7月5日@品川ステラボール

7月5日@品川ステラボール

cali≠gari、全国ツアー追加公演が大
盛況のうちに閉幕

cali≠gariの全国ツアー「セックスと噓とライヴハウス」の追加公演となる「セックスと噓とステラボール」が7月5日に品川ステラボールにて行なわれた。
品川ステラボールはcali≠gariにとって初の会場となる。サポートには、中西祐二(ドラム)、秦野猛(キーボード)、yukarie(SAX)という鉄壁の布陣で臨んだ。

場内が暗転しSEが流れ、歓声が一段と増す中、メンバーがステージに登場し「わるいやつら」でライヴがスタート。間髪入れずに「脳核テロル」へ。高速ビートにファンのボルテージも一気に上がる。研次郎の冴え渡るMCから「颯爽たる未来圏」とここまで来て一部のファンは気付き始めたが、アルバム『12』の曲順通りに進んでいる。9曲目の「バンバンバン」後に、アルバム『12』を1曲目から再現した初の試みだということをMC。「さよならだけが人生さ」で一度ステージを降りた。

ステージ上は、ガラッと変わってアコースティックセットになり「春の日」「わずらい」をしっとりと演奏。ツアーではアンコールで通常のバンドバージョンで演奏してきた「春の日」は別アレンジとなり貴重な選曲となった。

そして、「オーバーナイトハイキング」の暗闇に灯るライトが幻想的な雰囲気を醸し出しながら、終盤に向けて怒涛のセットリストが進む。最後は「クソバカゴミゲロ」で会場全体が一体となりコールアンドレスポンスを繰り返した。

アンコールは、本ツアーでは初の「ブルーフィルム」。代表曲の1つだけにファンは歓声で応えた。アンコール最後にツアータイトルにもなった「セックスと噓」を再びプレイし幕を閉じた。また次回ライヴが8月21日(金)新宿BLAZEで行なうことを発表。FC会員先行は7月6日0時から受付がスタートしている。

【セットリスト】

1. わるいやつら
2. 脳核テロル
3. 颯爽たる未来圏
4. セックスと噓
5. トゥナイトゥナイヤヤヤ
6. ギムレットには早すぎる
7. とある仮想と
8. 紅麗死異愛羅武勇
9. バンバンバン
10. フィラメント
11. あの人はもう来ない
12. さよならだけが人生さ
13. 春の日
14. わずらい
15. オーバーナイトハイキング
16. -踏-
17. 淫美まるでカオスな
18. マッキーナ
19. ゼリー
20. クソバカゴミゲロ
-アンコール-
21. ブルーフィルム
22. セックスと噓

『cali≠gari シリーズ街〝最後の宿題
〟@新宿BLAZE』

8月21日(金) 新宿BLAZE
OPEN 17:30 START 18:30
<チケット>
スタンディング:¥5,000(税込、ドリンク代別)
7月5日@品川ステラボール
cali≠gari

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着