。新しい一歩を踏み出すときに、ふと振り返り思い出すときに、背中を押して励ましてくれる、そんな1曲です。

■スピッツ「チェリー」

“想像した以上に騒がしい未来が僕を待ってる”
草野正宗の柔らかい歌声と未来を感じさせる明るいメロディが魅力的な1曲。歌詞が難解なことで知られるスピッツの楽曲は、聴く人がそれぞれ自分なりの解釈をしながら楽しむのが正解。自分がイメージする「チェリー」ワールドをぜひ楽しんでみてください。「曲がりくねった道を行く」という出だしの歌詞も秀逸です。

■FUNKY MONKEY BABYS「あとひとつ」

“あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来る”
くじけそうになったとき、夢をあきらめそうになったとき、ぜひ聴いてほしい1曲。あと一歩、あとほんのわずかの努力で夢が叶うかもしれない。そんな気持ちで、あきらめずに頑張ってほしいという応援ソングです。ファンモンは残念ながら解散してしまいまいしたが、たくさんの人に勇気を与えてくれた名曲です。

■SEKAI NO OWARI「Dragon Night」

“今宵 僕たちは友達のように歌うだろう”
ロマンチストだと言われようと何と言われようと、Fukaseワールドは最高!殺伐とした毎日に疲れたときに、セカオワの曲を聴くだけでまるで別の世界に連れて行ってくれます。「正義」がお互いを傷つけ争いを生む世界に、いつか未来に平和が訪れることへの祈りを込めた歌詞もすばらしい。
思いっきり青春、思いっきりナンバーワン、思いっきりロマンチック。いろんなことに夢中になれるこのときだからこそ聞いていほしい、全開な曲をご紹介しました。音楽の力を借りて、ますますパワフルに全力でGO!
GReeeeN「遥か」ジャケット画像

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」