10月25日@日比谷野外大音楽堂

10月25日@日比谷野外大音楽堂

フジファブリック、ツアー初日の野音
公演にて名曲を続々披露

フジファブリックが10月25日(日)、全国ツアー「フジファブリック HALL TOUR 2015 Hello!! BOYS & GIRLS」の初日公演を日比谷野外大音楽堂にて行なった。
このツアーは、6月に発売したミニアルバム『BOYS』と、今月リリースしたばかりのミニアルバム『GIRLS』を掲げて行なうツアーとなっており、日比谷野外大音楽堂を皮切りに、愛知県の日本特殊陶業市民会館フォレストホール、ベース加藤の出身地である石川県金沢市文化ホール、大阪オリックス劇場、そして11月29日(日)に東京のNHKホールでツアーファイナルを行なう。

日比谷野外大音楽堂でのライブは、デビュー2年目の2006年以来バンドとして実に9年振り、現在の3人体制となってからは初のライブというのもあり、ファンの注目度は高く、チケットは大勢の立ち見席も含め即完売となった。

晴天に見舞われたステージに、ギターボーカル・山内総一郎、キーボード・金澤ダイスケ、ベース・加藤慎一の3人が、サポートギターの名越由貴夫とドラム・BOBOと共に登場し、『BOYS』の表題曲「Green Bird」からスタート。新旧の名曲を演奏する中、9年前同じステージで演奏した「サボテンレコード」「モノノケハカランダ」をこの日だけのスペシャル楽曲として演奏。山内は「想い入れのあるステージなので、色んな想いが溢れます。グっときてます。」と感慨深く語った。

後半は寒さを吹き飛ばす勢いで会場を盛り上げ、本編最後を『GIRLS』収録の「Girl! Girl! Girl!」と「夜明け前」で締めくくった。アンコールでは、この日が誕生日の山内の誕生日という事で、山内が愛用している赤のストラトキャスターの形をしたケーキが登場。あたたかい拍手と、感動と興奮に包まれて、ツアー初日のステージは幕を閉じた。

photo by 河本悠貴

ミニアルバム『GIRLS』

2015年10月14日発売
【初回限定盤】(CD+オリジナルブランケット)
AICL2968-9/¥2,300+税
【通常盤】(CD)
AICL2970/¥1,850+税
<収録曲>
M1「夜明け前」
M2「Girl! Girl! Girl!」
M3「キノウ」
M4「裸足のバレリーナ」
M5「BABY」

■12インチアナログ盤『GIRLS』
2015年11月3日発売
¥2,750+税
※全国HMV・全国主要アナログ販売店にて販売
<収録曲>
■SideA
1.Girl! Girl! Girl! 
2.キノウ 
3.BABY
■SideB
1.裸足のバレリーナ 
2.夜明け前

「フジファブリック HALL TOUR 2015 
Hello!! BOYS & GIRLS」

11月08日(日)  愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール 
11月15日(日)  石川・金沢市文化ホール 
11月27日(金)  大阪・オリックス劇場 
11月29日(日)  東京・NHKホール 
※終了分は割愛
10月25日@日比谷野外大音楽堂
10月25日@日比谷野外大音楽堂
10月25日@日比谷野外大音楽堂
10月25日@日比谷野外大音楽堂
フジファブリック

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。