doa

doa

doa、デビュー10周年特設サイトにて
初ベストアルバムの詳細を発表

2014年7月にメジャーデビュー10周年を迎えるdoaが、10周年を記念した特設サイトをオープンさせた。
特設サイトでは、6月25日にリリースされる初のベストアルバム『doa BEST ALBUM "open_door" 2004-2014』のジャケット写真とアーティスト写真を初公開! また、収録曲よりdoaの名刺代わりともいえる「英雄」、「心のリズム飛び散るバタフライ」、そして未発表曲「Amazing Days」のトレーラー映像を見ることができる。

そして、収録曲全曲の試聴とディスコグラフィーでは、ファンのみならず、doaと初めて出逢った方にもこれまでの軌跡を辿ることができるコンテンツとなっている。

さらに、ベストアルバムの特典情報も解禁となった。対象店舗でCDを購入すると、doaから10年分の感謝の気持ちを込めて、直筆サイン入りのポストカードがプレゼントされるとの事だ。

また、いよいよ今週末より7月5日・13日に開催される10周年記念ライブ「doa 10th Anniversary LIVE "open_door" 2014」のチケットが一般発売開始となる。ソールドアウト必至なライブも見逃せない!

■10周年記念特設サイト
http://d-o-a.jp/10th/

アルバム『doa BEST ALBUM "open_door
" 2004-2014』

2014年6月25日発売
【初回限定盤】(2CD+DVD)
■CD
GZCA-5262,5263
■DVD
GZBB-5262
¥4,500+税
【通常盤】¥3,000+税
GZCA-5264,5265/¥3,000+税
<収録曲>
■DISC 1
01.火ノ鳥のように
02.白の呪文
03.英雄
04.青い果実
05.君だけに気づいてほしい
06.キャンドル
07.ゼロの気持ち
08.心のリズム飛び散るバタフライ
09.はるかぜ
10.ガラスのハイウェイ
11.サザンライツ
12.I wish
13.365のダイヤモンド
14.旅立ちの歌
15.Now and Forever
■DISC 2
01.open_d
02.Siren
03.地球の中で二人っきり
04.手紙
05.FRONTIER
06.THIS LIFE
07.We are one
08.シュガー トレイン
09.まわり道
10.RIDE ON
11.Something
12.コンビニマドンナ
13.誰よりも近くにいるのに
14.WANTED
15.Amazing Days (※未発表曲)
<DVD収録内容> ※初回限定盤のみ収録
1.火ノ鳥のように
2.白の呪文
3.英雄
4.青い果実
5.君だけに気づいてほしい
6.キャンドル
7.ゼロの気持ち
8.心のリズム飛び散るバタフライ
9.はるかぜ
10.地球の中で二人っきり
11.ガラスのハイウェイ
12.サザンライツ
13.I wish
14.365のダイヤモンド
15.FRONTIER
16.旅立ちの歌
17.Now and Forever
18.Amazing Days (※未発表曲)

「doa 10th Anniversary LIVE "open_d
oor" 2014」

7月05日(土) 東京 赤坂BLITZ
7月13日(日) 大阪 堂島リバーフォーラム
doa
doa 10周年ロゴ
アルバム『doa BEST ALBUM "open_door" 2004-2014』 【初回限定盤】
アルバム『doa BEST ALBUM "open_door" 2004-2014』 【通常盤】

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」