『尼崎ストロベリー2024』開幕直前稽
古場レポートが到着、主演の真丸「初
演より磨かれている点は「笑い」」

3月2日(土)~4日(月)にあましんアルカイックホール・オクトにて上演される『尼崎ストロベリー2024』。インタビューを交えた稽古場レポートが到着したので紹介する。

落語作家の成海隼人が、自身の体験と母親をモデルに書き上げた小説作品の舞台化、尼崎を舞台にした『尼崎ストロベリー2024』が3月2日(土)~4日(月)尼崎の「あましんアルカイックホール・オクト」で上演される。本公演は、昨年3月に同じくアルカイックホール・オクトにて全3公演が上演され完売となった話題作の再演となる。今回は開幕直前の稽古場から、緊張と笑い、役者たちの葛藤と作品にかける想いを、主演の駿一を演じる真丸はじめ、オカン役の篠原真衣、駿一の相方役の井本涼太そして、駿一の幼馴染である美樹役の堀くるみ、駿一の彼女役の春名真依のインタビューも交えながらレポートする。
主人公は、お笑いマニアな母親から、たっぷりの愛情と笑いの英才教育を受けて育った高校生・駿一。親子2人で貧しいながらも幸せな生活を送るが、ある日母親がスキルス胃がんを患い、余命宣告を受けてしまう。がんに打ち勝つ手だてを探る中、元々人間の体内にあり、がん細胞を攻撃する「ナチュラルキラー(NK)細胞」の存在を知った駿一は、笑うことで活性化するといわれるNK細胞に望みをかけ「笑いのチカラでオカンを救う」ことを誓い友人と共に漫才コンテストに挑む-といったストーリー。初演からわずか1年での再演、キャストもほぼ同じということで稽古場の雰囲気はとても和やか。主演の真丸からは充実した稽古の手応えが感じられる。
真丸:本番が迫ってきて、全員の集中力がグッと上がってきている感じがします。シーンごとにお芝居を固めていく作業は粗方終わったので、今は全体を通して感情の動きを整理していく段階です。ずっとピリピリしているわけでもなく休憩中などは和やかで明るい稽古場なので、メリハリがあって凄く居心地が良い環境でお芝居をさせていただいます。
その一方で……
真丸:今回は、初演を超える作品をお届けしなければいけないという事にすごく悩まされました。初演通りにお芝居をしようとしても上手くいかないし、全く違うお芝居になってしまうと作品が壊れてしまう。作品の軸はブレる事なく、初演とはまた違った表現を生み出すというのがすごく難しかったです。
同じキャストとのわずか1年という短い期間を経ての再演の難しさを感じたという。真丸演じる駿一のオカン役の篠原真衣もそれは同じようで
篠原:一度作り上げたものをなぞらない。そこが難しくもあり、拘っている部分です。今回新たに生まれてくる気持ちや行動を大切にしています。誰かが投げた新しい気持ちを受け取ってキャッチボールしながら作ってこうと、みんな遠慮なく気づいたことは意見し合って確認しながら作っています。前回観ていただいた方にもちゃんと心に届けられるよう、初演にも増して注意しながら生きた心にこだわって演じています。
今回は稽古期間も短く、猛スピードで進んでいてあっという間に感じていますが、そんな中でもみんなでアイディア出しながら挑戦を重ねて、その時々の心の揺れ動きを感じつつ、丁寧に丁寧に作りあげている所です。「尼崎ストロベリー」の世界で紡いでいる日常を、この人たちはずっとこんな風にこの街で育ってきたんだなとみなさんに感じてもらえるように心がけています。その背景や距離感、温度感までも感じてもらえると嬉しいです。
1年ぶりに同じ作品を同じキャストで演じることの難しさをカンパニーが一体となって解決してゆく中で、堀くるみは新しい発見も多かったという。
堀:一年越しに台本を読んでみると、美樹ならここはこう動くんじゃないかな?とか、この台詞はこういう含みを持たせることもできるかな?とか、本当に細かいことなのですが自分なりにブラッシュアップして、美樹のキャラクターというか、お芝居のアプローチの仕方を少し変えています。再演なので、出演者同士の仲がより深まってナチュラルな会話ができていると思うのでそこにも注目してほしいです。
春名真依は1年ぶりに集まった稽古場では、カンパニーの"絆"、"一体感"を感じたという。
春名:キャストも続投の方が多く、稽古初日から沢山コミュニケーションがとれていて1年前に築いた座組の絆の強さを強く感じています。だからこそ感じられる会話のテンポ感は今回の魅力なのではないでしょうか!あとは新たな笑いのタネもあり、そこも見どころです!稽古場のいろんなところから笑い声が聞こえます。
真丸:初演より磨かれている点は、「笑い」の部分です。稽古がスタートした段階から、この部分は初演とは違ったアプローチをしてみようだったり、ここのセリフはもっと強く言ったほうが面白いんじゃないかなど、皆でディスカッションしながら作中の「笑い」の部分をブラッシュアップしています。面白いシーンが光ってこそ感動するシーンも光ってくると思うので、今回は「笑い」のシーンに注目して欲しいなと思います。
井本:自身が1年間ほぼ舞台出ずっぱりということもあり、前回のフレッシュさ、マコトの純粋さをだしていきたいです。真丸さんや堀くるみさんと1年ぶりにセリフを交わした瞬間に新しく生まれた感情やアプローチを怖がらずに、トライしています。間違えていたら、修正すればいいですし。初演は、僕は全員はじめましての状態だったので仲良くなるまでに時間を要しました。今回はみんな仲良しの状態からのスタートなのでまたあたらしい関係性もっと仲の良い4人組っていうのをお見せできると思います。初演では出来なかったもうひとつ〝踏み込んだ距離感〟そこに是非注目して頂きたいですね。
クラウドファンディングで、尼崎市在住の中高生200人を無料招待!
今回、舞台「尼崎ストロベリー」実行委員会は昨年秋に"次代の尼崎を背負う尼崎市在住の中高生たち"を無料招待すること目指して、クラウドファンディングを実施、200人の尼崎市在住の中高生たちを無料招待する。脚本・演出の木村淳は2回目となる舞台「尼崎ストロベリー」開幕を迎えて……
木村:この作品を今後も毎年、尼崎で上演し続けることで、【演劇】を通じて【地域】と【次世代の尼崎を担う若者たち】をつなぐ、きっかけにさえなれれば嬉しい。このキャストで上演する「尼崎ストロベリー」は今回で最後となります。沢山の愛と思いやりの詰まった作品をお客様にはお届け致します。
と作品への想いを語る。
このキャストでは最後の「尼崎ストロベリー」
真丸:本当に沢山の愛がこもった作品です。出演しているキャストはもちろん、関わってくださっている皆様がこの作品を愛しています。そんな愛情たっぷりの「あますと」。観劇後はきっと心がほっこりとするはずです。初演をご覧になられた方も、今回初めて観劇する方も「尼崎ストロベリー」の愛をいっぱいに受け取ってください。
篠原:主人公・駿一の周りにはいつも側に笑いがあって、笑いと一緒に生きて戦ってきた日々がある。一生懸命な駿一を取り巻く尼崎の景色は全てが愛おしくて、愛で溢れています。初演を観ていただいた方にもきっと、より深く尼崎ストロベリーの世界の愛おしさを感じてもらえるのではと思っています。尼崎ストロベリーの歴史はまだ始まったばかり。数年後はあなたが舞台に立っているかもしれないのです・・・なんて素敵なことでしょう。
井本:心があたたまる本当に素敵な作品です。"ぜったい笑って、きっと泣く" あなたの人生の中で、『見てよかった』そう思って頂ける作品です。僕もマコトとしてこの世界に生きられること、光栄です。ご期待以上をお届けしますよ!!!!おたのしみに。
堀:本番では、初演を観てくださった方にも、前よりパワーアップしてる!と思っていただける作品にきっとなると思います!もちろん初めて尼崎ストロベリーをご覧になる方にも、あたたかい気持ちになって帰っていただけるように、ここからまだまだブラッシュアップして稽古に励みます。舞台を観ることの楽しさを知るきっかけになるととても嬉しいです!
春名:ある県のある街のある場所で繰り広げられる"笑い"と"想い"の物語。観た後にふと、大好きな、大切な人に想いを伝えたくなる。そんな舞台になっています。この舞台を観た経験がきっとこの先の自分を支えてくれるはず。ぜひ劇場で体感してください!
劇中に溢れる笑いと、涙・・・上演時間2時間の間に何度も何度も観るものの感情がめまぐるしく変化する・・・”感情が忙しい!?”そんな青春群像劇!下町に暮らす人々が紡ぐ素敵な物語をぜひ劇場でご覧下さい。
チケットはイープラスにて販売中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着