木村拓哉の信長、音尾琢真の秀吉、斎
藤工の家康ら“三英傑”が並ぶ 映画
『THE LEGEND & BUTTERFLY』から新ビ
ジュアルを公開

2023年1月27日(金)公開の映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』(レジェンド・アンド・バタフライ)に木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)役で音尾琢真、徳川家康役で斎藤工が出演していることがわかった。また、木村拓哉演じる織田信長と並んだ“三英傑”ビジュアルも解禁されている。
『THE LEGEND & BUTTERFLY』は、東映70周年記念として、総製作費は20億円を投じて制作される映画。織田信長とその正室・濃姫(別名:帰蝶)の知られざる夫婦の物語を描いた作品だ。主演の木村拓哉が織田信長を、綾瀬はるかが濃姫をそれぞれ演じる。また、濃姫の侍従・福富平太郎貞家役で伊藤英明、濃姫の筆頭侍女・各務野役で中谷美紀、斎藤道三役で北大路欣也、明智光秀役で宮沢氷魚、森蘭丸役で市川染五郎が出演。『コンフィデンスマン JP』シリーズやNHK大河ドラマ『どうする家康』でも知られる古沢良太氏が脚本を担当し、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督がメガホンをとる。
尾張の織田信長は、格好ばかりで「大うつけ」と呼ばれていた。この男の元に嫁いできたのは、「マムシの娘」と呼ばれる男勝りの美濃の濃姫だった。権威を振りかざし尊大な態度で濃姫を迎える信長と、臆さぬ物言いで信長に対抗する濃姫。敵対する隣国同士の政略結婚という最悪の出会いを果たした二人は、性格も真逆で、お互いを出し抜いて寝首をかこうと一触即発状態、まるで水と油のような関係だった。そんなある時、強敵・今川義元の大軍が攻めて来る。圧倒的戦力差を前に絶望しかけた信長であったが、彼を奮い立たせたのは、濃姫の言葉であった。二人はともに戦術を練り、激論の末に奇跡的勝利を収める。真っ向から対立していた二人はこの日から次第に強い絆で結ばれ、やがて誰も成し遂げたことのない天下統一へと向かっていく。
音尾琢真が本作で演じる木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)は、信長と対照的な「陽の活力に満ちた、エネルギッシュな成り上がり者」。公開されたビジュアルでは、鼻に特徴的なイボが施された秀吉が姿を見せている。
斎藤工が演じる徳川家康は、のちに豊臣秀吉から天下を奪う戦国武将。斎藤は、「どっしりとした、懐の深い“柔”の存在感で信長と渡り合える俳優」としてキャスティングされたという。公開されたビジュアルでは、目以外の顔部分すべてに特殊メイクが施され、恰幅の良い家康の姿が写し出されている。
音尾、斎藤のコメントは以下のとおり。
音尾琢真(木下藤吉郎 役)
歴史的にも有名なあの「秀吉」の役を演じることに最初はプレッシャーも感じていましたが、現場では特にメイクに力を入れてくださいまして、自分の顔をベースにしながらも新しい秀吉像を作り上げてくれることへの感動と、作品の世界観に安心して入っていける感覚がありました。どんな細かい所にも手を抜かない、作品を良くするための一丸の姿勢が現場の全員に感じられたのが何よりも士気を上げてくれました。以前にもご一緒した大友監督が東映70周年記念の超大作で、古沢さんの魅力的な脚本と素晴らしいキャスト・スタッフ陣とで一体どのように仕上げるのか、撮影現場にいながらにしてこんなにも早く観たくなった映画は久々です。
斎藤 工(徳川家康 役)
"徳川家康"と言うスケールを、どの様に斎藤工如きで向き合うか。
正対すればするほど、吹き飛ばされそうな感覚がありましたが、そこは大友監督の見事な導き、一種の裏技の様な魔法をかけて頂き、全てのスタッフキャスト方のご尽力を頂戴し、愉しく家康様に臨む事が出来ました。
特にビジュアルに纏わる部署の面々には、根気よく寄り添って頂き、頭が下がります。
そしてそんな奇策の様な私の家康を、木村信長様は「ようやく来たか、家康」と、当たり前の様に私の背中を押し、自然にチームに混ぜて下さいました。
現代は何処か乱世とも呼べる時代、そんな現代に置いて、本作の中に力強く美しく生きる人々の選択、真心、生き様は、過ぎ去った過去の様で、これからの未来を照らす光になるのでは無いかと思います。
『THE LEGEND & BUTTERFLY』は2023年1月27日(金)全国公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着