『星野源のひとりエッジ in 武道館』

『星野源のひとりエッジ in 武道館』

星野源、2度目の武道館ワンマンが大
盛況のうちに終了

この夏も野外フェスやイベントへの出演など精力的な活動を展開している星野源が、8月12・13日に日本武道館にて『星野源のひとりエッジ in 武道館』が開催された。
2014年に復活ライブを行なった日本武道館で、自身2度目となるワンマンは弾き語りを中心とした完全ソロライブ。センターステージで各日超満員の観客が360°ステージを取り囲む。1日13,000人、2日間で26,000人の動員! 「今もっともチケットが取れないアーティスト」といわれるとおり、チケットは即日ソールドアウトし、大争奪戦となった。

今回のライブは「BUDOKAN」(通常の弾き語りパート)、「ROOM」(星野の一人ぐらしの部屋をイメージしたステージセットが組まれたゆったりしたパート)、「RHYTHM」(ラジカセから流れるリズム、ステージ上に用意されたドラムをステージ上で簡易にレコーディングし、そのリズムとともにパフォーマンスをおこなうなど“リズム"を取り込んだパート)の3ブロックとアンコールにわかれており、単なる弾き語りとは一味もふた味も違う、エンターテイメント要素たっぷりのパフォーマンスで、両日とも、アンコールを含め、全23曲、3時間近いステージを展開した。

弾き語りスタイルながら、圧倒的な存在感とパフォーマンスで観客を魅了した星野源。途中途中で少しゆるくて、面白い、星野節全開のMCでも会場を盛り上げる。ひときわ盛り上がったのが、今年出演したROCK IN JAPAN FESでの大トリ、FUJI ROCK FESのGREEN STAGE(会場最大のステージ)などでも、恒例となった「“GEN"コール」。「せーの!」に合わせ、13,000人の「“GEN"コール」にステージ上で満面の笑みで大喜びするシーンも。

第二幕の「ROOM」パートでは「ひとりでさみしいなあ」とつぶやく星野にこたえるように、各日トークゲストがサプライズ登場、突然のゲスト初日はドラマでも共演経験もある、神木隆之介が登場、そして2日目にはイベントでの共演以来親交がある、Perfume・かしゆかさんが登場、どちらも仲のいい友人ということで、ステージ上で13,000人の前とは思えないようなまったりしたトークを展開。

本編終了後、アンコールが起こる中、ステージについに“あの男"、ニセ明が現れる。いつもどおり圧倒的(?)な世界観で「君は薔薇より美しい」を熱唱し会場を盛り上げる。その後、ステージ上でまさかの生着替えを敢行し、アンコールラストに「SUN」を披露。紙ふぶきが舞う中、今年の春夏を代表するこの楽曲で充実の2日間は大団円を迎えた。

【セットリスト】

-BUDOKAN-
M1. バイト
M2. ギャグ
M3. 化物
M4. ワークソング
M5. 地獄でなぜ悪い
M6. 透明少女
M7. Snow Men ※新曲
M8. フィルム
M9. Crazy Crazy
-ROOM-
M10. ばらばら
M11. くせのうた
M12. 営業
M13. くだらないの中に
M14. 老夫婦
M15. Night Troop
M16. レコードノイズ
- RHYTHM-
M17. マッドメン
M18. 海を掬う
M19. いち に さん
M20. 桜の森
M21. 夢の外へ
<ENCORE>
EN1.君は薔薇より美しい
EN2.SUN
『星野源のひとりエッジ in 武道館』
『星野源のひとりエッジ in 武道館』
『星野源のひとりエッジ in 武道館』

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」