東京芸術劇場開館30周年記念公演 読
売日本交響楽団 演奏会にフランス音
楽界を担う指揮者マキシム・パスカル
が登場、気鋭のピアニスト反田恭平も
出演

1990年10月30日に開館した東京芸術劇場が30周年を迎えた。野田秀樹脚本、シルヴィウ・プルカレーテ演出による『真夏の夜の夢』、井上道義指揮、野田秀樹演出の「『フィガロの結婚』~庭師は観た!~」と続いた30周年記念公演の掉尾を飾るのが読売日本交響楽団 演奏会である。指揮者・演奏者の顔ぶれが豪華で、曲目も充実しており期待が高まる。
今回の指揮者マキシム・パスカルは1985年生まれの35歳。ヨーロッパの主要楽団に客演し、オペラに関してはミラノ・スカラ座やパリ・オペラ座、ベルリン国立歌劇場に招かれている。ことに近現代作品を得意としており、ドビュッシー、ラヴェルといったフランス印象派などで声望を高めている。そんな若き実力派のマエストロが、なんと今回初めて東京でオーケストラコンサートのタクトを振るというから楽しみである。
反田恭平 (c)M.Yamashiro
さらに30 周年を記念して作曲家・望月京に新作「待ちわびて」を委嘱し世界初演する。フランスやドイツの楽団などからの委嘱も多い望月の新作を、パスカル&読売日本交響楽団がどのように奏でるのか注目される。ほかにラヴェルの「ラ・ヴァルス」、「左手のための協奏曲」、ドビュッシーの「海」と煌びやかな名曲が並ぶ。「左手のための協奏曲」にはピアニスト反田恭平が出演。国内外の著名オーケストラに客演し、先日ウィーン楽友協会で佐渡裕指揮、トーンキュンストラー管弦楽団と共演してウィーン・デビューを飾ったばかりの気鋭から目が離せない。
読売日本交響楽団 (c)読響
クラシック専用の大ホール(コンサートホール)を備え、数々の名演を生み、クラシック音楽の聖地でもある東京芸術劇場。その30周年を祝うにふさわしい至福の演奏会となるだろう。
文=高橋森彦

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着