MONO NO AWARE

MONO NO AWARE

“MONO NO AWARE”、最新アルバム『
行列のできる方舟』アナログ盤を本日
発売!パリで活躍するアニメーション
ディレクターJulie de Helleux制作の
「まほろば」MUSIC VUDEOを公開!

MONO NO AWARE”が本日2022年1月28日(金)に最新アルバム『行列のできる方舟』のLP盤を発売。
今作アナログ盤は、レコードスリーブにボーカル・玉置周啓によるアルバムをテーマにした小説が綴られており、MONO NO AWAREのオフィシャルデザイナー沖山哲弥による刺繍のアートワークが映える12インチ盤仕様となっている。
またアルバム『行列のできる方舟』より「まほろば」のMUSIC VIDEOを公開した。

映像は、フランス人アーティストGrand Corps Maladeの”le sens de la famille”のMV制作やエルメスなどのブランドのドキュメンタリー映画にも携わっているアニメーションディレクターJulie de Halleuxによるもの。
かねてより彼女の作品のファンだったギター加藤成順のアイディアにより実現した。
楽曲から、”思いやり”と”やさしさ”を感じたというJulie de Halleuxは相手をケアする象徴として”手”と”体”をイメージし、伝統的なコマ撮り技法で、繊細かつ優雅な動きを表現したアニメーション作品となっている。

MONO NO AWARE
『行列のできる方舟』【LP】

2022.01.28 Release
PEJF-9036 / ¥3,850
形態 : LP
※レコードスリーブにボーカル・玉置周啓の小説付

[収録曲]
A1. 異邦人
A2. 幽霊船
A3. 水が湧いた
A4. そこにあったから
A5. LOVE LOVE
B1. ゾッコン
B2. ダダ
B3. 孤独になってみたい
B4. 5G
B5. まほろば
MONO NO AWARE
MONO NO AWARE 『行列のできる方舟』【LP】

MONO NO AWARE

MONO NO AWARE “まほろば”
(Official Music Video)

【MONO NO AWARE プロフィール】

東京都八丈島出身の玉置周啓、加藤成順は、大学で竹田綾子、柳澤豊に出会った。

その結果、ポップの土俵にいながらも、多彩なバックグラウンド匂わすサウンド、言葉遊びに長けた歌詞で、ジャンルの枠に囚われない自由な音を奏でるのだった。

FUJI ROCK FESTIVAL’16 “ROOKIE A GO-GO”から、翌年の投票でメインステージに出演。
2017年3月、1stアルバム『人生、山おり谷おり』を全国リリース。
2018年8月に2ndアルバム『AHA』をリリース。2019年10月にリリースした、NHKみんなのうたへの書き下ろし曲「かむかもしかもにどもかも!」、『沈没家族 劇場版』主題歌「A・I・A・O・U」を収録した3rdアルバム『かけがえのないもの』が各所から高い評価を集める。2021年6月には劇場アニメ『海辺のエトランゼ』の主題歌「ゾッコン」を収録した4thアルバム「行列のできる方舟」をリリース。数々の国内フェスに出演するなど次世代バンドとして注目を集める。

◆Official HP ⇒ https://mono-no-aware.jp/

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着