s**t kingz、作詞・作曲SKY-HIの完全
書下ろしで新作ダンス映像「Oh s**t
!!」を公開

世界中から注目を集める4人組ダンスパフォーマンスグループ s**t kingz(シットキングス/通称:シッキン)が、卓越したラップスキルでHIP HOP界のみならず、幅広い層から絶大なる支持を得るSKY-HIとコラボレーションした新作ダンス映像「Oh s**t!!」が、2020年11月28日(土)6:00に、シッキンのYouTubeチャンネルに公開された。
「Oh s**t!!」のテーマは「怒り」。本作品は、s**t kingzが、活動13年間の中で感じた、ダンサーとしての“怒り”を始めて言葉にしたシッキン史上最大に攻めた1曲で、歌詞の一部にある「ダンサーなのに◯◯ですごい」「ダンスはおまけじゃない」「振り付けにもくれ印税収入 」など、プロダンサーが感じている“心の叫び”をラッパー、シンガーソングライター SKY-HIの歌に載せて表現しているという。
「Oh s**t!!」
「Oh s**t!!」
メンバーは、「自分たちとして初挑戦の『FLYING FIRST PENGUIN』という見る映像アルバムを通して、いろんなs**t kingzを見て欲しいという思いで、攻撃的な一曲を制作しました。普段から抱えている表現者としての怒りや、自分たち自身への不満をぶちまけることで、今を超えて次のレベルに行こうという意思表示の曲になっています。s**t kingzの心の中の怒りを表現するために、監督と話し合い、ドキュメンタリータッチのいつものs**t kingzと、攻撃的なダンスを踊る赤いs**t kingzの二面性を表現した構成になっており、攻撃的なダンスを引き立たせるために、ダンスシーンはシンプルな映像表現を目指しました!」と、この作品へ込める想いを語っている。
本ダンス映像作品に必要な楽曲制作を依頼したのは、かつてより交友関係のあったSKY-HI。「この楽曲はストレートに言葉を突き刺せるアーティストと一緒に作りたいと思っていました。『怒りを前面に押し出しつつも、そこにs**t kingzらしい面白さと遊び心を出せる人』。そう考えた時に、メンバー全員の頭にSKY-HIの名前が自然と出てきて、もはや他の選択肢は浮かばないくらいイメージがはまっていました。楽曲が完成した今も、この曲はSKY-HI以外では成立しなかったのではと思うくらい、怒りと遊び心のバランスが絶妙な曲を作ってくれて、最高のコラボレーションになったのではと感じています。」と、ダンス表現にぴったりの楽曲ができたと、手ごたえを感じているという。
新作ダンス映像「Oh s**t!!」
ダンス表現を中心とした音楽制作の過程もユニークで、普段からs**t kingzが抱いている不満を箇条書きにしてSKI-HIに預け、その怒りの中からリリックを紡ぐかたちで制作したという。「トラックは事前に方向性をすり合わせつつ、SKY-HIの家で彼が0からトラックを作る横であーだこーだ好き勝手言わせてもらいながら制作しました。実際僕たちは横で酔っ払って踊ってるだけでしたけど(笑)」としている。s**t kingzメンバーから作品の見どころ、SKY-HIよりコメントが届いた。
メンバーより作品みどころ
●良い子は真似しちゃいけない体力限界突破ダンス!(kazuki)
●世界観を表現するため、いつもとは違うヘアメイクと衣装!後は肩を痛めるくらいのダンス!(shoji)
●SKY-HIの超速ラップに合わせた、とがりにとがったパフォーマンスと、赤い照明とステージの使い分け!(NOPPO)
●攻撃的で毒気のあるダンスと、前後のドラマシーンに表れるシッキンらしさの“ギャップ”(Oguri)
SKY-HIよりコメント
SKY-HI
s**t kingzは、大ファンであったり友達であったりを抜きにしても、本当にもっともっともっと大きな称賛を得るべきチームだと思っている(もちろん既に現在でも結果も評価もすごいんだけど)ので、オファーを頂いて二つ返事でやらせていただきました。イタコスタイルでシッキンの皆の心の内を代弁する様に音と言葉を作っていきましたが、攻撃的(でいてちょっとコミカル)なシッキンを俺も見たかったし、皆と細かく細かくやり取りしながら心から楽しく作れました。ダンスは、音楽は本当に凄い力を持っているので、皆の目と耳にシッキン✕SKY-HIが響いてくれる事を信じてこの曲を送ります。
スペル間違えんな!!!!!

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着