東京演劇道場 第二回公演『わが町』
(構成・演出・翻訳:柴幸男)が開幕
。ワイルダーの原作、東京を舞台に作
品を立ち上げ

東京演劇道場の『わが町』が、2023年1月25日(水)に東京芸術劇場 シアターイーストで開幕した(2月8日まで上演)。この公演は、東京芸術劇場芸術監督・野田秀樹が様々な演劇人と出会うべく立ち上げた「東京演劇道場」の第二回公演。今回は、演出に劇団「ままごと」主宰の柴幸男を迎え、道場生のなかからオーディションで選んだメンバーとともに、ソーントン・ワイルダーの「わが町」を原作に、東京を舞台に作品を立ち上げた。
東京演劇道場 第二回公演『わが町』 (撮影:引地信彦)
東京演劇道場 第二回公演『わが町』 (撮影:引地信彦)
東京演劇道場は、2018年末に参加者の公募が行われ、下は8歳から上は70代後半まで、また沖縄から北海道まで全国津々浦々から、商業演劇や小劇団で活躍している俳優から演技未経験の人までさまざまな約1,700名の応募があった。書類選考の末、300名がオーディションに参加。野田秀樹のほかにノゾエ征爾、柴幸男、熊林弘高の演出家陣、黒田育世、井手茂太、近藤良平等振付家陣も立ち合い、60名あまりの演劇を志す面々が、道場生に選出された。さらに2021年には第二回のオーディションを実施。900件を超える応募の中から30名弱のメンバーが二期生として参加することとなった。
東京演劇道場 第二回公演『わが町』 (撮影:引地信彦)
東京演劇道場 第二回公演『わが町』 (撮影:引地信彦)
2020年に新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい始めたころ、東京芸術劇場は一時閉館。その夏、芸劇の再開公演として最初に行われたのが、東京演劇道場生による野田秀樹の代表作『赤鬼』だった。『赤鬼』は客席を半数に減らし、客席と舞台の間に飛沫防止の透明の仕切りを垂らし、感染症対策を周到に行った上で公演を行った。全4チームに分かれリレー上演した公演は連日満員となった。
東京演劇道場 第二回公演『わが町』 (撮影:引地信彦)
東京演劇道場 第二回公演『わが町』 (撮影:引地信彦)
今回、師範・野田秀樹のもとを離れて、道場生と作品を作るのは劇団「ままごと」の主宰・柴幸男。「その時、その場所で、その人たちとしかできない演劇」をテーマに創作し続ける柴幸男が今回テキストに選んだのはアメリカの劇作家ソーントン・ワイルダーの『わが町』だった。20世紀初頭のアメリカ合衆国での小さな町の物語が、「2023年の“東京”芸術劇場で、“東京”演劇道場生によって“東京”の物語に変身(メタモルフォーゼ)する……!」という。
東京演劇道場 第二回公演『わが町』 (撮影:引地信彦)
東京演劇道場 第二回公演『わが町』 (撮影:引地信彦)

<『わが町』あらすじ>
ニューハンプシャー州の小さな町に暮らすエミリーとジョージ。ふたりは善良な両親と近隣の人々に見守られて育ち、恋に落ちて、やがて結婚の日を迎えた。しかし幸せに満ちた九年の夫婦生活の後、エミリーの身には…。人の一生を超越する時の流れのなかで、市民たちのリアルな生の断片を巧みに描きだし、ありふれた日常生活のかけがえのない価値を問う。演劇界に燦然たる足跡を残した巨匠の代表作。ピュリッツァー賞受賞。

【柴 幸男 (しば ゆきお) プロフィール】
1982年生まれ、愛知県出身。「青年団」演出部。「多摩美術大学」専任講師、「四国学院大学」非常勤講師。劇場から船上まで、学芸会から工場見学まで、場所や形態を問わない演劇活動を全国各地で行う。近年は、横浜や小豆島、台湾などに長期滞在し、地域に根ざした演劇作品を継続的に上演している。2010年に『わが星』で第54回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年より『戯曲公開プロジェクト』を開始。戯曲を無料で公開し多くの上演機会を設けている。
劇団HP:https://mamagoto.org/
柴幸男 (撮影:源賀津己)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着