7月19日@「JOIN ALIVE」

7月19日@「JOIN ALIVE」

Gacharic Spin、卒業を控えたありさ
最後の北海道ライヴ

全力エンターテイメントガールズバンドのGacharic Spinが7月19日、北海道で行われた野外音楽フェス『JOIN ALIVE』に出演! 7月26日の赤坂ブリッツ公演をもって卒業するパフォーマー2号ありさが出演する、北海道でのラストステージということもあり、開演前からファンの期待が高まっていた。
当日は曇り空だったが、Gacharic Spinの登場とともに晴れ間が広がりライヴがスタート。1曲目はライヴでも人気の高い「WINNER」。恒例のけんだまパフォーマンスは、パフォーマー1号のまいが見事決めて会場を湧かせた。

ベースのFチョッパーKOGAは「始まる前2列くらいしかお客さんがいなくてどうなることかと思ったよ! みんな冗談きつい!(笑)」と語り、ボーカル&キーボードのオレオレオナは「これからもっとビッグになって、来年は一番大きいステージに立ちたいね~」とMCした。

続いて演奏されたのは最新シングル「Don't Let Me Down」。サビの振り付けは、観客全員が参加し大合唱となった。続いて「今を生きてる」「赤裸ライアー」とGacharic Spinの代表曲ともいえる楽曲を披露。全力エンタメバンドに相応しいステージを魅せつけた。

最後の曲は「ダンガンビート」。会場中、タオルを振り回して盛り上がった。

北海道の地でも全力を見せつけたGacharic Spin。8月にサンフランシスコで行われる『J-POP SUMMIT』をはじめ、秋には待望のメジャー1stアルバムをリリース予定。秋のワンマンツアーファイナルではZepp Tokyo(11月29日)のワンマンライヴも決定している。

また、楽器チーム4人それぞれの教則映像もYoutube Gacharic Spin Channelにて公開された。こちらも合わせてチェックしてほしい。“全力"という名のアクセルを全開に加速するGacharic Spinに乞う期待!

【セットリスト】

1. WINNER
2. Don't Let Me Down
3. 今を生きてる
4. 赤裸ライアー
5. ダンガンビート

赤裸ライアー教則映像(short ver.)F
チョッパー KOGA編

赤裸ライアー教則映像(short ver.)は
な編

赤裸ライアー教則映像(short ver.)T
OMO-ZO編

赤裸ライアー教則映像(short ver.)オ
レオレオナ編

「赤裸ライアー」MV(Short ver.)

「ガチャガチャダンサーズ - 溶けない
CANDY」MV(Short ver.)

シングル「Don't Let Me Down」

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-830/¥1667+税
<収録曲>
■CD
1.Don't Let Me Down
2.TAMASHII
3.Don't Let Me Down-Instrumental-
4.TAMASHII-Instrumental-
■DVD
「Don't Let Me Down」(ミュージックビデオ&メイキング)

【通常盤】(CDのみ)
VICL-37053/¥1296+税
<収録曲>
1. Don't Let Me Down
2. TAMASHII
3. 夢喰いザメ
7月19日@「JOIN ALIVE」
7月19日@「JOIN ALIVE」
7月19日@「JOIN ALIVE」
7月19日@「JOIN ALIVE」
7月19日@「JOIN ALIVE」
7月19日@「JOIN ALIVE」
7月19日@「JOIN ALIVE」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着