藤澤ノリマサ、松井五郎プロデュース
の新曲第二弾「愛するかたち」リリー
ス 今秋、デビュー15周年を記念した
ニューアルバムリリースも

藤澤ノリマサが、新曲「愛するかたち」を2022年7月8日(金)に配信リリースする。
「愛するかたち」ジャケット
本作は、今年4月にリリースしたシングル「Return To Life」に続き、作詞とプロデュースに松井五郎を迎え、作曲を藤澤自身が手掛ける。
2021年にリリースしたアルバム『La Luce-ラ・ルーチェ-』から続く藤澤と松井の「新たな音楽を探す旅」は、ついに愛という壮大なテーマに辿り着き、この時代だからこそ歌うべき歌を模索しながら、届けていく。
「詩を見た時に、すでにそこにはメロディーが書いてあるように思いました。」と藤澤が語るように、松井が手がける詩の強さに導かれ、一言一言を噛み締めるような藤澤の歌唱が印象的なミディアムテンポのバラードとなっている。ピアノとリズムのシンプルなアレンジに乗る、藤澤の繊細さとエモーショナルさを行き来するダイナミックな歌唱は必聴だ。
また、藤澤ノリマサは来春の歌手活動デビュー15周年を記念し、今秋にアルバムをリリースする。今作も、「Return To Life」「愛するかたち」を始めとした松井とのタッグで届ける。
藤澤ノリマサ コメント
また一つ僕の楽曲に壮大なラブソングが完成しました。「愛」をテーマに楽曲制作することは、テーマが大きすぎると思いましたが、今の等身大の僕を表現出来たと思います。レコーディングをしている際は、繊細な部分と壮大に歌う部分の差を表現する所が難しかったです。「離れていても」「会えなくとも」そばにいることだけが「愛」ではない。遠く離れていても、もう会えない人でも、さみしくて涙がこぼれ落ちても、そこに「愛」があるのなら。まるで1つのドラマを観てるような詩を、松井五郎さんが書いてくださいました。詩を見た時に、すでにそこにはメロディーが書いてあるように思いました。いろいろな「愛のかたち」が世界にはあると思いますが、一つ一つの「愛」で、今の世界を変えてゆけるはずです。
松井五郎 コメント
誰もが誰かを必要として
誰もが誰かのためにも生きて
誰も誰かにはなれないけれど
誰もが誰かと繋がっている
飾らずに、ひたむきに、ただ愛のうたを。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着