水野美紀×矢島弘一 舞台『2つの「
ヒ」キゲキ』メインビジュアル公開 
作品タイトルも決定

演劇ユニット<プロペラ犬>の主宰を務める水野美紀と、2016年放送、 TBSテッペン!水ドラ!『毒島ゆり子のせきらら日記』(主演:前田敦子)で全話の脚本を手がけ第35回向田邦子賞を受賞し、その後もドラマ・舞台など多くの脚本を手がける東京マハロの矢島弘一がタッグを組み上演する舞台『2つの「ヒ」キゲキ』。和田雅成、 剛力彩芽、 富田翔、 真凛、 椎名鯛造、 宮下貴浩ら、 注目のキャストが名を連ねる本作のメインビジュアルが公開された。
本作は、共通のテーマ「悲喜劇」に応じて、水野と矢島の2人がそれぞれ脚本を書き下ろし、1幕と2幕でひとつの作品として上演。2つの別々の物語がリンクしていく2作品同時上演作品となる。
メインビジュアルとともに、それぞれの作品のタイトルも発表された。
1幕は矢島による脚本・演出で、タイトルは『パンティーアナキズム』。そして2幕は水野が脚本・演出を担当する『テクタイト』。キャストはこの2つの物語にそれぞれ異なる役に挑戦する。2つの全く違う脚本が、どのようにリンクしていくのか注目である。
そんな2つの作品の脚本・演出を担当している水野と矢島が、それぞれの作品についてコメントを寄せた。
『パンティーアナキズム』脚本・演出矢島弘一コメント
この子は何がしたいのか?この子はどこへ向かうのか? この数ヶ月、この物語の主人公・中村桜子のことばかり考えています。静かに激しい子であり、冷たくて熱い子。流されたいけど泳ぎたくなくて、歌いたいけどマイクは持たない。
いつも目には見えない何かと戦っている。向こう側へ行くか、こっち側へ来るか。パンティーを履くか、パンティーを脱ぐか。これは喜劇か、さもなくば悲劇か。
『テクタイト』脚本・演出水野美紀コメント
悲劇と悲劇を重ねてエンタメスパイス放り込んで捏ねて焼き上げたら喜劇になってました。70分に詰め込みまくりました。歌に踊りに殺陣に悲劇、結果喜劇!劇場に集まった複数人の小田島に、カリスマ舞台俳優の隠されていた過去。時が歪んだ劇場で、終演を待つ不気味な影。全員が交じり合い、カーテンコールに向けて再び時が進みはじめた時、皆の抱える心の叫びが溢れ出す。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着