1月21日(土)&22日(日)@さいたまスーパーアリーナ

1月21日(土)&22日(日)@さいたまスーパーアリーナ

水樹奈々、
合計45,000人を動員した
さいたまスーパーアリーナ2デイズの
レポートが到着

声優アーティストの水樹奈々が、1月21日(土)と22日(日)、さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)で『NANA MIZUKI LIVE HEROES 2023』を開催した。「HEROES」というライブタイトルにふさわしく、水樹が声優として演じてきたヒーロー、ヒロインたちが出演するアニメ主題歌や挿入歌を中心に、代表曲等を多数披露。1日目を「LIGHTNING MODE」、2日目を「BLADE MODE」と題し、それぞれのテーマに沿い異なる内容で行われたライブ両日の見所をレポートする。

アメコミをイメージした今回のセット。左右にはマンガのコマ割りが描かれ、その中央にはポップにデフォルメされた都会のランドマークがいくつもそびえ立っている。オープニングムービーが始まると、“HEROES SHOP”で手に入れたペンを手に、スケッチブックを広げて独特なヒーロー像をスケッチする水樹画伯の姿が。完成した絵から凄まじい光が放たれると、“077”とロゴのついた一番高いビルの屋上に、水樹奈々が登場! 「『LIVE HEROES 2023』、思い切り楽しんでいきましょう!」と呼びかけ、ライブは『innocent starter』からスタートした。

1月21日(土)公演は、アニメ「魔法少女リリカルなのは」で水樹演じるフェイト・テスタロッサが電撃を扱うキャラクターであることから「LIGHTNING MODE」と題し、同アニメの関連楽曲を中心に、雷をイメージする歌詞やキャラクターが出てくる楽曲で構成。この日のテーマカラーであり、フェイトカラーでもある黄色をメインにした衣装でステージに舞い降りると『BRAVE PHOENIX』『PHANTOM MINDS』と“なのは曲”を3連続で披露、23,000人のファンを沸かせた。

「私のホームであるさいたまスーパーアリーナで、皆さんと年明け最高のスタートができて幸せだよー!」と満面の笑みで喜びの声をあげた水樹。勢いそのままに『SECRET AMBITION』、ライブ披露は珍しい『迷宮バタフライ-diverse-』、そして『天空のカナリア』を凛々しく、そして艶めく歌声でドラマティックに歌い上げていった。

バンドメンバー・Cherry Boysのコーナーを挟み、『Mr.Bunny!』ではキュートなウサ耳姿で花道に登場した水樹。ダンサーのteam YO-DAと飛び跳ねるようにセンターステージへ移動。続く『Angel Blossom』では軽やかな歌声に合わせて客席のペンライトもピンクで染まり、一足早い春の訪れを感じさせた。そこからガラリと空気を変えて『Take a shot』などハードなダンスナンバーを展開。キレのあるダンスと歌で観客を圧倒した。MCコーナーでは、ウサ耳をつけるかどうか最後まで迷ったものの、2011年、前回の卯年に行われた『LIVE CASTLE』にてウサ耳で踊った際に「次にウサ耳をつけるのは干支が一周したら」とMCで話した約束を守ったのだそう。その心意気にファンから拍手が起こると「次は12年後…?」という水樹に、さらに大きな拍手が送られる。すると「12年後も見たい!? ドン引きしないでよ〜!」と笑わせた。

本編中盤のSHORT MOVIEでは、“HERO NANA”に扮した水樹が激しいアクションを繰り広げ、敵と戦うという内容に。オープニングで水樹画伯がスケッチブックに描いたヒーローが、実際の世界に飛び出したのだ。見事、敵に打ち勝ち戦いを終えたHERO NANAは、『FEARLESS HERO』を歌いながら我々の元へフライングで凱旋! 高さ12m、ステージ上空を右へ左へと飛び回り、「みんなありがとう!」と叫んだ。Cherry Boys新加入メンバーの設楽博臣氏によるギターソロがうなりをあげた『WILD EYES』からライブは後半戦に突入。バンドとのセッションも熱を帯びていく。水樹も「まだまだ帰しませんよ? 思い切り飛ばしていくぜ!」と観客を煽り、『GET BACK』『Destiny's Prelude』と、胸を鼓舞するパワフルな楽曲を次々と熱唱。『Don't be long』の最後には水樹のハイパーロングトーンVS サックスのタイマンバトルも飛び出し、会場を熱くさせた。

「みんなとのパワー交換が楽し過ぎて、羽が生えて自力でも飛べそうな気分です(笑)」とライブの高揚感を伝えた水樹。最後の曲を前に、改めて会場に集まったファンに感謝を告げた。「これからもみんなで新しい扉、未知なる扉をいっぱい開いて、楽しいことをやっていきましょう。永遠の炎をみんなで飛ばしてください!」という熱いメッセージから始まった曲は『ETERNAL BLAZE』。オレンジ色のペンライトを振り上げ、水樹にパワーを送る観客。一体感溢れる空間が生まれていた。

アンコールでは、ツアーTシャツに着替えた水樹。フロートに乗りファンとの交流を楽しんだ後、メインステージに戻って次の曲へ…行くかと思いきや、突然ドラムの音が鳴り出し、バンドメンバーの演奏・歌唱によるバースデーソングに乗せて水樹の誕生日を祝うケーキが登場! 「本編になかったから完全に油断してた〜!(笑)」と目を丸くする水樹に、サプライズが成功したメンバーとファンは大盛り上がり。ロウソクを吹き消し「最高の1年にするぞー!」と叫んだ。そして、この日歌唱した楽曲たちを生み出したアニメ作品の話題にも触れ、「また、なのはたちに会いたいよね!」と、ファンと共に愛すべきキャラクターたちに思いを馳せながら、ライブ1日目は『BRIGHT STREAM』『Pray』を歌い上げ、幕を閉じた。

1月22日(日)公演は、アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」で水樹演じる風鳴翼が剣を武器に戦うキャラクターであることから「BLADE MODE」と題し、同アニメの関連楽曲を中心に、剣をモチーフにした歌詞やキャラクターが出てくる楽曲で構成。この日のテーマカラーは翼のイメージカラーである青色。オープニングムービーが流れ、22,000人の観客で埋め尽くされた客席がブルーのペンライトで染まった瞬間、ステージに登場した水樹の絶唱から始まる『TESTAMENT』でライブがスタート! 淑やかに始まった「LIGHTNING MODE」とは対照的に、最初からハードモードの「BLADE MODE」。観客も一瞬にして闘志を上げたのがわかった。風鳴翼を彷彿とさせる青い衣装を身にまとった水樹は『FINAL COMMANDER』でステージの端まで猛ダッシュ。息を整えることもなく『Exterminate』のイントロではアカペラを響かせ、「いくぜ!」と観客を煽っていく。「えらい日に来ちゃった〜と思っている人、いっぱいいると思うけど、こんな感じで今日は“攻め攻め”だよー!(笑)」と全曲絶唱必至であることを宣言。挨拶を挟んだ後も、冒頭の熱が冷めることのないまま『METRO BAROQUE』『嘆きの華』『Heart-shaped chant』と、それぞれに強い世界観を持った楽曲たちを、絵本をめくるかのように歌い紡いでいった。

続いて1日目と同様に歌詞の一部や水樹にまつわるワードがプリントされたモノトーンの衣装にウサ耳をつけた水樹が、花道に出現。team YO-DAと一緒に『JET PARK』など元気いっぱいの2曲でガールズパワーをアピール! 続く『PRIDE OF GLORY』では、ステージ中央にある、ファッションビルの巨大ビジョンを模したセットに立ち、激しさの中に色香溢れるダンスを魅せる。そこからノンストップで『恋の抑止力 -type EXCITER-』に突入し、切ない恋心をダンスとともにパワフルに歌い上げ観客を沸かせた。

怒涛の7連続歌唱を終え、「いい汗かいていますかー!?」とスッキリした表情の水樹。Cherry Boysとの楽しいトークの後は、本公演唯一のバラードゾーンへ。最新アルバム『DELIGHTED REVIVER』に収録されているロックバラードで暗闇に包まれた世界にも必ず光は射す…という水樹の強い祈りが感じられるナンバー『ストラトスフィア』、そして自身のバースデーにリリースされた水樹の代表曲『深愛』。生きる力、愛する力が未来へと繋がっていくと教えてくれるような2曲だった。

LIVE HEROESを象徴する今回のショートムービー。じつは2DAY共にゲストヒーローが登場している。「LIGHTNING MODE」には「魔法少女リリカルなのは」で共演した声優・植田佳奈が“ウエダカンヌ”に、「BLADE MODE」には三木眞一郎が“ミキジルシィー”に、それぞれ変身。ピンチのHERO NANAを救うため、2人ともユーモラスな必殺技を繰り出すが、あっけなく倒されてしまう。だが仲間を傷つけられた怒りからHERO NANAがパワーアップ。光り輝くブレードでBLACK BOSSを倒す…という胸アツ展開となった。両日ともにムービーが終わると、会場にはヒーローたちを讃える拍手が巻き起こった。

後半戦最初の曲は、HERO NANAとBLACK BOSSを融合させた赤と黒の衣装に身を包んだ、水樹の華麗なるフライングからスタート。バックのスクリーンには夜景が映り、本当に都会の空を飛んでいるよう! そして炎揺らめくステージに勇ましく舞い降り『純潔パラドックス』を歌い上げた。

ここで「HEROES」というテーマに合わせてアメコミ風のセットにしたことや、真冬の埠頭でロケを敢行したというショートムービーの撮影裏話など、短いMCを挟み、いよいよライブはクライマックスへ。水樹が「心の中で全力絶唱、いいですか!? OK、みんなでぶっ飛ばしていくぜ!」と叫んだのを合図に『Vitalization』がスタート。Cherry Boysの放つ、突き刺すようなサウンドを味わうかのように、優雅に歌い上げる水樹。一転、『革命デュアリズム』では挑発するようなボーカルを聴かせ、観客もそれに食らいついていく。その熱気を受け止めセンターステージに立ち、髪を振り乱しながら『METANOIA』を歌う姿に、会場も激しく揺れた。ファンからありったけの気合いを注入された水樹は『Synchrogazer』を絶唱! 全てのエネルギーを放出し、「ありがとうございました!」と感謝を告げると、颯爽とステージを後にした。

アンコールを求める拍手に応えた水樹が、円形フロートに乗り、青い光が広がるアリーナ通路に登場。『ミラクル☆フライト』『POP MASTER』を歌いながらフロートの中で飛び跳ね、ファンとハンドサインを交わしていく。ステージに戻り、先ほどまでの熱を冷ますような『Crystal Letter』で透明感のある歌声を聴かせると、「もう2回公演ぐらいできますね(笑)」とニッコリ。この力の源は、ファンからもらうパワーに他ならないという。

 「みんなといると、すごいエネルギーが湧いてきて、私をどんどん最強にしてくれるの。みなさんが、私のヒーローです!」

 この2DAYSを振り返り、数々の素敵な物語やキャラクター、そこから生まれた楽曲を通して、たくさんの出会いが生まれたことを、改めて奇跡と感じたという水樹。「これからもみんなで夢のような時間をたくさん作っていきましょう!」と話すとここで水樹から、夏のライブツアーを開催することが発表された。7月2日(日)の青森・盛運輸アリーナを皮切りに、9月1日(金)〜9月3日(日)東京・有明アリーナ3DAYSのツアーになるとのこと。「今年の夏もみんなにいっぱい会えるよー!」と万歳三唱をし、会場が喜びの拍手に包まれた。

「たくさんのヒーローたちと過ごせたこと、一生忘れません。これからも楽しいこと、笑顔になれること、一緒にやっていこうね! 最後の心の絶唱、みんなの魂の歌、聴かせてくれ!」

ラストナンバー『Glorious Break』を歌い上げると、ステージから生声で「最高の2日間をありがとうございました!」とコール。そして「2023年も水樹奈々にかかってこーーい!」と、キラキラの笑顔で終演となった。

【セットリスト】
■1月21日(土)-LIGHTNING MODE-
1.innocent starter
2.BRAVE PHOENIX
3.PHANTOM MINDS
4.SECRET AMBITION
5.迷宮バタフライ ―diverse―
6.天空のカナリア
7.Mr.Bunny!
8.Angel Blossom
9.PRIDE OF GLORY
10.Take a shot
11.ストラトスフィア
12.深愛
13.FEARLESS HERO
14.WILD EYES
15.GET BACK
16.Destiny's Prelude
17.Don't be long
18.ETERNAL BLAZE
19.ミラクル☆フライト
20.POP MASTER
21.BRIGHT STREAM
22.Pray

■1月22日(日)-BLADE MODE-
1.TESTAMENT
2.FINAL COMMANDER
3.Exterminate
4.METRO BAROQUE
5.嘆きの華
6.Heart-shaped chant
7.Mr.Bunny!
8.JET PARK
9.PRIDE OF GLORY
10.恋の抑止力-type EXCITER-
11.ストラトスフィア
12.深愛
13.FEARLESS HERO
14.純潔パラドックス
15.Vitalization
16.革命デュアリズム
17.METANOIA
18.Synchrogazer
19.ミラクル☆フライト
20.POP MASTER
21.Crystal Letter
22.Glorious Break

【ライブ情報】

★2023年夏のライブツアー開催決定!
7月02日(日)【青森】盛運輸アリーナ(青森県営スケート場)
[開場]14:30 / [開演]16:00
7月08日(土)【大阪】大阪城ホール
[開場]16:00 / [開演]18:00
7月09日(日)【大阪】大阪城ホール
[開場]14:00 / [開演]16:00
7月22日(土) 【福島】いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
[開場]17:00 / [開演]18:00
7月23日(日)【福島】いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
[開場]15:00 / [開演]16:00
7月30日(日)【熊本】熊本城ホール メインホール
[開場]17:00 / [開演]18:00
8月12日(土)【愛知】日本ガイシホール
[開場]17:00 / [開演]18:00
8月13日(日)【愛知】日本ガイシホール
[開場]15:00 / [開演]16:00
8月20日(日)【石川】金沢歌劇座
[開場]16:00 / [開演]17:00
9月01日(金)【東京】有明アリーナ
[開場]16:00 / [開演]18:00
9月02日(土)【東京】有明アリーナ
[開場]15:00 / [開演]17:00
9月03日(日)【東京】有明アリーナ
[開場]15:00 / [開演]17:00

※開場開演時間は変更になる可能性がございます。
※その他詳細は随時当サイトにて更新いたします。
※本公演のファンクラブ会員先行優先予約受付を予定しております。
詳細につきましては、決まり次第お知らせいたします。

1月21日(土)@さいたまスーパーアリーナ
1月21日(土)@さいたまスーパーアリーナ
1月21日(土)@さいたまスーパーアリーナ
1月21日(土)@さいたまスーパーアリーナ
1月21日(土)@さいたまスーパーアリーナ
1月22日(日)@さいたまスーパーアリーナ
1月22日(日)@さいたまスーパーアリーナ
1月22日(日)@さいたまスーパーアリーナ
1月22日(日)@さいたまスーパーアリーナ
1月22日(日)@さいたまスーパーアリーナ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着