尾上松緑によるトークライブ『紀尾井
町家話』 記念すべき第五十夜は中村
歌六、中村米吉、市川猿弥が出演

2021年10月8日(金)20時より、イープラス「Streaming+」にて、紀尾井町夜話特別編『紀尾井町家話』第五十夜を配信することが発表された。
2020年6月13日に開幕したオンライン配信企画・紀尾井町夜話特別編『紀尾井町家話(きおいちょうやわ)』。コロナ禍における自粛生活が続く中、歌舞伎座ギャラリーで好評を博していた『紀尾井町夜話(きおいちょうやわ)』のステイホーム特別版として「“家”話」が開始された。本配信では、席亭を務める、尾上松緑の幅広い交遊関係とオンライン飲み会ならではのぶっちゃけトークが話題となり、毎回多彩なゲストが登場。舞台上では見られない俳優たちの素顔が垣間見られる特別な空間に視聴者の熱い支持を集め、配信元のイープラス「Streaming+」で最多回数を誇る人気企画となり、ついに50回目の配信を迎えることとなった。
令和2年10月国立劇場『太刀盗人』すっぱの九郎兵衛=尾上松緑 /(c)松竹
そして、本日9月28日(火)20時から配信の『紀尾井町家話』第49夜のラストで、記念すべき第50夜の次回予告が行われた。
第50夜は、待望の初登場?! となる中村歌六と、これまで2回出演しその度に圧倒的トーク力で話題となった中村米吉。そんな歌六・米吉の二人が初めて親子で顔を揃えてトークライブに出演する。さらに、第10、20、30夜と『紀尾井町家話』の節目を飾ってきた、市川猿弥が第50夜でも登場。(第40夜は歌舞伎座出演中のため『紀尾井町家話』への出演はなし)
中村歌六
中村米吉
市川猿弥
昨年8月22日配信された、米吉と猿弥がゲスト出演した第10夜は、視聴者から“神回”と呼ばれる配信となった。それは、徐々に加速度を増していく猿弥の暴走状態に、席亭松緑はじめゲスト出演の米吉もヒヤヒヤするという場面。加えて、猿弥が三代目市川猿之助(現・猿翁)との思い出話を皮切りに、若い頃から大変お世話になっているという歌六との話題を度々出したところで、自宅から参加していた米吉の画面に突如として歌六が登場するというサプライズがあったからだ。第10夜という記念すべき放送とのことで、わざわざスーツに着替えての歌六の登場に一堂騒然とし、視聴者もチャットを通じて大盛り上がりとなりった。その後も歌六のゲスト出演を熱望するコメントが寄せられる中、今回、多くの声に応え、第50夜のゲストに歌六を迎えての『紀尾井町家話』が実現した。
今回の配信は、第50夜にふさわしく、豪華なゲストを迎え『紀尾井町家話』の魅力が詰まった一夜になることは間違いないだろう。どんな話が飛び出すのか分からない、生配信だからこそ聞くことができる俳優たちのハラハラドキドキのトークに、期待しよう。
尾上松緑 コメント
皆さん、御機嫌は如何でしょうか
尾上松緑で御座居ます
私が担当させて頂いている配信「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話”」も、何と五十回を迎えさせて頂く事となりました
最初は三回の予定で始めた物が一年を超えて、まさか五十回まで続くとは
応援して下さる視聴者の皆さん、これまで出演して下さった皆さん、一緒に作り上げているスタッフ、アシスタントの皆には感謝の言葉しか有りません
新型コロナウィルスの影響下、「配信出演者の思いやプライベートの姿等を少しでも待っていて下さるお客様やファンの方々にお届けしたい」と云う我々の願いが、此処まで受け入れられ、喜んで頂けるとは考えてもいませんでした
新型コロナウィルスの感染者は少しずつ減っては来ておりますが、まだまだ安心、慢心は出来ません
新型コロナウィルスの脅威が去った後も、求めて貰える限りは続けて行きたいと勝手ながら考えております
スタート時は本当に仲のいい身内と共に始めた配信が、今では先輩、同輩、後輩、他業種の方々が多く出演して下さる様になりました
最近は少しずつ女性のゲストも来て下さっております
コンセプトとして、自分と仲のいい方しか呼ばずに、酒を飲みながら身も蓋も無い話をする配信では御座居ますが
まだまだ、呼びたい方、来て欲しい方、話したい事、聞きたい話は山程有ります
視聴者の皆さんに喜んで頂ける配信をお届け出来る様に試行錯誤して参ります
これからも末永くお付き合い、応援をして頂けると嬉しいです
今後共、宜しくお願い致します

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着