SKE48松本慈子 初舞台でヒロイン『キ
ャッシュ・オン・デリバリー』開幕

上質な翻訳劇を日本に紹介することを目的に2018年から1年に1本のペースで作品を発表しているユニット「SHY BOYプロデュース」第4弾公演『キャッシュ・オン・デリバリー』が本日20日(金)名古屋・ウインクあいち大ホールにて開幕した。

本作は2018年に上演し、好評を博した作品。2022年ver.はW主演に関西ジャニーズJr. 福井宏志朗と奥村颯太、ヒロインにはSKE48チームSリーダーの松本慈子を迎え、名古屋・大阪にて上演。

舞台はロンドン郊外、エリック・スワン(福井)の自宅。エリックには、妻のリンダ(松本)に⼤きな隠し事があった。2年前に勤め先をクビになって以来、嘘を駆使して社会保障手当を不正受給し、生計を立てていたのだ。 良心の呵責を感じ始めたエリックは、手当てを打ち切る方法を思いつく。

―でっちあげた人物をひとりずつ抹殺しよう―
ところがそこへ、社会保障省の調査員、ジェンキンズ氏(清水順二/30-DELUX)
が訪ねてくる。2階の間借り人・ノーマン(奥村)を巻き込んで、どうにかごまかそうと嘘を重ねるエリック。ごまかせばごまかすほど嘘がこじれ、エリックとノーマンは窮地に立たされていく・・・

イギリスを代表する喜劇・笑劇作家、マイケル・クーニーの代表作でもある本作は、膨大なセリフ量、そして次々と変わるシチュエーション、騙し騙される面々・・・ハイスピード、ハイテンションで場面が展開されていく。福井・奥村はあちらこちらと動き回り、いっときも目が離せない。そして軽快なステップを踏みながら、さすが関西ジャニーズJr.と思わせるノリツッコミを惜しみなく披露する。

SHY BOYシリーズではお馴染みの清水との激しいボディランゲージも見逃せない。今回が初舞台となる松本は少々気の強いリンダを熱演。どんどんヒートアップしていく姿をコミカル&キュートに演じる。

「全然緊張しなかったです!」

終演後には取材会が開催され、福井宏志朗、奥村颯太、松本慈子、吉原雅斗、清水順二が登場。

初舞台の松本は「全然緊張しなかったです!お客様が入ったら緊張するのかな。でも本当に楽しかったので、この雰囲気のまま続けられたら」と本番を心待ちにしていた。

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着