ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聞きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマでふっと聞きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエによるもの。http://ms-kouza.jp
    今回のテーマは、「女にだって負けられない戦いがある!」です。試験・面接、初めての営業先…緊張をほぐすよりも、テンション上げてパワフルになりたい時に、聞きたい1曲をセレクトしました!!今日は、一世一代の勝負の日!!というアナタを盛り上げてくれる曲をどうぞ。

    P!nk; William Orbit / “Feel Good Ti
    me”

    自分が緊張している時に、「大丈夫!行って来いや!!」と男前な感じで送り出してくれそうな女性アーティストは誰だろう?と想像してみると、真っ先に浮かぶのが、やっぱりP!nk姐さんですよ。ブロンドのショートカットに、色気と強さを感じさせる露出度の高い服装。そして、パワフルなボーカルと確かな音楽性で、グラミー賞も受賞経験ありと、どこをとってもカッコ良すぎでしょ。

    さて、この曲は、2003年公開の「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」で使用された1曲。キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの3美女が敵をめちゃめちゃに倒す姿に、女子はパワーを貰える映画ですよね。70年代〜80年代を感じさせるポップなリズムと共に響くパワフルなP!ink姐さんの歌声に、背中を押してもらえそうです。
    (選曲:高橋 広恵、文:鈴木 健士)

    Lenny Kraviz / “Are You Gonna Go My
    Way”

    「プレゼン?面接?ガタガタ震えてないで、行っちゃいな!」と、強い気持ちにさせてくれるギターリフ!!駅やオフィスで聞いていると「Are you gonna go my way?」が「取引先も上司も面接官も、みんな私についてこいっ!」と、アナタの緊張を取り去ってくれる魔法の言葉になるはずです。

    同性に強く励まされる曲も良いものですが、良いオトコに思いっきりパワーを挿入されるのも悪くない♡やる気がグングンみなぎってくる感じです。パンチのある炭酸飲料をグハッ!!と飲んで、一発ゲップで闊歩すれば、もう向かうところ敵なし!
    強い女に変身できる一曲です。
    (選曲:和久井 直生子、文:鈴木 健士)

    Christina Aguilera / “Fighter”

    こちらも強さとセクシーを兼ね備えた、アメリカ人シンガーChristina Aguileraの曲。「逆境が私を賢く強くしたの、感謝するわ!」とヘビーなロックサウンドにのせて非常にパワフルに歌っています。心に抱えた痛みやネガティブな気持ちを、曲にする事で消化していた彼女の音楽を聞けば、思わず自分まで強くなった気分になれます。

    「いざ勝負!」という場面直前に聞けば、士気をグッと高めてくれること間違いなし。蝶のように舞い、蜂のように刺す、美しい ”ファイター” になれ!結果は、後から自然とついてくるものだ!!とChristina Aguileraから発破をかけられているような気分になります。
    (高原 千紘)

    Aretha Franklin / “Think (Feat.The
    Blues Brothers)”

    1942年生まれのアメリカ人ソウル歌手、 Aretha Franklin 御大に励まされれば、実力以上のものが発揮できること間違いなし。サビ部分の「Freedam!!」と歌い上げる Arethaにパワーをチャージされ、思わず両手を空に向かって伸ばしたくなります。男性の上司に反対された案だって隠し球で持っていくんですよ。隙あらば出しちゃいましょ。「Think!!」考えても見なさいよ。あんたさ、あたしがいなけりゃ何にも出来ないでしょ?

    1968年に発表された”Think”は、映画「ブルースブラザーズ」(1980年公開)でもセルフカバーをしているので、部分的にでも耳にしたことがある人も多いはずです。「きっと上手くいく」と、ママにハグをされているような気持ちになり、自信を持ってプレゼンでも面接でも臨めます。
    (鈴木 健士)

    安室奈美恵 feat. AI&土屋アンナ / “W
    onder Woman”

    このアーティスト名を目にしただけで、日本における女性アーティスト最強コラボだと確信。面接やプレゼンなど、否が応でも緊張してしまう場面に行く前には「とにかくテンションを上げたい!!」という方に、おススメです。

    10代の頃から、アムロちゃんの歌声を聞き続けている筆者からすれば、AI土屋アンナと少し下の世代のミュージシャンを引き連れて歌い抜くアムロちゃんの姿にメロメロ。存在感と個性の強い3アーティストですが、それぞれの個性がうまく絡み合い、聞けば確実にテンションを上げてくれます。イイ女が3人揃っていると、なんとなく子どもの頃にアニメで見た「キャッツ♡アイ」を思い浮かべてしまうのですが、本当に「キャッツ♡アイ」みたいに、ミッションも上手く成功できそうな気になる、そんな曲です。
    (高原 千紘)

    坂本冬美 / “あばれ太鼓”

    だって日本で生まれ育ったんですもの。日本のソウルミュージックを聞くと、自然と体が反応して、心が落ち着くものです。 そして、坂本冬美姐さんのこぶしと和太鼓の音色を聞けば、腹も据わるというものです。

    「どうせ死ぬときゃ裸じゃないか」という、歌いだしがたまりません。プレゼンや面接で命(たま)取られることはないんだから、と思うと、もう何も怖くないです。この曲、発表されたのは1990年と今から20年以上も前ですが、古さをまったく感じさせません。なんというか、人間の根幹みたいなものを悟る曲です。ソワソワ、ドキドキしている時こそ、演歌で地に足をつけて冷静に。演歌初体験という方にこそ、ぜひ聞いて欲しい1曲です。
    (高原 千紘)

    The Go! Team / “The Power Is On”

    イングランドのバンド「Go!Team」。ボーカル女性の名前がNinjaとは、また驚きの名前ですが、アップテンポなビートは、なんとなくロッキーのテーマにも通じるところがあり、テンションが上がっていきます。高らかに鳴り響くホーンの中で、ボーカルNinjaから繰り返される「Let's go!」という雄叫びを聞けば、この後に控える、プレゼンも試験も怖くない!性別も国籍もジャンルも年代も超えた音を鳴らす曲を聞けば、「かかってこいやー」と言いたくなります。まさに、闘争心をかき立てる曲です。自分を勇気づけたいときにおススメ。
    (楠木 智哉)

    TEMPURA KIDZ vs Charisma.com / “ミイ
    ラキラー”

    最近、巷でジワジワと話題になっている、Charisma.comTEMPURA KIDZ のコラボ楽曲。女子が女子を口撃する感じのDJ・MCの2人組 Charisma.comは今回、自分の意思をもたずに「ミイラ状態」の人を追い込んで行きます。「さっさと自分と戦え!」など、手厳しい歌詞に、闘争心を燃やさずにはいられません。さらに、音楽が最高にダンサブル。この音楽のテンポに合わせて、颯爽と闊歩すれば、周りの人が自然と道をあけてくれます。自分を追い込みながらも、ギアを一気に上げてやる気を爆発させたい時にオススメ。

    ちなみにCharisma.comは、今年のCDショップ大賞で関東ブロック賞受賞。 TEMPURA KIDZは、きゃりーぱみゅぱみゅの初代キッズダンサーとして活躍。両アーティストとも実力は折り紙つき。必聴です。
    (石井 由紀子)

    OK GO / “I Won’t Let You Down”

    「I Won’t Let You Down」で、「任せといて!」という意味。プレゼンや試験など、緊張しちゃう!!とネガティブに捉えるよりも、「オーケー、任しといて!!」とポジティブに捉えた方が、気持ちも上がっていい結果が得られるかも。日本で撮影したワンカットミュージッククリップが話題になっている、アメリカのバンド、OK GOの ”I Won’t Let You Down” は、80年代のPOPの雰囲気を醸し出す、何ともハッピーな曲です。曲だけを聴くだけでなく、ミュージッククリップも一緒に見ると、Perfumeが登場したり、電動一輪車に乗ったメンバーとダンサーが織りなす、パラソルパフォーマンスなど、もの凄い仕掛けに胸も弾みます。良い笑顔で、面接もプレゼンも臨めること間違いなし!
    (鈴木 健士)

    Janis Joplin / “Ball and Chain”

    27歳という短い生涯でありながら、今なお伝説として語り継がれるシンガー、 Janis Joplin。同じ女ならば、気合いを入れたい時には、彼女のパワーを借りない手はないのです。彼女の歌声から、媚びない群れないという信念を感じるので、プレゼンや面接など、自分をシッカリと主張する場面で、勇気をもらえます。youtubeの映像は、1967年にモントレー・ポップ・フェスティバルのもの。ここでのライブが評判を呼んで、 Janis Joplinは後世に語り継がれるアーティストになったのです。

    日の目を見ていなかった、若手シンガーがスターダムに駆け上がる瞬間を捉えた映像を見て、気合いをバッチリ注入してください。
    (佐藤 剛)
    editor:石井 由紀子
    出典:ミュージックソムリエ協会staff blog

    著者:ミュージックソムリエ協会

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    14コメント
    • 女にだって負けられない戦いがある! http://t.co/NNWjoeXZaV
    • RT @OKMusicOfficial: 女にだって負けられない戦いがある! http://t.co/mKZqX0BP1q #P!nk #ChristinaAguilera #LennyKravitz #ArethaFranklin #安室奈美恵 http://t.co/NWz…
    • RT @musiclover_inc: 高原千紘という名前でやってます…♪ “@musicsommelier: ミュージックソムリエが選ぶこんな時に聴きたい曲”女にだって負けられない戦いがある!” http://t.co/a8Mg2hRaUX http://t.co/ZEHRM…
    • RT @gosan5553: テンション上げてパワフルになりたい時に聞きたい曲、ぼくの場合は全曲がローリング・ストーンズになります。“@nobirumusic: 女にだって負けられない戦いがある! - 音楽ニュース http://t.co/WNkiKGl2Ho @OKMusic…
    • RT @musiclover_inc: 高原千紘という名前でやってます…♪ “@musicsommelier: ミュージックソムリエが選ぶこんな時に聴きたい曲”女にだって負けられない戦いがある!” http://t.co/a8Mg2hRaUX http://t.co/ZEHRM…
    • 高原千紘という名前でやってます…♪ “@musicsommelier: ミュージックソムリエが選ぶこんな時に聴きたい曲”女にだって負けられない戦いがある!” http://t.co/a8Mg2hRaUX http://t.co/ZEHRMDDMhY”
    • ミュージックソムリエが選ぶこんな時に聴きたい曲”女にだって負けられない戦いがある!” http://t.co/5VfKBAxlK0 http://t.co/eCtqIEOXit
    • テンション上げてパワフルになりたい時に聞きたい曲、ぼくの場合は全曲がローリング・ストーンズになります。“@nobirumusic: 女にだって負けられない戦いがある! - 音楽ニュース http://t.co/WNkiKGl2Ho @OKMusicOfficialさんから”
    • 女にだって負けられない戦いがある! - 音楽ニュース http://t.co/Q6lRMK6boT @OKMusicOfficialさんから
    • 本日より連載がスタート致しました!”こんな時に聴きたいこの曲”今週のシチュエーションは、『女にだって負けられない戦いがある!』 - 音楽ニュース http://t.co/Q6lRMK6boT @OKMusicOfficialさんから
    • 女にだって負けられない戦いがある! - 音楽ニュース http://t.co/Qhfidn19s6 @OKMusicOfficialさんから
    • RT @OKMusicOfficial: 女にだって負けられない戦いがある! http://t.co/mKZqX0BP1q #P!nk #ChristinaAguilera #LennyKravitz #ArethaFranklin #安室奈美恵 http://t.co/NWz…
    • RT @OKMusicOfficial: 女にだって負けられない戦いがある! http://t.co/mKZqX0BP1q #P!nk #ChristinaAguilera #LennyKravitz #ArethaFranklin #安室奈美恵 http://t.co/NWz…
    • 女にだって負けられない戦いがある! http://t.co/mKZqX0BP1q #P!nk #ChristinaAguilera #LennyKravitz #ArethaFranklin #安室奈美恵 http://t.co/NWzIkocNZi