「すべてのダンサーの登竜門になって
ほしい」DリーガーMINAMIのD.LEAGUE
にかける情熱。【第一生命 D.LEAGUE
Interview – MINAMI】

アーティストのバックダンサーとしても、インストラクターとしても活躍しているDリーガーMINAMI。彼女の強みはその日本人離れした独特のHIPHOP STYLE。幼い頃から全ジャンルのダンスを経験するとともに、海外のパフォーマンスを数多く学んできた彼女だからこそ持つことができる強みだ。今回はそんな彼女にD.LEAGUEにかける想いを聞いた。
― ダンスとの出会いはいつでしたか?
小学校2年生のときに両親に勧められ、ダンススクールの体験に行ったことがきっかけです。そこで先生にリズム感をすごく褒められて、楽しかったのを覚えています。スクールでは、全ジャンルのダンスを一通り経験しました。ヒップホップに進むことを決めたのは自分のチームを持つようになってからです。チームの振り付けを考える際に、自分の個性を出したいなと思いました。また、インストラクターになる際に、自分の軸を持っていないと生徒に教えられないなとも思いました。じゃあ何を自分の個性に、軸にしたらいいのだろうと考えたときに、いちばんしっくりきたのがヒップホップでした。
― 影響を受けたダンサーは?
小学校5、6年生のときに初めて、DREAMS COME TRUEさんのバックダンサーのオーディションを受けさせていただきました。そこで、KEITAさんとSHIGEさんに出会ったことが自分の中で衝撃的でした。その後も東京に行ったタイミングで何回かオーディションを受けさせていただいたり、KEITAさんが北海道に来られたときは必ずワークショップを受けたり、何度か交流をさせていただきました。ですから今回、KEITAさんと一緒にD.LEAGUEに参加できてとても嬉しいです!D.LEAGUEのことは元から知っていたのですが、まさか自分がKEITAさんに誘われて参加するとは思ってもみませんでした。プレッシャーはもちろんありますが、声をかけていただいたからにはもっと成長していきたいです。
― D リーガーになって意識や環境の変化はありましたか?
プロになったことによって、より多くの方に見られているという意識を持つようになりました。プライベートでも気を抜かず、歩き方や言葉遣いなど様々な部分に気をつけたいです。また、空いている時間を使って、もっと深くダンスの勉強をしていかなければと思っています。環境については東京に出てきたことが大きいですね。とりまく環境がすべて変わったので、まだ追いついていない部分もあります。でも、D.LEAGUEが東京に行くことへの後押しになりました。
― D.LEAGUEのシーズンが始まって個人的に注目してほしい所はありますか?
全ジャンルのダンスを経験してきたので基礎はしっかりと身についていると思います。足先から指先までを意識して踊っているため、同じ振りでも足先や指先の動かし方が他のメンバーと少し違う、といったところを見せていきたいです。また、昔から海外のダンサーのパフォーマンスを勉強してきたので、少し日本人離れした雰囲気が出せたらいいなと思っています。
― リーグ開幕に対しての意気込みはありますか?
チームの団結力を高めて本番に臨みたいです。KADOKAWA DREAMSは個性豊かなメンバーが各地方から集まっています。個性の強いもの同士ですから、お互いのことを尊重し合わなければ歩み寄ることができません。リスペクトを大切に、チームの団結力を高めていきたいです。そのため、一緒にご飯に行くなどプライベートでも積極的にコミュニケーションを取っています。
今後、どんなダンサーになっていきたいですか?
オーディションを受けるのではなく、アーティストさんに指名していただけるようなダンサーになりたいです。バックダンサーとしてですが、アーティストさんと同じ舞台で、同じ位置に立てられたなら。こんなに嬉しいことはないと思います。私がダンスをやっていて喜びを感じる瞬間は、大勢の方に見ていただいているときです。ですからこれからも、プレイヤーとしてダンスを続けていきたいです。
― 最近のマイブームは?よく聴く音楽は?
基本的に景色を見るのが好きなので、最近は温泉に行くことがマイブームです。ダンスで遠征をするときは必ず、屋上に露天風呂がついているホテルを予約しています。よく聴く音楽はやはり洋楽が多いです。常に音楽を聴いていたいタイプなので、移動中でも家の中でも音楽をかけています。リラックスしたいときはR&Bを、練習前などテンションを上げたいときはヒップホップを聴きます。聴く曲に合わせて、ファッションの着こなしを変えたりもしていますね。曲に合わせて自分の雰囲気をつくることも、ダンサーにとって大切なことなんです。
― みなさんへのメッセージ
D.LEAGUEの開催は、日本のダンスの世界における新しいシーンだと思っています。今後、D.LEAGUEがダンサーなら誰もが知っている登竜門のような存在になっていってほしいです。また、同じダンサーの方々に応援していただくことで、私たちももっと頑張ろうと思えます。なのでぜひ、D.LEAGUEに、KADOKAWA DREAMSに、注目していただけたらなと思います。
<ダンサープロフィール>
MINAMI
1999年生まれ北海道出身。小学4年生からオールジャンルを学び、全ジャンルの要素が入った独特性、独自性、かつ日本人離れを目指したHIPHOP STYLEが武器。
札幌の「Fe.dance studio」インストラクターとして活躍。
2013年「EXILE DANCE CAP」東京本戦出場、2016年「芸王ダンスグランプリ」北海道地区優勝、2017年「芸王ダンスグランプリ」全国優勝、2011年・2015年・2019年 DREAMS COME TRUE黒ドリダンサー/AI/翼/サザンオールスターズなど様々なアーティストのダンサーとして出演。
D.LEAGUEに参戦出来ることを誇りに「KADOKAWA DREAMS」のメンバーに欠かせない存在になれるよう、自分の武器を前面に出し優勝を目指す。
最新情報やグッズ購入など、全てのD.LEAGUEに関する情報はD.LEAGUEオフィシャルアプリをチェック。
アプリをダウンロードでグッズ購入に使用できるD.LEAGUEポイントが1,000ポイントも貰える激熱キャンペーンが2020年11月15日より実施!アプリをダウンロード(会員登録)をしていただいた先着1000名様に、D.LEAGUEオフィシャルグッズ購入に使用できる「D.LEAGUEポイント」1,000円分をプレゼント致します。
【手順】
(1)「App Store / Google Play」からD.LEAGUEオフィシャルアプリをダウンロードして下さい。
(2)アプリを起動し、マイページを作成して下さい。(会員登録)
上記手順を行った会員様先着1000名に、ECサイトで利用できるD.LEAGUEポイント(1000円分)を12月4日に付与致します。

Dews

ダンスの情報ならダンスのニュースを網羅するポータルサイトDews(デュース)。ダンサー情報やダンス動画、ダンスミュージック、ダンスイベントバトル、コンテスト、オーディション情報をいち早く配信します。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着