(C)蟹江一平

(C)蟹江一平

【連載コラム】蟹江一平の今夜も歌っ
ていいですか?(第1夜)

music.jpのサイトをお楽しみの皆様、初めまして。私、蟹江一平と申します。こじらせ系2世俳優、蟹江一平がmusic.jpにやって参りました!

■「やや売れ俳優」

職業は、俳優です。ひとくちに俳優と言っても色々な呼称があったりします。
例えば…、演技派俳優、性格俳優、イケメン俳優、アクション俳優、などなど。僕の場合は「2世俳優」でしょうか。
うーん、悲しいかな「2世俳優」そう呼ばれることに正直、未だに違和感があるのです。
そりゃあ、確かに私は2世です。正真正銘、2世です。でもなんだろうね、だからどうしたの、って思うのです。もう仕方がないのでひとつのジャンルだと思っています。もしくは、出身地。「東京出身です」みたいに「2世出身です」っていう(笑)
プラス、最近は各局バラエティー番組からお声がけ頂き、昼間から深夜帯まで様々な番組に出演させて頂いています。なので「蟹江一平」と聞き「ああ、最近バラエティーでよく見かける2世俳優ね。」そんな印象をお持ちの方も多いでしょう。「俳優、っていうけど演技してるの見たことない」なんて声もよく聞きます。うーん、それって… どうなんでしょう(笑) 

つまり… 「やや売れ俳優だった」、これに尽きます!
色々な作品に参加してるんですが、世間様になかなか認知されないまま15年以上の時を過ごしてきたのです。しかも前述したように私は「2世俳優」、2世でありながらその2世人生をこじらせ続け悶々とし、それでも「ただひたすら撮影現場が好き」なだけで俳優業を続けて来たのですが結果的には「地下に埋もれ続けた2世俳優」でしかありませんでした…
経済的にも厳しくて、いくつものアルバイトをやりましたし、女性に食べさせてもらっていた時期もありました… そんな陽の目を浴びない、浴びる予定も全くなかった俳優人生、何度も辞めようと思いました。それでも辞めることが出来なかったのです。

なぜか… それは「根拠のない自信だけはあった」からなんです。
「大丈夫、俺はいつかこのやや売れ俳優地獄から抜け出し、世間に認知される!」そんな、ただひたすら何の根拠もない自信です(笑) 多くの男子たちが持っているであろう、「男の特権」とでも言うべき根拠のない自信… それだけを胸に秘めて、出口の全く見えない暗闇の中を歩んできました。長く、苦しい道のり… いわゆる「下積み期間」というやつです。
人間、15年以上くすぶり続けると悟りの境地にたどり着けるようで…(笑)、もう、ちょっとやそっとのことでは動揺もしませんし、当然、天狗にもなりません。「一寸先はやや売れ俳優地獄に逆戻り」、この言葉が常にアタマの片隅にあるのです。
やや売れ俳優がいかに地獄かは経験上、骨の髄まで染み込んでいますから常に冷静に現状を見つめ、いかに結果を出して行くか、ということだけを考えています。それはどの仕事でも同じだと思います。やはり原点にあるのは「誰かの為に仕事をする」という、この想いだけではないでしょうか…
そんな私、「こじらせ系2世俳優・蟹江一平」がmusic.jp でコラムをスタートさせます! ここまでなかなかに尺を取りましたが(笑)、本題に入りましょう。

■「なぜ俳優の私が、音楽というジャン
ルのコラムを書いているのか?」

実は、このコラムのお話を頂いた時に「蟹江さん、映画のコラムを書きませんか?」とのお誘いを受けたのですが、私、俳優でありながら映画をさっぱり見なくて「映画のことは未だによく分かりませんが、音楽のことなら分かります!」とお答えしたところ、その方が「それは… 逆に面白いですね」と私が音楽部門のコラムを書くことを快諾して下さったのです。
音楽… そう、私はとにかく、何はなくとも音楽がたまらなく好きなんですーー! 日がな一日、音楽のことばかり考えているのです。家にいると常に音楽をかけ聴いて、タブレットのYouTubeで色々なアーティストのPVやらライブ映像やらを見て感動し、気に入ったアーティストや曲を独自の解釈で分析する。そして覚えて歌う。時にギターの弾き語りで、時にカラオケで。
ここまでの作業は一人です。なので当然、一人カラオケです。僕の中でカラオケは基本「一人でやるもの」なんです。一人、黙々と歌いたい曲を歌う… 一人ですから何度も同じ曲を歌ってもいいんです。誰に気兼ねすることなく、一人なら歌いたい放題!これこそがカラオケの醍醐味ではないかと思っています。
最近、とある「歌の上手い芸能人ナンバーワンを決める番組」で優勝してしまったのですが、誰に披露するでもなく「ただ歌うのが好きだから」という理由だけで歌い続けていた結果、少なからず皆様の心の片隅にお届け出来る歌声を得ることが出来たのかもしれません…。
と、同時にその番組で歌わせて頂いた結果、とてつもない喜びとカタルシスを感じたのです!
多くの皆様に自分の歌声をお届け出来る幸せ、そして聴いて下さった方々の好意的なリアクション… 「俺が本当にやりたかったことはこれだぁ!」、素直にそう思いました。39歳にしてやっとたどり着けた「嘘偽りない本心」。むしろ、この歳までくすぶり続けたからこそたどり着けたのかもしれません。だからといってすぐにでもCDをパッケージして歌手活動スタート、とは行きません。芸能界、そんなに甘くはない…
大丈夫、分かりきっていますよぉ!(笑) でも自分の中にずっと昔に芽生え、育ててきた「愛すべき音楽への想いと探求心」、これが揺らぐことはもう、未来永劫ありません。
どんなカタチであれ、歌い続けて行きたいと思います。
…えっ、俳優ですよね って
ん~、ご想像にお任せします(笑)
ということでこれから1週間に1本、このmusic.jp にて私のコラムをお届けしていきますので皆様、どうぞ読んで頂けたらと思います! 

■蟹江一平プロフィール

蟹江一平 東京都出身、1976年生まれの39歳。
1999年NHK朝ドラ「すずらん」でデビュー。以後数々の映画、ドラマに出演するも15年以上もの間「やや売れ俳優」として地道に活動を続ける。2014年10月、CX系「アウト×デラックス」出演後、バラエティー番組に出演し始め「2015年、やや売れ俳優からじょじょ売れ俳優になり始めた」(本人談)。無類の音楽好きでカラオケ好き。夢は「CDを出して全国ツアーしたい!」とのこと、今後俳優業はどうなってしまうのかー?!
(C)蟹江一平

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着