水瀬いのり

水瀬いのり

【水瀬いのり インタビュー】
今だからこそ“地平線”という言葉が
いろんな意味を持つ

自分を肯定してくれる曲を
カップリングでは歌いたいと思った

サビ前の《何もかも》《雨の日も》という歌詞では少しニュアンスをつけていて、いいアクセントになっていますね。

サビに向けて放つ言葉にしては短いのですが、自分の中では闇を断ち切るようなフレーズに感じたので、そこで曇天がブワ〜ッと一気に晴れるような映像をイメージして歌いました。

高原で撮影されたMVには、まさしくそんなシーンもありますね。

はい。実は撮影の前半は曇り空で、時々日射しが少し出るくらいだったのですが、午後のドローン撮影の時はピカーンと晴れてくれて、“これはいい作品になるぞ!”と思いながら汗だくで撮影しました。

手を広げて歌うシーンは何を思っていたんですか?

私は純粋にこの楽曲を歌えることが嬉しくて、この日もリップシンクしていく中で何度も自分自身が奮い立たせられる感覚がありました。本当に噛むほど味が出るスルメ的な曲だなと。これは余談ですが、近くの道の駅に美味しくて有名なソフトクリームがあったのですが、撮影が終わる頃にはお店が閉まっていて食べられなかったのが残念でした…

それが心残りだと(笑)。タイトルの“HELLO HORIZON”は“新しい地平線”みたいな意味ですか?

そうですね。この一年は世界がすごく変わってしまいましたし、自分自身も本来なら有観客でみなさんとお祝いしたかった5周年ライヴが配信というかたちになるなど、思うようにいかないことが多かった。でも、みんな我慢しながら一丸となって頑張ってきたことが、必ず実を結ぶ日がくるし、きっとその先に新しい地平線が見えると思うんです。“地平線”という名の何か新しい目標や、その期間にできなかったことをまた新しく始めるきっかけになる、そんな夏になったらいいなという気持ちも込めました。だから、“地平線”という言葉が今だからこそ、いろんな意味を持ってみんなに届くんじゃないかと思っています。

そして、カップリングには「ソライロ」と「Morning Prism」という2曲を収録していますが、こちらについても教えてください。

カップリング曲は歌詞の中やサウンドのどこかに励ましてくれたり、自分を肯定してくれるような要素がある曲が歌いたいと思って制作しました。「ソライロ」は涙を流すことや苦しくて前に進めない状況は決してマイナスなことではなくて、それがあるから人間というか、“それがあるからあなたは輝いているんだよ”というメッセージを込めています。“前に進むだけじゃなく、立ち止まってもいいんだよ”ということを伝えたいと、自分の気持ちをお話して作っていただきました。切り口ひとつで世界の見方や気持ちは変わりますし、自分のやりたいことや“これだけは絶対に譲れない”みたいなことを胸に、一歩を踏み出すことを忘れずにいてほしいという想いがこもってますね。

《新しい空へと》という歌詞が「HELLO HORIZON」とも重なりますね。それは「Morning Prism」にも同様のテーマ性を感じました。

そうですね。新しい朝の始まりを歌っているので。この曲は“朝の曲を作りたいです”とテーマを提案して作っていただきました。私の今までの楽曲は応援歌的なものだったり、メッセージ的に“頑張ったね”と言ってあげるようなものが多かったのですが、“新しい朝が来たぞ! さぁ、始めよう”みたいな始まりを描いた曲は意外と歌っていなかったんです。堅実派の私ですけど、ちょっとは浮き足だってみてもいいかなと思える、そんな曲を作ってみたいと。

朝は強いほうですか?

もともと夜遅くまで起きているタイプではなかったのですが、最近はより早寝早起きが習慣になりましたね。用がなくても朝7時半くらいには起きて家の周りを少し散歩して、ちゃんと朝ご飯を食べて、ゆっくり支度をして仕事に出かけるというのが、最近の生活リズムになっています。夜を越えて朝が来るという、当たり前のサイクルを繰り返して毎日が過ぎていくのだから、どうせ同じ朝を迎えるなら明日の朝は今日の朝よりも素敵な朝にしたいので、この曲でそんな生活のお手伝いができたら嬉しいです。朝の爽快さとともに“今日も一日頑張るぞ!”ってなるような。

ちなみに朝食は何を食べるんですか?

スコーンとホットコーヒーですね。

おぉ、お洒落ですね。

スコーンって聞くとお洒落だと言われることが多いのですが、意外と普通にパン屋さんやスーパーでも売っているんです。ベリーが入っているとかお洒落なものもありますけど、私はノーマルのスコーンにお気に入りのジャムを塗って食べるのが好きで。レンジで少し温めるとより美味しいんですよ。

また、ジャケット写真がモノクロですごく大人っぽいですね。ヌーディーって言うんでしょうかね。

“地平線を目指して一歩を踏み出す”というテーマでデザイナーさんから6パターンくらいアイデアを出してもらって、その中からスタッフさんと相談しながら決めました。今までは色味のある世界観で自分を表現してきたので、それらをなくしていろいろなものを削ぎ落とした時に自分の表情や姿形はどう映るのかドキドキで、かなり自分的には挑戦でした。

お母さんの若い頃に似ているそうですね。

そうなんです(笑)。お母さんの若い頃の写真みたいな。瞳の感じや表情が似ていると、お父さんが言っていました。こうして作品にして残ることで大人になっても成長している自分を両親にも見てもらえるのが嬉しくて、それは今回の新発見ですね。

今回のシングルは10枚目というキリのいい数字で、5周年を終えて最初の作品でもあります。さらにチャレンジもあるということで、また新たな一歩を踏んだ一枚となりましたね。

このタイミングで偶然にも新しい始まりを曲のテーマとすることができたのがすごく嬉しいです。まずはこのシングルをたくさんの人に聴いていただいて、みなさんの前で歌える日を楽しみにしています。

取材:榑林史章

シングル「HELLO HORIZON」2021年7月21日発売 KING RECORDS
    • KICM-2092
    • ¥1,430(税込)
水瀬いのり プロフィール

ミナセイノリ:2010年に『世紀末オカルト学院』(岡本あかり役)で声優デビュー。15年12月にはシングル「夢のつぼみ」でアーティストデビューを果たし、19年6月に行なったライヴツアーのファイナルには自身初の日本武道館2デイズ公演を敢行。音楽活動の面でも常に大きな注目が寄せられている。水瀬いのり オフィシャルHP

「HELLO HORIZON」MV

「HELLO HORIZON」MV
(中文字幕版)

「HELLO HORIZON」全曲試聴動画

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着