吉田山田

吉田山田

吉田山田、映画『ボクは坊さん。』主
題歌「Today,Tonight」を配信リリー

映画『ボクは坊さん。』(10月24日公開)の主題歌となる吉田山田の「Today,Tonight」が、9月30日(水)より配信リリースされることが決定した。
映画『ボクは坊さん。』は、栄福寺の住職・白川密成氏が実体験を生き生きとつづった「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気連載が原作。主人公・白方光円を演じるのは『ビリギャル』などでもお馴染の伊藤淳史。そして、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形など、個性的なキャストたちが脇を固める。

この原作を映画化するために『ALWAYS』シリーズのベテラン勢が結集し、真壁幸紀監督により映画化が実現した。今年は、高野山開創1200年という記念の年でもあり、お坊さんを主人公とした、笑って泣けて、心癒されるエンタテインメント作品である本作も注目を集めそうだ。

そんな同映画の世界観に吉田山田の書き下ろし楽曲「Today,Tonight」が華を添える。映画の予告映像が解禁されるや否や、楽曲のリリースを待ち望む声 が多数寄せられており、9月23日(水)27時から放送となった彼らのレギュラー番組『吉田山田のオールナイトニッポン0』内にて、楽曲の解禁と共に映画公開に先駆けて配信リリースされることが発表された。

また、吉田山田は11月1日から今年2度目となる全国ツアーを控えているが、そのサブタイトルも発表され、正式タイトルが『吉田山田ツアー2015冬~光と闇~』に決定した。“光と闇"という対照的な言葉からどのようなライヴになるのか期待感をそそられる。札幌、仙台公演は好評に付き、指定席が完売しているため、急遽立見チケットを発売中。

なお、「Today,Tonight」の配信リリースの発表とツアータイトルの決定に合わせて新ビジュアルが公開となった。木目をバックにどこか物憂げな表情の二人が印象的で、秋の季節を感じさせるビジュアルに仕上がっている。公式HPも一新されているのでぜひチェックを。

■映画『ボクは坊さん。』公式HP http://bosan.jp/

配信情報

「Today,Tonight」
2015年9月30日配信
iTunes、レコチョク、他にて配信

『吉田山田ツアー2015冬~光と闇~』

11月01日(日) 大阪・大阪シアターBRAVA ! 
11月08日(日) 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール 
11月22日(日) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA 
11月23日(月・祝) 福岡・ももちパレス
11月28日(土) 北海道・札幌PENNY LANE24 
12月12日(土) 宮城・仙台Rensa
12月13日(日) 新潟・新潟LOTS
12月19日(土) 東京・TOKYO DOME CITY HALL 

※11/28 北海道・札幌PENNY LANE24公演、12/12 宮城・仙台Rensa公演は好評のため、指定席完売につき立見チケットの追加販売が決定!
■料金
前売り¥5,000/当日¥5,500(共に全席指定、消費税込み、ドリンク代別)
※11/1 大阪シアターBRAVA ! 、11/8 愛知県芸術劇場、11/23 福岡ももちパレスはドリンク無し
※年齢制限:小学生以上有料、未就学児童無料(但し、座席が必要な場合はチケット必要)
■チケット一般発売
各種プレイガイドにて発売中
チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、CNプレイガイド
■企画/制作
日音/LIFE
吉田山田
配信シングル「Today,Tonight」

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着