King Gnu、新曲「三文小説」歌唱に反
響「なにこの中毒性…」

【2020 FNS歌謡祭 第一夜◇2日】King Gnuが、12月2日にリリースした新曲「三文小説」を披露した。

 King Gnuは『FNS歌謡祭』初登場。鍵盤の音と共に楽曲が始まると、井口理はファルセット混じりのハイトーンで歌い上げる。

 壮大な展開で進み、メンバーのコーラスと共に独自の世界観が放つ感動的な空気感、生命力溢れる演奏と歌唱で魅了。終始美しいパフォーマンスで魅せた。

 Twitterでは「こんな表現できるのKing Gnuだけ」「なにこの中毒性…」「これ以上ハマるのが怖いくらい魅力的なバンド」など、反響を集めた。

アーティスト

MusicVoice

音楽をもっと楽しくするニュースサイト、ミュージックヴォイス

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着