日本デビュー迫るK-POPガールズグル
ープ IVE の密着番組がNHKで9/23夜放
送、10/19発売の日本デビューシング
ル店舗特典の全絵柄も公開

K-POP第4世代のNO.1ガールズグループとして韓国のみならず日本の音楽チャートも席巻し、旋風を巻き起こしているIVE(アイヴ)。NHK総合では、2022年9月23日(金)22:15よりIVE密着番組「SONGS+PLUS」が放送される。日本での本格デビュー前にも関わらず、異例の扱いだ。また、10月19日(水)にリリースとなる日本デビューシングル「ELEVEN -Japanese ver.-」の店舗特典の全絵柄が9月23日に解禁となった。
IVEは、ユジン(リーダー、元IZ*ONE)、ガウル、レイ(日本人)、ウォニョン(元IZ*ONE)、リズ、イソの6人から成るKPOPガールズグループ。所属事務所は、STARSHIPエンターテインメント。「I HAVE=IVE」を意味するグループ名には、「私、そして私たちが持っているものを、IVEらしく堂々とした姿で見せる」という決意が込められている。2021年12月1日に「ELEVEN」で韓国デビュー。同曲は、韓国音楽史上最速で韓国内音楽番組のランキング1位を獲得し、また13回の1位に輝いた。同Music Videoは、デビュータイミングでの公開から既に1.5億回再生を突破。2022年4月5日リリースの2nd活動曲「LOVE DIVE」は音楽番組で10冠獲得。今夏8月22日リリースの3rd Single「After LIKE」は9冠獲得だが、売上枚数はミリオンセールスを突破し、2021年以降に韓国にてデビューした新人グループの中で最高販売数を記録。同曲は、韓国の全音源チャート(Melon、genie、Apple、Spotify、などなど)を制覇する「パーフェクト・オールキル」も達成した。
【動画】IVE 'After LIKE' MV

日本でのIVEお披露目は、8月に開催されたイベント「THE STAR NEXTAGE」。同イベントで今秋日本デビューがアナウンスされたが、その後、日本語シングルの「ELEVEN -Japanese ver.-」で10月19日(水)に日本デビューすることが正式発表された。同曲はフジテレビの8月イベント「バーチャル冒険アイランド 2022」のテーマソングにもなった。
10月19日発売のCD「ELEVEN -Japanese ver.-」は「IVE」のスペルから取った、I盤、V盤、E盤の3形態。各形態、I盤=Image、V盤=Visual、E盤=Essentialの意味が込められている。I盤、V盤は初回生産限定盤となり、それぞれI盤にはフォトブック、V盤にはBlu-rayが特典として付属されるだけでなく、メンバー自撮りによるトレーディングカードが各形態絵柄別でランダムにて封入される。合わせて各形態のJK写も公開となっている。また、DIVE JAPAN会員だけが購入できるハート形ミラーが付いたFC盤も用意されている。また、9月19日(月)からは「ELEVEN -Japanese ver.-」が各音楽配信サイトから先行配信中だ。同日公開のPVも300万回再生を突破。街頭ビジョンなどでも放映され、大きな注目を集めている。
【動画】IVE 'ELEVEN -Japanese ver.-'Music Video

2022年9月23日(金)22:15よりNHK総合で放送されるIVE密着番組は、音楽番組「SONGS」のスピンオフ企画「SONGS+PLUS」の第一回だ。番組では8月に初来日した際のライブや急遽、東京・渋谷で行われた日本でのデビュー発表の現場に密着。さらに、9月に韓国で行われた“カムバック”と呼ばれるIVEの新曲発表期間への独占取材も許された。ミュージックビデオの発表に向けてSNSを通じて情報を出しながら番組に出演し、新曲を世界中のファンに届ける活動期間“カムバック”。世界は何故、いまIVEに夢中なのか? 新たに誕生したスター、IVEの人気の秘密と韓国独自のアイドル文化の知られざる舞台裏に迫る。ナレーションは戸次重幸
また、9月23日に解禁となった日本デビューシングル「ELEVEN -Japanese ver.-」の店舗特典の絵柄は下記のとおり。9つのストアにて展開され、各メンバーソロの様々なアイテムから、シングルパッケージのマーブル模様が印象的なアイテムまで、3形態同時購入特典を含めると計13種類の多種多様なラインナップとなっている(各特典内容は、下記リリース情報を参照のこと)。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着