『ヒプノシスマイク』ディビジョン別
ライブ 『ナゴヤ・ディビジョン公演
』DAY2レポートとステージ写真が到着

2022年9月3日から2023年1月まで全国各地で行われるディビジョン別『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-8th LIVE 《CONNECT THE LINE》』から、11月26日、27日の2日間にわたって行われた、ナゴヤ・ディビジョン“Bad Ass Temple”のライブ『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 8th LIVE ≪CONNECT THE LINE≫ to Bad Ass Temple』Day2の公式レポートとステージ写真が到着した。
以下、紹介する。
ナゴヤ・ディビジョン“Bad Ass Temple”ライブDAY2公式レポート
オーディエンスの手にするサイリウムやリングライトなどで、Bad Ass Templeのディビジョンカラー一色に染まった名古屋国際会議場(センチュリーホール)の客席。そしてステージにはヒプマイのバックDJを務めるDJ U-ICHIHOME MADE 家族)が登場。ヒプマイ楽曲のDJミックスに続いて、ヒプマイの専属ライブダンスチームであるディビジョン・ダンス・バトルのダンスパフォーマンスが披露され、その期待と熱気を高めていく。
そしてステージにはBad Ass Templeのメンバーである波羅夷空却役の葉山翔太、四十物十四役の榊原優希、天国獄役の竹内栄治が登場し、大きな拍手に包まれる中、ライブは「Survival of the Illest +」や「Glory or Dust」など、ヒプマイのメインキャスト18名による楽曲のBad Ass Templeバージョンがメドレーで披露され、リスナーにもこの日がナゴヤのソロライブであることを強く意識させる。
Photo by: 粂井健太
Photo by: 粂井健太
Photo by: 粂井健太
葉山の「今日も紫雲が立ってんな!」というシャウトから、「でらすげぇ宴」「R.I.P.」とディビジョンのソロ楽曲を披露する3人。そしてMCではそれぞれが演じるキャラクターと、自身の地声を織り交ぜた言葉で会場、配信、ライビビューイングのオーディエンスに挨拶をした。

そのままライブは、メンバーがソロを取るパートに展開。名古屋を拠点にするHOME MADE家族のKUROが作詞を手掛けた獄のソロ「One and Two, and Law」では、Bad Ass Templeのメンバー3人がボックスやツイストのステップを踏むキャッチーさと、竹内のハードなラップと歌詞の両側面で見せる。ロッキッシュな楽曲を、マイクスタンドを立てた榊原がエモーショナルに歌い上げる「月光陰 -Moonlight Shadow-」は、十四の繊細さがよく現れていた。そして名古屋から登場し、日本のラップシーンで20年以上に渡って活躍するSEAMOが作詞を手掛ける空却の「Young Gun of The Sun」は、ミクスチャー的な楽曲を明るくパフォーマンスする葉山によって、会場は強い一体感に包まれた。
Photo by: 粂井健太
Photo by: 粂井健太
DJ U-ICHIのBad Ass Temple楽曲DJミックスとディビジョン・ダンス・バトルのショーケースに続き、ゲストライブには「開眼」の作詞を手掛けたアフロと、ギターのUKによるデュオ:MOROHAが登場。「革命」では「俺もそう思うよ、十四。諦めない!革命起こす幕開けの夜!」と、この日のライブならではの言葉を込めパフォーマンス。
Photo by: 粂井健太
MCでは「このヒプマイの世界をもっと知りたいと思って、一人でコラボカフェに行った」と話すアフロ。その中で感じた手応えや感情を伝えるメッセージには、ファンから大きな拍手が上がった。そして家族への思いを歌った「ネクター」でMOROHAのライブは閉じられた。その圧倒的な熱量の強さと人の心を動かす力は、落涙しながら登場した葉山の姿からも感じとれたことだろう。
そしてDay2限定の特別アレンジとして、DJ U-ICHIのスクラッチが織り交ぜられた「SUMMIT OF DIVISION」、Day1のゲストとして登場したnobodyknows+が制作に加わった「Bad Ass Temple Funky Sounds」に続き、アフロが口上を述べ始まった、この日に向けての特別な構成となった「開眼」が披露され、オーディエンスの心がわし掴みにされる。
Photo by: 粂井健太
Photo by: 粂井健太
Photo by: 粂井健太
アフロを交えたMCでは作曲の池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)への呼びかけや、楽曲への感動をアフロに伝えるBad Ass Templeメンバー。そして「3年前の今日、Bad Ass Templeの「Bad Ass Temple Funky Sounds」がリリースされました。その日に名古屋でライブができるなんて、本当にすごいこと」と、その驚きと感謝を竹内が伝え、会場からは祝福の拍手があがる。
そして「Hoodstar +」「CROSS A LINE」など、4曲をメドレーで披露したBad Ass Temple。熱気冷めやらぬオーディエンスに、「え、終わるの?嫌だ!そう思っちゃうぐらい最高の時間でした。ありがとうございました(榊原)」「皆さんのヒプマイ愛を感じた2日間でした。胸がいっぱいです。これからも変わらず愛してください(竹内)」「これからもヒプマイは続いていきますし、皆さんの心に潤いや、大切なものを共有することができれば嬉しいです(葉山)」とメッセージし、ステージをあとにしたBad Ass Temple。
「ここ名古屋だもんで味が濃いの強いのは当然」という「Bad Ass Temple Funky Sounds」の歌詞通り、それぞれの強烈なキャラクターと声のカラーを、希釈せずにそのままオーディエンスに味あわせるような強烈でパワフルなライブは、こうして幕を閉じた。
Text by: 高木"JET"晋一郎
ディビジョン別ライブはまだ続く。12月と1月にはイケブクロ・ディビジョンとシブヤ・ディビジョンが群馬で公演を開催する。これまでのライブは配信でチェックできるほか、ライブ当日は映画館でのライブビューイングも開催されるのでチェックしてほしい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着