GLIM SPANKY、5thアルバムの感想コメ
ントが大貫亜美(PUFFY)、上白石萌
音、高城れに(ももいろクローバーZ
)から到着

GLIM SPANKYが、10月7日(水)にリリースした5thアルバム『Walking On Fire』の感想コメントが大貫亜美(PUFFY)、上白石萌音高城れにももいろクローバーZ)から到着した。
アルバム感想コメントは以下の通り。(コメントの並びは敬称略・50音順)
●大貫亜美(PUFFY)●
すごいなぁ。どんな時代になっても、どんな事態が起こっても、二人はGLIM SPANKYの音楽を作っていくんだろうな。
聴きながらそんなことを思いました。
普段は人懐こい可愛い二人ですが、音楽中はカッコよくて、一生ついて行きたくなるのです。
レミ子のチャイ、早よ飲ませて♡
●上白石萌音●
GLIM SPANKYの音は、
どんな爆音で聴いてもうるさくなくて、
どんなに小さな音で聴いてもしっかり届く。
冒険的で、でもどこか懐かしい雰囲気に
はじめ驚かされたと思えば、すぐに身体に馴染む。
喜びも哀愁も愛しさも希望も全部詰まった一枚。
また名盤を受け取ってしまいました。
ライブで聴ける日が待ち遠しいです。
●高城れに(ももいろクローバーZ)●
アルバム発売おめでとうございます!
どの楽曲も本当にかっこよくて、オシャレで、力強くて、セクシーで一瞬で胸高まりました‼
ちょっと背伸びして大人な、特別な夜を過ごしたい時にアロマキャンドルと共にこのアルバムを聴きたいなと思いました!
私も27歳なのでそろそろ色気の一つでも出したいものです…
私たちは以前GLIM SPANKYさんに
「レディ・メイ」という楽曲を作っていただいたんですが、ライブでもキマりますし、私達のお気に入りの1曲です♪
ありがとうございました!
また曲を作っていただけるように、『Walking On Fire』を聴いてもっと色気を研究して頑張ります!
上記のコメント以外にも、浅井健一、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、片平里菜、清水ミチコSUGIZO、内藤剛志、野宮真貴布袋寅泰ホリエアツシ(ストレイテナー)、みうらじゅん山中さわお(the pillows)、ロバートと、以前からGLIM SPANKYと交流のある著名人からのコメントが『Walking On Fire』特設サイトにもまとめられている。また、特設サイトではこのアルバムのオフィシャルインタビューも公開中。併せてチェックしよう。
なお、GLIM SPANKYは10月27日(火)TBS系列『PLAYLIST』にて、「東京は燃えてる」をTV初パフォーマンス。さらに、文化活動などを通じて社会に貢献し将来なお一層の活躍が期待できる個人/団体に贈られる第25回『信毎選賞』も受賞。10月18日(日)の信濃毎日新聞紙面にて発表されている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着