ザ・ウォールフラワーズの
『ブリンギング・ダウン・
ザ・ホース』は
90sルーツロックの一つの
到達点となった傑作

『Bringing Down The Horse』(’96)/The Wallflowers

『Bringing Down The Horse』(’96)/The Wallflowers

ルーツロックは文字通り、ブルースやカントリーなどのアメリカンルーツ音楽に根ざしたロックのことである。そもそも50年代に登場したロックンロールという音楽自体がブルースやR&B、カントリーのフュージョンであるだけに、なぜルーツロックと呼ぶのかは、若い人にはなかなか分かりにくいかもしれない。60年代の中頃になると、ロックはどんどん進化しルーツ的なロックは影を潜め、サイケデリック、プログレ、ハードロックなど、新しいロックのスタイルが次々と現れるようになる。それらの多くは“ロック”そのものに影響されていることで、ロックの原点が見えにくくなってしまっていたのだが、ザ・バンドやデラニー&ボニーといったグループはR&Bやカントリーなどをモチーフにした先祖返り的(もちろん先進性は兼ね備えている)なサウンドであったにもかかわらず多くのファンを獲得する。彼らはカントリーロックやスワンプロックの先駆けとなり、彼らに影響を受けた後進のアーティストのサウンドをルーツロックと呼ぶようになったのである。アメリカではルーツロックはいつの時代にも繰り返し再生されている。今回取り上げるウォールフラワーズは、ジェイコブ・ディラン率いる90sを代表するルーツロックグループのひとつで、本作『ブリンギング・ダウン・ザ・ホース』は名曲満載の傑作である。

ジェイコブ・ディランと
ウォールフラワーズ

ジェイコブ(英語表記は“Jacob”ではなく“Jakob”)・ディランは想像通りボブ・ディランの息子で、1969年生まれの才能あふれるルーツロッカーだ。風貌や声は父親に似てはいるが、親の七光りでは決してない。それは、彼が書いたウォールフラワーズの楽曲群やオルタナ・カントリーロックのソロ作『ウーマン・アンド・カントリー(原題:Women + Country)』(‘10)を聴けば明らかだ。

ウォールフラワーズは、89年にジェイコブが幼馴染のギタリスト、トビ・ミラーにバンド結成を持ちかけるところから始まる。グループにはミラーと一緒にやっていたベーシストのバリー・マグワイアも参加し、翌90年にドラムのピーター・ヤノウィッツが加入する。最後にウォールフラワーズの看板キーボード奏者ラミ・ジャフィが加わってグループは始動する。ラミ・ジャフィは多くのスタジオ・セッションをこなす有能なプレーヤーで、彼を抜きにしてウォールフラワーズの音楽は語れない。

デビューアルバムでの挫折

彼らは時々思い出したようにルーツロック作品をリリースするヴァージン・レコードと契約、デビューアルバム『ザ・ウォールフラワーズ』(‘92)をリリースする。このアルバムはかなり良い出来であったにもかかわらず、まったく売れなかった。その背景にはヴァージン側がディランの息子であることを前面に押し出そうとするセールスの手法にジェイコブが嫌悪感を示し、会社側ともめたことが原因だとも言われているが、プロモーションの問題があったのかもしれない。ついてないことに、ウォールフラワーズと契約したプロデューサーや役員が解任されることもあって、結局契約を切られてしまう。

次のレコード会社との契約が決まらないままツアーに出ている時に、ジェイコブとメンバー間に溝ができはじめ(よくあることだが…)、グループはうまくいかなくなる。ドラムのヤノウィッツは当時付き合っていた10,000マニアックスの人気リードヴォーカリスト、ナタリー・マーチャントのソロデビューのサポートをすることになり、マグワイアとふたりで抜けてしまった。そのマーチャントのアルバムというのは名作『タイガーリリー』(‘95)のこと。

94年、89年に設立されたばかりの新興レーベル、インタースコープレコードのオーナー、ジミー・アイオヴィンが彼らの音楽に興味を示し、契約が成立する。次作のプロデューサーには、これまた彼らの音楽を聴いて感銘を受けたTボーン・バーネットが担当することになる。バーネットは現在のルーツロック界で最高のプロデューサーのひとりであり、複数回グラミー賞を受賞している。また、70年代は奇しくもボブ・ディランのバックギタリストを担当していて、グループにとっては最高の人選となった。ちょうどこの頃、残念なことにグループ創設メンバーのトビ・ミラーが脱退してしまい、創設メンバーはジェイコブとジャフィのふたりだけしかいなくなった。少し後に、ベーシストのグレッグ・リックリングが加入し、ウォールフラワーズは3人組となった。

新たなメンバーが決まるまでの間、レコーディングは、バーネットの人脈からマイク・キャンベル(トム・ペティ&ハートブレイカーズ)、フレッド・タケット(リトル・フィート)、ジェイ・ジョイス、ゲイリー・ロウリス(ジェイホークス)、デビッド・ローリングス(ギリアン・ウェルチのギタリスト)、マイケル・ワード、マット・チェンバレンといった強力なサポートメンバーが呼ばれることになった。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着