「この曲が人生最後の僕の代表曲だったら」MV

「この曲が人生最後の僕の代表曲だったら」MV

Dannie May、
メンバー自身が監督した
「この曲が人生最後の
僕の代表曲だったら」MV公開

2020年12月にEP『DUMELA』をリリースし、メンバー自身での楽曲アレンジや、監督したMVが高い評価を得て注目を浴びている、ポップとマイナーの境界線、新感覚バンド、Dannie May。彼らが2021年初となる配信シングル「この曲が人生最後の僕の代表曲だったら」をリリースし、メンバー自身が監督したMVがオフィシャルYouTubeチャンネルで公開となった。なお、同曲はNHK-FM『ミュージックライン』2・3月度のエンディングテーマに決定し、2月1日(月)より起用されている。

“もしかしたら、これ以上曲が作れなくなってしまうんじゃないか”と思ったところから最初の1節が生まれた本作。ものづくりの苦悩と歌詞の世界観がうまくミックスされ、サウンドはDannie Mayらしく、歌詞は“後ろ向きなようで前向きな曲”だ。MVはメンバーのYunoが楽曲のテーマを咀嚼し、“きっと巻き戻せない過去だって、半ば倒れた人だって、ちゃんとその想いを拾って今に繋いでいるから”というメッセージが込められた。ほぼ全編を通して時間軸が逆再生な作品として制作されている。

バンド結成2周年記念日となる3月18日(木)には、O-nestにて初の主催ライブ『Dannie May Presents "Welcome Home!"』を開催。ゲストにはYONA YONA WEEKENDERSを迎える。現在チケットはオフィシャル先行予約(抽選)を2月14日(日)23:00まで受付中。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

【Yuno コメント】

巻き戻せない過去だって、諦めざるを得なかった未来だって。半ば倒れた誰かの想いを僕達が今へ繋いで歌い続ける。
そんな決意を表現したくて、初めて僕らの演奏シーンを盛り込んだMVを作りました。文字通り僕らの「代表曲」をテーマに織りなす2人の群像劇を、ぜひその目で覗いてみてください。

「この曲が人生最後の
僕の代表曲だったら」MV

配信シングル「この曲が人生最後の僕の代表曲だったら」2021年2月10日(水)配信リリース

『Dannie May Presents "Welcome Home!"』

3月18日(水) 東京・渋谷TSUTAYA O-nest
OPEN 18:15 / START 19:00
ゲスト:YONA YONA WEEKENDERS

<チケット>
前売¥3,300(税込)※ドリンク代別途
一般発売:2021年2月20日(土)

■オフィシャルサイト先行第2弾予約(抽選)
e+スマチケ受付期間:2月1日(月)18:00 〜 2月14日(日)23:00
枚数制限:お1人様2枚まで
※電子チケットのみの受付です。
※2枚申込みされる場合は、同行者登録が必要です。
※必ず注意事項に同意の上、お申込みください。
■受付URL
https://eplus.jp/danniemay-hp/

「この曲が人生最後の僕の代表曲だったら」MV
配信シングル「この曲が人生最後の僕の代表曲だったら」
Dannie May

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着