8月25日@東京・新木場Studio Coast(Silent Siren)

8月25日@東京・新木場Studio Coast(Silent Siren)

Silent Siren、主催フェス「サイサイ
フェス2015」で大暴れ!

4人組ガールズバンドのSilent Sirenが、8月25日(火)に東京・新木場Studio Coastで主催フェス「サイサイフェス2015」を開催した。
“夏休み終盤の平日の昼間にも関わらずたくさんの人が集ってくれて嬉しいです”とリーダーのひなんちゅ(Dr)が笑顔で話すほど、たくさんの観客が集まったこの日。“仲が良いバンドやアーティストなど一緒にライブをしたかった方たちを呼んでいます。サイサイも凄く今日を楽しみにしていたので、みんなも最後まで全力で楽しみましょー!”とゆかるん(Key)が語ったように、この日はサイサイらしい豪華なラインナップとなった。

「サイサイフェス」は、MAINステージとTRUCKステージの2ステージ展開。TRUCKステージでは、サイサイのサポートギターでお馴染みのみっちーがミチルロンドとして登場し、オープニングを盛り上げる。MAINステージでは、phatmans after school片平里菜9nineパスピエという旬のアーティストたちが次々とステージを熱狂の渦に巻き込んでいく。そして、ステージ上にバンドのマスコットキャラクターであるサイサイくんが登場すると、会場が大歓声に包まれる。サイサイくんとしては、この日1番の見せ場だったが、次の瞬間、さのまるがすぅ(Vo&Gu)とともにステージに乱入! その流れから、緊急企画「サイサイくん VS さのまる かけっこ対決」に。この対決はさのまるに軍配が上がり、会場は大いに沸いた。

そして、このイベントのトリを飾るSilent Sirenがステージに上がる。大歓声の中、1曲目から8月5日にリリースしたばかりの「八月の夜」を披露。畳みかけるように夏の定番ソング「BANG!BANG!BANG!」で会場を完全にサイサイワールドに引き込む。すぅが“盛り上がっていますか? サイサイフェス!”と叫ぶ。続けて、“夏の最後にみんなに自慢出来るような思い出をここにいるみんなで作りましょう!”と語り、未発表曲の「ナンバーワン」へ。さらに「ぐるぐるワンダーランド」で満員の会場を一つにすると、「ビーサン」で会場の熱気は最高潮に。アンコールでは、サイサイくん、さのまるもステージにあがり大熱狂の「What show is it?」で主催フェスを締めくくった。

今後、Silent Sirenは秋の学園祭ツアーを経て、12月27日(日)にオリックス劇場、30日(水)に東京体育館で「Silent Siren 2015 年末スペシャルライブ 覚悟と挑戦」を開催する。このライヴについて、すぅは“うちらの未来がたくさん詰まったライブになります。タイトルの通り、うちらの覚悟を絶対に見に来て欲しいです”と意気込みを語り、年末スペシャルライヴに向けて2015年の残り4ヵ月も全力で駆け抜けることを約束してくれた。

「Silent Siren学園祭ツアー2015」

10月10日(土) 栃木 自治医科大学 第44回薬師祭
10月11日(日) 宮城 石巻専修大学 石鳳祭LIVE
10月18日(日) 新潟 新潟薬科大学 新薬祭2015

「Silent Siren 2015 年末スペシャルラ
イブ 覚悟と挑戦」

12月27日(日) 大阪 オリックス劇場
12月30日(水) 東京 東京体育館
8月25日@東京・新木場Studio Coast(Silent Siren)
8月25日@東京・新木場Studio Coast(Silent Siren)
8月25日@東京・新木場Studio Coast(Silent Siren)
8月25日@東京・新木場Studio Coast(Silent Siren)
8月25日@東京・新木場Studio Coast(Silent Siren)
8月25日@東京・新木場Studio Coast(パスピエ)
8月25日@東京・新木場Studio Coast(9nine)
8月25日@東京・新木場Studio Coast(片平里菜)
8月25日@東京・新木場Studio Coast(phatmans after school)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着