インターネット上にて結成された多国
籍音楽ユニット・BOAR HUNTER、1st
AL『A Terror to Behold』リリース

インターネット上にて結成された多国籍音楽ユニット、BOAR HUNTERが1stアルバム『A Terror to Behold』を1月13日(水)にリリースした。
リリースに際して、Yau(Super Napkin)、篠原良彰(ラッキーオールドサン)、Ishikawa(死んだ僕の彼女)、nico(LADY FLASH)、ショウヘイマン(Super Ganbari Goal Keepers / ほたるたち)による推薦コメントが寄せられている。

なお、本作は〈HIP LAND MUSIC〉によるデジタル・ディストリビューション&プロモーション・サービス 〈FRIENDSHIP.〉(https://friendship.mu/) がデジタル・リリースをサポートしている。

【BOAR HUNTER コメント】

“JeonSig.H個人の楽曲制作にインディ仲間が集まって
小さなコラボレーションから、大きな面白いバンドに変態していく中で生まれた作品”
Offer up your ear and pray to God, Stay wild.

【Yau(Super Napkin / from Taiwan) コメント】

・BOAR HUNTER is how ‘Yo La Tengo’ would sound like if they are trapped inside a video game, and all the dungeon loots are glittering bits of synth arpeggios, encompassing waves of manipulated guitar distortion samples, and never-ending bliss of glitching beats. Underneath the armors of enchanting sonic ecstasy, tracks of bittersweet stories from the guts are the real muscle of BOAR HUNTER. They sprint in the mountains of memories and set traps to capture the unruly emotions. Being unafraid of showing the emotional fragility is where BOAR HUNTER’s true strength lies.

‘A Terror to Behold’ invites the listeners to stare into the deepest feelings through BOAR HUNTER’s eyes. Forget about the anime character with a Boar Mask, BOAR HUNTER is the real slayer of everyone’s inner demon.

【篠原良彰(ラッキーオールドサン) コメント】

JeonSig Hongは何時も危険で不穏だった。彼が率いるバンドの台湾公演に同行し、僕はそこで生まれて初めて本物の不良のヒーローに出会った気がした。だが一方で彼には、知的で繊細な芸術家の一面がある。BOAR HUNTERではそんなパーソナリティが遺憾無く発色し、孤立した場所から世界にアクセスせんとする試行が感じられる。彼は僕を、何もわかっていないと嘯くかもしれないが、しかしだ、それでも鳴っている、本質的な、子どもの絵の様なあなたは死んだ木、no more shoegazerと僕らに中指立てている。

【Ishikawa(死んだ僕の彼女) コメント】

“奇人変人大集合! キテレツ大百科ばりの1stアルバム爆誕!”

マンハンターを目指す猟奇的な罠猟師・JeonSig Hong、sugardropの狂犬・knthsgc、caucusのサイコパス・Katsuya Yanagawa、カニバリズムの実践により収監された過去を持つKazuaki Kobayashi等、癖の強いメンバーが織りなす気狂いインディーポップ。一聴しただけで破綻した人格を窺わせるMiki Hiroseのボーカリゼーションや人間中心主義への忌避を想起させるKeiichi Hasegawaのサンプリングも秀逸。社会を追われたはみ出し者たちの魂はオンライン上で繋がり一牙の猪となりてお前のベッドルームに忍び込み刺す挿す射す。Boar killed Yo La Tengo, and Boar fucks the corpse of Yo La Tengo. Do you wanna fuck with this mad Boar? 合言葉はいつでも「イカれたメンバーを紹介するぜ!」

【nico(LADY FLASH) コメント】

遠くの森でノイズギターをバックに牧歌を歌ってるよう。人里を離れひっそりと遠くに行きたくなった

【ショウヘイマン(Super Ganbari Goal Keepers / ほたるたち) コメント】

コロナ禍に一番フィットする音楽の表現方法がベッドルームポップかなと思っていました。バンドをやるために集まることすら難しいので、誰にも会わずに制作するのがいいのかなと。ただ、BOAR HUNTERの音楽はベッドルームポップ的な宅録音楽でありながら、各メンバーが音を重ね、各々のセンスを融合させたものとして成り立っています。「誰かと会ったり、スタジオに入らないとバンドはできない」という自分の中の固定概念を覆された気がしました。それはどこかデスキャブのベン・ギバートがpostal serviceを始めた時の躍動感・解放感にも近いものを感じます。是非、聴いてみてください。


【リリース情報】

BOAR HUNTER 『A Terror to Behold』

Release Date:2021.01.13 (Wed.)
Label:FRIENDSHIP.
Tracklist:
1. workway
2. cannonball
3. pepper
4. se1
5. nickelwound
6. not everything absorb
7. se2
8. lucky cookie
9. mono-RED loser
10. who is pig man (Ammonite Syndrome Remix)
11. interstate14
12. October
13. plastic glue

■BOAR HUNTER: Twitter(https://twitter.com/BOARHUNTER4) / Bandcamp(https://boarhunter.bandcamp.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着