舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』
ハリー・ポッター役を務める石丸幹二
が初日を迎え、コメント到着

2022年7月8日(金)に開幕した舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』。初日よりハリー・ポッター役をつとめる藤原竜也に続き、8月17日(水)に石丸幹二が初日を迎えた。
本公演では舞台ならではの魅力として、観客自身が「ハリー・ポッター」の物語世界に入り込み、目の前で魔法を“体感”できるような他作品では類をみない演出に高い評価が集まっており、各種メディアに取り上げられるなど、すでに大きな話題を呼んでいる。
ハリー・ポッターシリーズの原作者であるJ.K.ローリングは、長年、自身の小説の舞台化の話を断ってきたが、「家族、愛、喪失をテーマに、ハリー・ポッターの19年後の新たなストーリーを舞台化する」というプロデューサーの提案に初めて共感し、プロジェクトがスタート。原作者自ら演出家、脚本家とともに原案を練り上げた本作は、2016年にロンドンで開幕し、大ヒットを記録した。
舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』はこれまでにロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、オーストラリア・メルボルン、ドイツ・ハンブルク、カナダ・トロントの6都市で開幕し、大ヒットを記録中。東京公演はアジアとしては初、世界では7番目の上演となる。
英国演劇界の最高名誉ローレンス・オリヴィエ賞、米国演劇界最高名誉トニー賞を含む60以上の演劇賞を世界中で獲得する本作は、演劇作品としてこれまでの常識を覆す記録的な成功を収めている。世界で数々の賞を冠したその舞台を、東京では厳しいオーディションを勝ち抜いた日本オリジナルキャストで上演する。
父親になったハリー・ポッターを演じるのは藤原竜也、石丸幹二、向井理の3人。回替わりで主役のハリー・ポッターを演じるトリプルキャスト制となる。
度重なる映像オーディションを経て、昨年春には来日した海外スタッフとの対面オーディションに臨み、アジアで初となる世界的ヒット舞台のタイトルロールの座を勝ち取った。 藤原はプレビュー公演の初日となる 6月16日(金)18時15分の回、石丸は 8月17日(水)18時15分の回、そして向井は8月18日(木)12時15分の回にそれぞれの初日を迎え、藤原の出演は9月30日(金)までとなる。
また、2021年より周辺エリアとあわせて大規模な改修を 行っていたTBS赤坂ACTシアターは、ハリー・ポッターシアターとして生まれ変わり、劇場に訪れた観客を楽しませている。
このたび石丸の初日コメントが到着した。
石丸幹二 コメント
初日を無事に終え、長い航海の最初の寄港地にたどり着いたような、ほっとした気持ちでいます。これからのロングラン、エネルギーを蓄えスタミナをつけ乗り切っていきます。
キャスト・スタッフが一丸となって操る魔法の世界、その中で、ハリーとアルバス親子の成長物語が紡がれていきます。私らしい個性が刻まれたハリー・ポッターを、どうぞお楽しみください。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着