大橋純子の迫力と
美乃家セントラル・ステイションの
バンドらしいアンサンブルが
拮抗した名盤『RAINBOW』

『RAINBOW』('77)/大橋純子 & 美乃家セントラル・ステイション

『RAINBOW』('77)/大橋純子 & 美乃家セントラル・ステイション

大橋純子が1988年に発表した12thアルバム『DEF』がクリアブルーヴァイナル仕様の完全生産限定アナログレコードで日11月3日に発売される。シティポップが国内外で注目を集める中、大橋純子というシンガーもそのカテゴリーで語られるべき伝説的シンガー。その『DEF』は11月23日にCDでの再発も決まっており、今以上に再注目される予感があるということで、当コラムでも大橋純子作品を取り上げてみたい。その『DEF』の紹介でも良かったのだが、デビュー3作目にしてバンドでのレコーディングとなった大橋純子&美乃家セントラル・ステイション名義の『RAINBOW』とした。その理由は本文で述べているので是非確認していただきたいが、今聴いても瑞々しさを感じる1970年代邦楽名盤のひとつであることはここでも強調しておきたい。

念願のバンド結成からのアルバム制作

大橋純子と聞いて多くの人が思い浮かべるのは「たそがれマイ・ラブ」(1978年)や「シルエット・ロマンス」(1981年)だろうか。あるいは、もんたよしのりとのデュエット「夏女ソニア」(1983年)が印象に残っている人もいるかもしれない。1974年デビューということは、彼女は今年48周年。シングルもアルバムもともに30を超える作品を世に出しているわけで(カバーアルバムを含む)、リスナーそれぞれに思い浮かべる楽曲があるとは思う。いわゆるヒット曲という観点で言えば、とりわけ『ザ・ベストテン』直撃世代には上記がいい頃合いだろう。

しかしながら、それら以前の大橋純子 & 美乃家セントラル・ステイションの存在も決して忘れてはならない。ソロシンガー、大橋純子の存在も偉大なら、そのバックバンドを務めた美乃家セントラル・ステイション(以下、美乃家SS)もまた偉大だ。ともに音楽史に名を残すアーティストである。正直に白状すると、筆者もそのバンド名と代表曲のひとつ「シンプル・ラブ」を辛うじて知っていた程度であって、ほんの先ほどまで、それは彼女の最初期のスタイルだったのだろう…くらいに高を括っていた。今となってはそれを恥じるばかりである。本稿作成を通して、美乃家SSと本作『RAINBOW』、そして改めて大橋純子の素晴らしさを痛感しているところだ。

美乃家SSは当初こそ、大橋純子がライヴハウスや学園祭へ出演する際にその演奏を務めた字義通りのバックバンドであり、その後も名義は“大橋純子 & ~”とはなってはいたものの、彼女はいちメンバーであるという真の意味でのバンドではあったという。ライヴを通してその音や方向性を固めていったと言い、活動もかなり活発だったようだ。ちなみに、結成された1976年からすでに大学生を中心にその存在が知れ渡り、その秋に彼女は学園祭の女王と呼ばれたそうである。その後もこの称号を戴く女性アーティストは数多く登場しているが、その初代は自分であると彼女自身は自負している。

美乃家SSが単なるバックバンドではなかったことは大橋純子自身も認めている。『大橋純子Official site』のAlbum Discographyでの『RAINBOW』の解説のこんな文章があるので引用させてもらう。
[「大橋純子& 美乃家セントラル・ステイション」としての活動が浸透し、世の中に認知され出した頃。暇さえあればリハーサルをしていました。カバー曲を増やすこと、その合間にマー坊(土屋昌巳)が積極的にオリジナルを書いて来て練習、まとまったら次のライヴでやってみる。徐々にバック・バンドからバンドそのものの存在までもアピールしだしました。インストものや歌ものなどマー坊の過激な色が加わって個性がより際立ち、他と差別化されるようになりました。次のアルバムの制作には是非バンドでレコーディングしたいと申し出たのは当然の成りゆきでした。念願のバンドを持ち、次にバンドでレコーディングする事。私の理想が現実になって行く絶頂の時でした。こんなメンバーが私の周りにいる事が誇りでしたから。レコーディングは全員リキが入りましたよ。(続く)]。
当時の彼女自身の歓喜をうかがわせる内容である。もともと洋楽指向であり、アマチュア時代にはバンド活動をやっていたという彼女。歌謡曲として括られることにも抵抗があったのはもちろん、デビュー作を日本語で歌うことにすら抵抗があったという。2ndアルバム『PAPER MOON』(1976年)のリリース前後に、そんな彼女のためのバンドである美乃家SSが結成され、しかもそれが俗に言うバックバンドではなく、メンバーが自己主張を始めたわけで、その美乃家SS で3rdアルバムを録らない選択は彼女にも、もしかすると美乃家SSのメンバーにもなかったのかもしれない。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」