Char

Char

Char、還暦の節目に十二支をテーマに
したニューアルバムをリリース

Charは今年の6月16日に還暦を迎える。はじめてギターを手にしてから約半世紀、正式デビューから約40年。この間、さまざまなバンドやレコーディングに取り組み、数多くの伝説を残してきた、文字どおり日本を代表するアーティストが、この節目にニューアルバムをリリースする。
「ROCK十」と題されたこのアニヴァーサリー・アルバムの最大の特徴は、幅広い世代の12人の大物アーティストと向きあう形で完成を目指したというもの。

ギタリスト、ソングライター、ヴォーカリストとしての、その長い活動をつうじてCharは、何度か、周囲の人たちから距離を置き、自らを見つめ直すことがあったという。だが、ともかく、音楽=ロックの中心人物の一人として歩みつづけ、間もなく満60年となるその人生は、干支一回り12年の繰り返しだとみることもできるだろう。英語圏ではDecade(10年)という区切りが一般的だが、Dozen(12個)という概念もあり、12はまた、音階やギターのフレットともつながる、重要な数字だ。

アルバム『ROCK十』は、その干支や12という数字をキーワードにつくり上げられていく。具体的には、Charがこれまでに関わってきたアーティストのなかから、それぞれの干支に一人という条件で12人を選び、曲づくりを依頼する。その際、内容に関するリクエストや相談は基本的になし。そして、詞・曲はもちろん、アレンジやサウンドの方向性、録音スタイル、スタジオ選びなど、プロデュース全般も、彼らに委ねる。

参加するアーティストは、泉谷しげる佐橋佳幸布袋寅泰ムッシュかまやつ、石田長生、奥田民生松任谷由実佐藤タイジJESSE福山雅治、宮藤官九郎、山崎まさよしといった錚々たる面々が揃っている。

6月15日には、『ROCK十』収録曲を中心にした記念コンサートも日本武道館で行なわれる予定で、こちらにも期待が高まる。

文:大友 博

アルバム『ROCK十』(ロック・プラス)

2015年5月22日(金)発売
ZRRP-R10/¥3,000(税抜)
<楽曲提供・プロデュース>
子 泉谷しげる
丑 佐橋佳幸
寅 布袋寅泰
卯 ムッシュかまやつ
辰 石田長生
巳 奥田民生
午 松任谷由実
未 佐藤タイジ
申 JESSE
酉 福山雅治
戌 宮藤官九郎
亥 山崎まさよし

『 ̶The 六十th Anniv- “ROCK 十”
CHAR LIVE IN 日本武道館』

6月15日(月) 日本武道館
Char

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着